iKON、新作アルバムよりMV2本同時公開

韓国YG ENTERTAINMENTが放つ、BIGBANGの系譜を継ぐ7人組ボーイズグループ、iKONが、3月30日にリリースするニューアルバム『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』より、新曲「DUMB & DUMBER」「WHAT’S WRONG?」日本語バージョンのミュージックビデオ2本を公開した。

エッジの利いた楽曲とは裏腹に、パジャマ姿でのダンスや夢の世界での出来事など、全編に渡ってコミカルなシーンが満載となっている「DUMB & DUMBER」と、iKONのやんちゃな魅力が詰まったカラフルな世界観の「WHAT’S WRONG?」。どちらも必見だ!

さらに、そのニューアルバム『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』全曲の先行試聴もオフィシャルサイトにてスタート。

今回のCOMPLETE EDITIONは、デビューアルバム『WELCOME BACK』の収録楽曲に加え、新曲6曲を収録した全18曲の豪華な内容。「DUMB & DUMBER」「WHAT’S WRONG?」「I MISS YOU SO BAD」「RHYTHM TA REMIX(ROCK Ver.)」4曲の新録日本語バージョンのほか、日本オリジナルとして「ANTHEM / B.I&BOBBY」が日本語化かつ、あらたなREMIX Ver.として収録されることも決定している。さらに、韓国でも未発表の日本エクスクルーシブトラック「JUST GO」が追加収録されることも、今作品の注目ポイントだ。

映像に関しては、DVD付き商品に加え、待望のBlu-ray付き商品も追加。各シングル曲のミュージックビデオ、メイキング映像と、日本で行われたプロモーション活動やリリースイベントに密着したドキュメント映像も収録と、充実した内容となっている。まさしく、iKONの“今”をすべて詰め込んだ作品とも言えそうだ。

2月よりスタートしたiKON初の日本ツアー『iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN JAPAN』は、福岡国際センター、日本武道館、神戸ワールド記念ホールでの公演を大盛況のうちに終えており、追加公演として3月12・13日の幕張メッセイベントホール、3月15日の大阪城ホールを残すのみ。デビュー直後の海外アーティストの初ツアーとしては異例となる、全5都市14公演で146,000人を動員する予定だ。

追加公演より「DUMB & DUMBER」「WHAT’S WRONG?」「I MISS YOU SO BAD」「ANTHEM / B.I&BOBBY」の新曲4曲を日本語でパフォーマンスすることも発表。あわせて、先日のライブ中にメンバーのMCにあったように、「追加公演ではもっとファンの皆さんの近くでライブを一緒に楽しみたい!」という熱望のとおり、ステージを一新し、アリーナの外周に特設の花道を設置することも決定した。

本日より、dTVにて『iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN JAPAN』の舞台裏に迫った各公演ごとのオフショット映像も配信開始。日本でも、1月よりオフィシャルファンクラブ「iKONIC JAPAN」が設立され、すでに多くの入会申し込みが寄せられているとのこと。ますますの人気の加速に期待がかかる。


リリース情報

2016.03.30 ON SALE
ALBUM『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』


ライブ情報

iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN JAPAN
03/12(土)千葉・幕張メッセイベントホール
03/13(日)千葉・幕張メッセイベントホール
03/15(火)大阪・大阪城ホール
※日程により1日2回公演あり。


『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』全曲視聴はこちら
http://ygex.jp/ikon/discography/

dTV『iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN JAPAN』オフショット映像
http://bit.ly/1XPvQw8

iKON OFFICIAL WEBSITE
http://ygex.jp/ikon/


 

[2CD+DVD+スマプラミュージック&ムービー+PHOTO BOOK]

[2CD+DVD+スマプラミュージック&ムービー+PHOTO BOOK]

[CD+DVD+スマプラ・ミュージック&ムービー]

[CD+DVD+スマプラ・ミュージック&ムービー]

[CD+スマプラミュージック&ムービー]

[CD+スマプラミュージック&ムービー]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人