高橋 優、母校の卒業式にサプライズ登場。中学生の高橋 優が初ステージで歌った曲とは!?

2016.03.13

13枚目のシングル「さくらのうた」(3月9日リリース)を発売したばかりの高橋 優が、3月12日、自身の母校の秋田県横手市立山内中学校の卒業式にサプライズで登場し、後輩たちへ歌をプレゼントした。

この卒業式のお祝いに駆けつけたきっかけは、昨年7月25日にデビュー5周年を記念して、秋田市で行われたフリーライブ『高橋優デビュー5周年記念ベストアルバム発売記念祭「秋田で笑う約束」』だった。

約5,000人の観客が集まったこのイベントでは、高橋のライブ前になまはげ太鼓など秋田伝統郷土芸能などの披露があった中、母校の「山内中学校」の生徒たちもお祝いに駆けつけてくれ、高橋の代表曲「福笑い」や「旧山内村民歌」を全校生徒で披露してくれた。

そんな後輩達との交流がきっかけとなり、今回、母校山内中学校の生徒達にお礼をしたいと考え、急遽、卒業式にサプライズ出演し、歌をプレゼントしようと実施された。

完全なサプライズで生徒たちを喜ばせるために、計画は細心の注意のもと進行。そして14時に卒業証書授与式がスタート! 式は順調に行われ、生徒会長による答辞では、夢をかなえた山内中学校の偉大な先輩として高橋 優の名が上がり、昨年行われたフリーライブの模様を振り返る場面もあった。まさか卒業生は、本人がすぐ近くで身を潜めているとは思いもしなかっただろう。

そして、最後の閉会の挨拶をもって、無事、卒業証書授与式が終了するかと思われたそのときに、マイクを持った校長先生から突然「山内中学校の先輩、高橋 優先輩が来ています!」との呼び込みがありステージの緞帳が開き、ギター1本を持った高橋優が登場!

「卒業生の皆さんおめでとうございます! 昨年7月のフリーライブに来てくれたのが、本当にうれしかったので、どうしても感謝を言いたくて来てしまいました!!」

突然の出来事に驚きを隠せない生徒たちも、高橋優めがけて、一目散にステージに駆け寄った。

「今日のように、ふるさとの出会いや旅立ちを思い書きました。秋田ではまだ桜咲いてないけど、桜の咲く時期には集まって旅立って、バラバラになって、でもまた集まってを繰り返すと思います。ここ山内中学校で過ごした記憶は一生消えないし、過ごした絆も一生消えない。これらは新しい一歩を踏み出すときの勇気になります」と、卒業生へのメッセージを込め、リリースしたばかりの新曲「さくらのうた」を披露。在校生も卒業生もひとつになり、中には感極まり涙を流す生徒もいた。

「3年生のとき生徒会長をやらせてもらっていたこともあって、ステージに立つ仕事が多かったんですよ! いちばん最初にステージに立ったのは、実はこのステージで、バンド演奏でGLAYの<SOUL LOVE>をやりました!」

そんなライブ活動の原点ともいえるステージに再び立つことになった高橋優は、「この機会を設けさせてもらったので、もう少し歌ってもいいですか? 一緒に歌おうぜ山内中学校ー!」と2曲目はアップテンポな「明日はきっといい日になる」。手拍子も巻き起こり会場はますますヒートアップ!

最後には生徒へのお礼の気持ちを込め、「たくさん笑いが溢れてますように、心のそこからの笑いが溢れてますように、卒業生、在校生、ご父兄、ご来賓、みんなが笑いが溢れてますように!」と「福笑い」を、卒業生18名、在校生45名の計63名の後輩たちへ、昨年の感謝も込め歌い上げた。

約20分という短い時間ではあったが全3曲を届け、生徒たちの一生の思い出になるような、スペシャルな卒業式となった。

なお、この山内中学卒業式は、3年生の親族の出席のみならず、生徒たちの発案でお世話になった近隣の方々と卒業生の祖父母の招待も行っており、地域あげての卒業式であった。なお、山内中学校は2018年に廃校となることが決定している。

式典の最後には、出席者全員が外に出て、高橋と記念写真を撮影。卒業して約17年経つ高橋優にとっても、忘れることのできない大切な2度目の卒業式となった。

<セットリスト>
M-1. さくらのうた
M-2. 明日はきっといい日になる
M-3. 福笑い


リリース情報

2016.03.09 ON SALE
SINGLE「さくらのうた」


高橋 優 OFFICIAL WEBSITE
http://www.takahashiyu.com/


160313-CI-115001 160313-CI-115002 160313-CI-115003 160313-CI-115005 160313-CI-115004

150203-TR-090003

[期間生産限定盤/CD+DVD]

150203-TR-090004

[通常盤/CD]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人