小田和正、藤井フミヤ、ウルフルズ、Superflyら武道館で豪華共演

ニッポン放送「HAPPY FM93」開局記念&フジパシフィックミュージック創立50周年記念コンサート『オールナイトニッポン ALIVE ~ヒットこそすべて~』が、3月1日に日本武道館にて開催され、豪華なアーティストのパフォーマンスが繰り広げられた。

オープニング曲は、1967年のザ・フォーク・クルセダーズのデビューシングル「帰って来たヨッパライ」。フォークルのきたやまおさむとTHE ALFEEの坂崎幸之助で披露された。

続いて登場したのは泉谷しげる。「お前らこんなに集まりやがって! 面倒くせえから1曲しかやらねえからな」と早くも泉谷節で会場を盛り上げ、「春夏秋冬」を歌い上げた。

「大嫌いな泉谷しげるのあとはやりたくありませんでした」と会場を笑わせながら登場したのは宇崎竜童。「スモーキン・ブギ」や大ヒット曲「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」を熱唱。デビューアルバムをニッポン放送のスタジオでレコーディングした秘話も明かし、会場を驚かせた。

そして会場から大声援で迎えられた小田和正は「僕の贈り物」を披露。「フジパシフィック50周年おめでとうございます! <ラブ・ストーリーは突然に>があるのもフジパシフィックのおかげです!」というコメントをよせた。

続いて登場したのは鈴木雅之。なんとラッツ&スターの佐藤善雄と桑野信義も出演し、ラッツ&スター「め組のひと」、シャネルズ「ランナ・ウェイ」を披露し、会場も最高の盛り上がりを見せた。そして鈴木雅之ソロとして「ガラス越しに消えた夏」を歌い上げた。

その鈴木雅之からの紹介で登場したのは稲垣潤一。鈴木雅之とのトークではお互いの音楽のルーツがブラックミュージックであることを明かすひと幕も。そして「ドラマティック・レイン」を自らのドラムで演奏しながらの叩き語りで披露した。

EPOは自身の代表曲のひとつでもある「う・ふ・ふ・ふ」を披露し、会場を明るい雰囲気に包み込み、平松愛理はオールナイトニッポンのパーソナリティを務めているときに出来た曲という名曲「部屋とYシャツと私」をしっとりと歌いあげた。

この後、大瀧詠一コーナーと題し、会場には大瀧詠一プロデュースによる山下達郎の「DOWN TOWN」のライブ映像が流れ、坂崎幸之助、EPOと平松愛理によるユニットうららかSISTERSによる「空とぶ・ウララカ・サイダー」、稲垣潤一による「バチェラー・ガール」、鈴木雅之による「冬のリヴィエラ」が続けて披露された。

続いて大声援に迎えられながら登場したのは藤井フミヤ。代表曲の「TRUE LOVE」を披露し、会場を魅了した。

ウルフルズは「バンザイ ~好きでよかった~」と「ガッツだぜ!!」、Superflyは「Beautiful」と「愛をこめて花束を」と、どちらもそれぞれの代表曲を続けて歌いあげ、会場は盛り上がりはピークに。

坂崎幸之助、EPO、平松愛理によるザ・フォーク・クルセダーズの「白い色は恋人の色」、再びきたやまおさむも登場し「コブのない駱駝」「悲しくてやりきれない」が披露され、最後はきたやまおさむが作詞、加藤和彦が作曲し、ふたりの連名で発表された名曲「あの素晴しい愛をもう一度」を出演者全員と会場との大合唱で幕を閉じた。

バラエティに富んだアーティストが出演し、質の高いステージが繰り広げられ、まさに音楽の世代を超えた熱い一夜となった。


イベントサイト
http://www.fujipacific.co.jp/fpm50th/


150302-TR-090003

150302-TR-090004 150302-TR-090005

150302-TR-090006

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人