CHEMISTRY、15周年を記念して公式コメント発表

2016.03.07

ボーカルデュオ、CHEMISTRYが本日3月7日でデビュー15周年を迎えた。

テレビ東京系「ASAYAN超男子。オーディション」で約2万人の候補者のなかから選ばれた川畑 要、堂珍嘉邦によって結成され、シングル「PIECES OF A DREAM」で2001年3月7日にデビューしたCHEMISTRY。1stシングルが16週連続TOP10入りという驚異的なロングセラーを記録し、いきなりのミリオンヒット。1stアルバム『The Way We Are』は300万枚のモンスターヒットとなった。同年、NHK紅白歌合戦に初出場し、瞬間視聴率No.1(関東圏)を獲得。圧倒的な歌唱力が生み出すハーモニーで、CHEMISTRYはボーカルデュオの代名詞となり、CD総売上枚数1,800万枚を誇る日本を代表するアーティストとなった。

数々の快挙で日本中にセンセーションを巻き起こし、その後も着実にキャリアを積んだ彼らだったが、2012年4月に、デビュー10周年イヤーのフィナーレを飾る全国ツアーを最後に、それぞれのソロ活動に専念するという理由から活動休止を発表、世間を驚かせた。その後はそれぞれがソロシンガーとしてのキャリアを歩んでいるなか、今回CHEMISTRYのデビュー15周年を記念して、川畑 要、堂珍嘉邦からCHEMISTRYのオフィシャルサイトにコメントが寄せられた。

活動休止から早4年。再始動が熱望されるなか、ソロシンガーとして精力的に活動していふたりが、CHEMISTRYのメンバーとして公式にコメントを発信するのも実に4年ぶりとなる。

川畑 要 コメント
本日2016年3月7日、CHEMISTRYデビュー15周年を迎えました。
今はそれぞれがソロ活動という形で音楽を追求している日々ですが、僕たちがこうやって歌い続けていられるのは、応援してくださっている皆さんのおかげです。
15年間CHEMISTRYを愛し、変わらぬ応援ありがとうございます。これからも20年、30年と声を届けていきたいと思っていますので、よろしくお願いします!

堂珍嘉邦 コメント
今年でデビュー15周年。
声が枯れるまで歌うことのできる場所にいられるのも、支えてくださるファンの皆様とすべてのスタッフの方々のおかげです。
迷わぬ心で大切に15周年を走り続けていきますので、これからも応援よろしくお願いします!


CHEMISTRY OFFICIAL WEBSITE
http://www.chemistry-official.net/


 

160307-TR-130003

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人