CNBLUE、ファンミーティング「BoiceTATION」開催!「ファンの皆さんのことをもっと勉強します(笑)」

2016.03.12

CNBLUEが、3月6日の名古屋・センチュリーホールを皮切りにファンミーティング「Japan Major Debut 5th Anniversary OFFICIAL FAN MEETING 2016 -BoiceTATION-」を開催した。

昨年6月に行われたファンミーティングは“夏祭り”をテーマに開催されたが、今年は5周年記念のアニバーサリーイヤーということで、“ファンへの恩返し”がテーマ。

イベントタイトルの「BoiceTATION」は、“Boice(CNBLUEのオフィシャルファンクラブ名)”と“STATION”を組み合わせた造語。“STATION”にはいつでもCNBLUEの始まりと辿りつく場所、それはすべて“Boice”なのだ、という意味が込められている。

ステージ上には宇宙ステーションをイメージした舞台設置が施され、2016年初のイベント冒頭のライブステージは、韓国アルバム収録曲「Domino」で幕を開けた。その後、立て続けに「realize」や「Radio」など全6曲を披露。

これまでのCNBLUEの活動を振り返るトークコーナー「Back to the CNBLUE」では、デビューからのヒット曲をダイジェスト版で上映。久しぶりに映像を見たというメンバーたちは、「若いですね!」「恥ずかしいです!」と大きな笑い声をあげ、特に「In My Head」については、「今のほうが上手に歌えると思いますが、このときはすごく“Passion”がありましたし、今も一生懸命ですが、より力がこもっていたと思います。その時の初心に戻るという思いを込めて、そしてその当時ハマっていた“指輪集め”を思い出して、今回のイベントでは指輪を付けているんです」とコメント。

イベント開催前にファンクラブ会員を対象に行われたアンケートをもとにランキングを設定、メンバーがどれだけBOICEのことを知っているのかを競い合う「BOICE検定」では、予想外の答えの連発に「BOICEの皆さんのことは、十分知っていると思ってたんですけど、今回のこの企画で、もっと勉強しなきゃいけないと思いました(笑)」とジョンヒョンが真剣な表情でコメントすると、会場から大きな拍手が。

続く、「CNご当地“技”取得」では、各会場ごとにその地方を代表する様々なジャンルの“プロ”が登壇。メンバーにその技を教え、挑戦してもらうというコーナーが繰り広げられた。普段ではなかなか体験できない“プロの技”に触れながら、メンバーたちは始終感嘆の声を上げていた。

ゲームコーナーでは、抽選で選ばれたファンとともに、“宇宙”にまつわる様々なゲームに挑戦。力を合わせて勝利を目指しながら、ファンとの交流時間を楽しんだ。

ラストステージでは、「Can’t Stop」を披露。普段歌声を聴くことのできないジョンシンやミンヒョクが「Can’t Stop」をうたい上げるというファンミーティングならではの企画に、客席は総立ち。さらにヨンファとジョンヒョンによるダンスステージに、大きな歓声と笑い声があがった。

「すぐに僕たちの新曲<Puzzle>が発売になります。それから春にはツアーも開催されますので、待っていてください!」というヨンファのコメントどおり、CNBLUEは5月11日に“永遠の愛”をテーマにした初のウェディングソングであり、10枚目のシングルとなる「Puzzle」をリリース。

さらに、5月には東名阪ツアー「SPRING LIVE 2016 ~We’re like a puzzle~」を実施。5周年のアニバーサリーイヤーをさらに盛り上げる。


リリース情報

2016.04.13 ON SALE
Blu-ray&DVD「2015 ARENA TOUR ~Be a Supernova@OSAKA-JO HALL」

2016.05.11 ON SALE
SINGLE「Puzzle」


ライブ情報

SPRING LIVE 2016 〜We’re like a puzzle〜
05/22(日)愛知・日本ガイシホール
05/26(木)東京・日本武道館
05/27(金)東京・日本武道館
05/31(火)大阪・大阪城ホール


CNBLUE OFFICIAL WEBSITE
http://cnblue-official.jp/


 

160312_ST_122201

160312_ST_122202

160312_ST_122203

160312_ST_122204

160312_ST_122205

(C)FNC MUSIC JAPAN INC.


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人