miwa、5周年ツアー最終日に宮本笑里&ハジ→がサプライズ登場

シンガーソングライターのmiwaが、オリコンチャート1位を記録した初のバラードコレクションアルバム『miwa ballad collection ~graduation~』を携え、全国13都市18公演で展開したツアー『miwa “ballad collection” tour 2016 ~graduation~』を、3月9日、日本武道館で締めくくった。

昨年3月にアコギ1本で開催された公演以来1年ぶり、バンドスタイルとしては初となる日本武道館での2days。昨年末には3回目となる紅白歌合戦に出演し、今年のNHK合唱コンクール中学の部の課題曲も担当するなど、勢いを増すmiwaのライブに集まった観客は2日間合わせて2万人。バラードコレクションツアーというタイトルどおり、しっとりとした大人の演出を多く取り入れた、いつものmiwaのライブとはまた違う一面を魅せるツアーとなった。

会場が暗転すると、miwaによるポエトリーリーディングが始まり、真剣に耳を傾ける観客。miwaの登場と共に会場のボルテージが上がる。1曲目からデビュー当時から絶大な人気を誇るバラード曲「めぐろ川」を披露すると、早くも会場からはすすり泣く声が聞こえた。

その後もオフィシャルサイトでファンから募集した曲にまつわるポエムを読みながら、歌詞をしっかり噛みしめるように歌うmiwa。季節的には卒業を控えたファンもいるのだろう、デビュー当初に発表したスクール感溢れる曲に感情移入しているさまが見受けられた。

着席しながらじっくり聴かせる曲が続いたあとは、「Chasing hearts」「春になったら」などリズムのある曲を続け会場を盛り上げる。そして、ライブも中盤を経たころ、miwaのポエムにのせてバイオリンの美しい旋律が奏でられ、芳醇な時間が漂うなか、スポットライトを浴びたその旋律の主はなんと、美人バイオリニストの宮本笑里。会場が騒然となると、そのまま昨年大ヒットしたバラード「夜空。feat.ハジ→」のイントロが始まり、コラボをしたハジ→も登場し大きな拍手に包まれた。miwa、ハジ→、宮本笑里と、なんとも新鮮でバラードツアーにふさわしい豪華なサプライズに会場は一体となった。

その後、miwaのバラード代表曲ともいえる「片想い」では、miwaがステージセンターに設置されたグランドピアノに座り、弾き語りを披露。演奏中にバイオリンを手にした宮本笑里が再登壇し、ピアノとバイオリン2人だけによるアコースティックなセッションで観客を魅了した。

お互いテレビ番組で一緒になりつつ、気になる存在だったそうで、今回の共演に喜びを発散させた。ふたりにmiwaバンドとハジ→も加わったアップナンバー「ミラクル」ではさらに盛り上がりを見せると、「君に出会えたから」「ヒカリヘ」とシングル曲を続けた。

昨年の11月にリリースされた“誕生”をテーマにしたバラード曲「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」ではステージに映し出された映像マッピングに、赤ちゃんの写真が流れ(miwaの友人やスタッフの子供らしい)、miwaの伸びやかな歌声に相まって会場全体が温かく優しい空間となった。

本編ラストでは、「みんなのおかげでたくさんの夢がかないました。皆と会って新しい夢もできました。18歳のときにこの曲を書きましたが、今もこの気持ちは変わらないです」と語ると、miwaがデビュー前、高校生のときに作ったバラード「つよくなりたい」を会場の観客への応援と共に、自分に言い聞かせるように歌い締めた。

鳴り止まないmiwaコールに応えるように再登場したアンコールでは、miwa本人が観客に対して振付を指導し、紅白で使用したギターを使って「fighting-φ-girls」をファンと大合唱。その後も、昨年テレビ朝日系 金曜ナイトドラマ「民王」の主題歌で話題となった「ストレスフリー」を披露したあと、最終日となる公演に「このツアーはmiwa史上歴史に残る最高のツアーになりました。皆がいてくれたから強い想いを抱くことができました。本当にありがとうございました」と涙を浮かべながら感謝の気持ちを伝え「これからもみんなと未来を描いてたくさん夢をかなえていきたいです」と、ラスト曲「Delight(English ver)」をギター1本、miwaひとりの弾き語りで熱唱しツアーを締めくくった。

PHOTO BY 佐藤 薫


リリース情報

2016.01.20 ON SALE
ALBUM『miwa ballad collection ~graduation~』


miwa OFFICIAL WEBSITE
http://www.miwa-web.com/


160310-TR-090005

160310-TR-090006

160310-TR-090007

160310-TR-090008

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人