水曜日のカンパネラ、コムアイがピンク色に“チュパカブラ化”する新曲MV公開

来週3月15日(日本時間:3月16日)に、アメリカ・テキサス州で開催される20万人以上参加の世界最大規模の音楽フェス『SXSW2016』への出演が決定し、話題を集めている水曜日のカンパネラが、新曲「チュパカブラ」のミュージックビデオを公開した。

夜のドライブインで怪しく光るデコトラ、携帯ゲームや携帯電話でおもいおもいに過ごす若者たち…。ひとりの女性がデコトラ内に導かれていく。随所にどこか懐かしい90’sのテイストが広がるミュージックビデオは、デコトラが闇夜で派手に光り疾走するシーンや、診察室で踊り狂う医者たちの中でコムアイがベッドに拘束されるなど、派手でビビッドなシーンがあるかと思えば、ピンク色のスモークに包まれた森の中でコムアイが華麗に舞う幻想的な甘いシーンなど、楽曲の世界観を表現した緩急ある内容になっている。

このミュージックビデオは、先日解禁された世界初のRed Bull THE SPRING EDITION サクラフレーバーの発売を記念した、RED BULL×水曜日のカンパネラのコラボレーション企画で制作されたもの。楽曲タイトルのチュパカブラとは、主に南米で目撃される吸血UMA(未確認動物)のことだが、今回のミュージックビデオでは、コムアイがピンク色の血液を吸われ“チュパカブラ化”!!?してしまうところも見どころのひとつとなっている。

このミュージックビデオは、先日公開された同コラボレーションサイト内でも観ることができる。

コムアイ コメント
編集チェックで繰り返し見ていたら、体がカッカして脂汗が出てきました。
血液の組成が変わってしまったような不気味な感覚。女の子には特に観てほしいです。
今回は、一人二役を演じています。自分の頭の中でストーリーが具体的に浮かんでいたMVは初めてでした。
私が考えていたところでは、被害者はサラリーマン役の男性だったので、コムアイが両方やるべきだ、というコンテをもらって、うーん、もうヒロインぽい役は飽きたな、、、と迷いましたが、仕上がってみると今までやったことのないキャラクターで、肝になるカットがいっぱいあって、監督に従って良かったです。
監督、プロデューサー、制作スタッフ始め、すべての関係者が、美しい光を捉えた瞬間を追いかけていて(それは絵コンテではどうにも表現できないものなので)、そんなあやふやなものを大人たちが妥協せず夢見続けているのを目の前にして、なんてありがたい現場なんだろうと何度もグッときました。
私が初めて買ってもらったJ-phoneを実家から持ってきてくれた弟にも感謝します。


 

RED BULL × 水曜日のカンパネラ 特設サイト
http://suicampink.jp/

水曜日のカンパネラ OFFICIAL WEBSITE
http://www.wed-camp.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人