“UVERworldの盟友”THE Hitch Lowke、レコ発ワンマン大成功

現在公開中のバトルアクション映画「復讐したい」の挿入歌「ロッシュの限界」を含む2ndミニアルバム『ロッシュの限界』を、本日3月9日にリリースしたTHE Hitch Lowke(ザ・ヒッチローク)が、リリース前日の3月8日、渋谷 TSUTAYA O-Crestにてワンマンライブ『THE WORLD IS MINE 2016 -TOKYO-』を開催。ソールドアウトとなった会場は熱気に包まれた。

熱烈な歓声とハンドクラップで迎えられ、ボーカルの星☆拓也が「楽しい夜だぜ! 自由に身体揺らそうぜ!」と登場、ギターのツヨシとユウジの重厚なギタープレイと、ベースのタカヤとドラムのアキラの縦横自在のグルーヴで冒頭から確かな一体感を生み出した。

この日はレコ発ということで新曲「ロッシュの限界」をはじめ、早くも収録曲全曲を披露しつつ「アンダーワールド」「Everlast」といった鉄板ラウドチューンも惜しみなくプレイ。一転、「夢追いのバラッド」「突き飛ばしてくれよ」といったミディアム曲では、叙情的なサウンドとメッセージをどストレートに放ち、感動を呼び起こした。

観る者を楽しませる関西ノリも健在で、ライブ中盤のメンバー紹介では、「ちっちゃいBIGBANG、着ている服は大阪のおばちゃん」と紹介されたタカヤが、チョッパーを交えたベースソロで圧倒させるも、「いや、違う。やりたいのはコレじゃないねん!」と、ベースを星に渡し、生演奏をバックにキレッキレのポッキーダンス(三代目J Soul Brothersバージョン)を披露し、観客を沸かせた。

さらにアンコールでは、観客からもらったお題に星がその場で歌詞とメロディをつけて歌う即興ソングを次々と披露。星は「同じ曲はもう二度とできんからね!」と笑いながら「今日観に来てくれた人しか観られないものを観せたい。そういうバンドでいたい」と語った。バンドのスキルの高さ、一見でも惹きつけるエンターテイナーな一面を見せつけたシーンだった。

「まだ事務所にも言ってないんですが、今年中に新しい音源を作ります。そしてまた今日の続きを次のワンマンでやります」と星が力強く宣言。「俺たちの感謝をみんなに。すべてをこの曲に捧げます」と、オーラスは「終わりなき日々」で観客たちとの絆を深めて締めくくり、年間100本強のライブ、UVERworldとの2マンなどライブバンドとしてキャリアを重ねてきた彼らならではの、今のバンドのモードが伝わる一夜となった。

アルバム発売後も怒涛のライブが予定されており、6月には北陸を代表するロックフェス『ミリオンロックフェスティバル』への初出場も決定。彼らが踏み出した次なるステップをしかと見てほしい。


リリース情報

2016.03.09 ON SALE
MINI ALBUM『ロッシュの限界』


THE Hitch Lowke OFFICIAL WEBSITE
http://www.hitchlowke.com


160309-CI-153004 160309-CI-153002 160309-CI-153005 160309-CI-153006 160309-CI-153009 160309-CI-153007 160309-CI-153008 160309-CI-153003 160309-CI-153001 160309-YM-12400000 160309-YM-12400001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人