雨のパレードが新世代を担う覚悟を体現したメジャーデビューアルバム

雨のパレード

インディーズ時代からアートやファッションなど、音楽だけにとらわれないアプローチで活動の幅を広げ、ついにメジャーデビューを果たした雨のパレード。タイトル『New generation』からも伝わる、新時代を自らの手で作るんだという奥底から湧き上がるようなエネルギーを感じてほしい。作り手の素顔を知るために、ふたつのテーマで福永浩平(vo)と山﨑康介(g)に話を聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY 佐藤愛美


テーマ1 雨のパレード

広い心でみんなの意見を聞いてくれる

──初取材ですので、バンドについて教えてください。どんな経緯で結成されたのですか?

福永浩平 僕とギター(山﨑康介)とドラム(大澤実音穂)が元々、地元・鹿児島でバンドを組んでいたんです。そのバンドが解散したときに、一緒に上京できる彼らと東京に来ました。それから良いベースがいないか、こっちの知り合いに紹介してもらい、ほぼ同時期に九州から上京してきていた是永(亮祐)と出会ったんです。

──なるほど。メンバーそれぞれのキャラクターも知りたいので、まず福永さんと山﨑さんでお互いに紹介してもらえますか?

山﨑康介 浩平くんは、曲作りやスタジオの中だとバンドの指揮官ですね。みんなの意見を全部取りまとめてくれる。

福永 康介さんは結構年上なので、広い心でみんなの意見を聞いてくれるんです。バンドについても、日常でも、なんでも話を聞いてくれるので、いろいろと相談しやすかったりするんでしょうね。

山﨑 そうかもね。あと浩平くんはマンガが好きで、おすすめを聞くとたくさん紹介してくれるので、最近はそれを読むようにしています(笑)。

指揮官ひとりじゃ本当に大変

──バンド内の関係性が一気に濃く見えてきました(笑)。是永さん、大澤さんはどんな方ですか?

山﨑 (大澤)実音穂ちゃんはすごく天然。最近だと、ツアーで香川に行ったとき、みんなでうどん屋に入ったんです。で、「うどんをザルに乗せてお湯にくぐらせる」っていうやり方を教わったのに、実音穂ちゃんはザルに乗せずにそのままドボンって(うどんを)入れちゃって(笑)。(その行動に)お店のおばちゃんがすごい声で叫んだので、お客さんがみんな振り向く、みたいな。あっ……これ記事にしたら怒られるかな〜(笑)。

福永 是永は、音楽的にかなり良いセンスを持っているんです! でも、すごくシャイなので……もっと堂々と意見してほしいんです。話を聞いてみると、僕らもハッとさせられることが多いので。

山﨑 リズム隊はプライドが高いというか、取り扱いが難しいんです(笑)。

福永 俺もズバズバ言っちゃうタイプなので、なんでも受け入れてくれる浩介さんがいなかったら、このバンドは本当にヤバかったですね(笑)。

山﨑 指揮官ひとりじゃ本当に大変なバンドだよね。

テーマ2 アルバム『New generation』

僕がいちばん良いと思った音楽が広まってほしい

──そんな雨のパレードがいよいよメジャーデビューですが、今の心境は?

福永 (デビューに向けての)準備はしてきたので、やってやるぞっていう想いがいちばん大きいですね。今後の音楽のシーンを塗り替えていく、新しい世代を引っ張っていける一枚が作れたと思っています。僕は、“僕がいちばん良いと思った音楽が広まってほしい”という思いが強いので。

──アルバムタイトルもですが、全体的な歌詞からも“時代を変えてやろう”という気合いが感じられました。

福永 歌詞は意識的に書いていたかっていうとそうではないんです。最近は取材とか自分の伝えたいことも定まってきて、潜在的に(そういった歌詞を)書いていたのかもしれないと気づきました。

山﨑 僕は、自分たちらしくもあり、今の時代を象徴するような音づかいや楽曲に仕上げるにはどうしたらいいか、ということを考えました。ギター以外のサウンドでのアプローチもどんどん取り入れたりして。このバンドが次のステージに行けるように作ったつもりです。

──楽曲制作はいつもどのように進めているのですか?

福永 最初に僕がやりたいことを細かく伝えて、セッションを重ねて、アレンジと構成も同時進行で作ります。具体的に海外の好きなバンドのイメージとか雰囲気を共有しているので、今回は特に僕の意向が色濃く出たんじゃないかな。

中途半端に夢を叶えちゃって生きている人が多い

──皆さん九州から上京しているということもあり、「Tokyo」は共通認識の中で生まれた曲なのかなと。

福永 東京を題材にした曲って、冷たい街、みたいなイメージがあると思うんですけど、僕はそんなことなくて。ここで磨けたセンスもあるし、刺激を受けるような人との出会いもある。僕の場合、“こういう人に会いたいな”って思っていたら運良くそういう人に出会うことができているんです。そういう点でも東京に来て良かったなって思います。ただ、ひとつ気付いたのは“適当に生きていても生きていける場所だな”って。中途半端に夢を叶えちゃって生きている人が多いんじゃないかって思うんです。これをいちばん言いたくて、最後のサビにも入っています。

山﨑 多くのアーティストも気合いの入ったときに“東京”をテーマにした曲を作ると思うんですけど、尖っている歌詞が多いなか、この曲が出されたときに“あ、なるほど”と。“自分もそうだよな”って、バンド内の人間ですけど身につまされるようなものがありましたね。

──音作りの面でこだわっていることは?

福永 聴いた人が、この人数でやっていることをわからないように意識してます。海外のインディーズシーンもサンプリングパートとか、バンドでは出せなかった音を貪欲に取り入れているんです。それをライブで再現している人たちにシンパシーを感じていて。

──歌詞にもありますが、“踊れる”サウンドということも意識したり?

福永 流行りのEDM調のダンスミュージックよりも、どちらかというとハウスとかのほうが好きなんですけどね。僕らもBPM的にはそっちに近いんですけど、世代を引っ張るには大衆に受けることも大事だと思っています。

──キャッチーさでいうと「new place」は突き抜けていますよね。

山﨑 ちょうどミニマルなフレーズとか、電子パッドの音を導入したタイミング(に取り掛かった曲)なので、バンドの音が広がったというか、自分たちにとっても進化した感じがします。

福永 その時期になんとなく気づいたのかもしれないですね。『New generation』というタイトルが。

良い音楽、良いライブ、ファンを大事にすることが大切

──4月から初の東名阪ワンマンツアーも決まっていますが、もう構想は膨らんでいるのでしょうか。

山﨑 今、対バンツアーを行っているのでそこでどれだけ自分たちが進化できるか。ワンマンのロングステージでどれだけ見せられるかを探りながら、ツアーに活かしたいですね。

福永 内容も水面下で計画進行中ですよ。

──どんな演出になるのか楽しみです。

福永 雨のパレードとしての大きな目標は幕張メッセ規模のステージを埋められるように、ひとつずつ大きくなっていくことだけですね。僕らは音楽だけじゃなくて、ファッションだったり、アートだったり、いろいろなことをやっているので、音楽がブレるとダサく見えちゃう活動の仕方だと思うんです。良い音楽、良いライブ、ファンを大事にすることが大切だと思うので、その気持ちはずっと持っていたいですね。


ライブ情報

雨のパレード ワンマンツアー『New generation
04/02(土)大阪・CONPASS
04/03(日)愛知・名古屋新栄Vio
04/09(土)東京・渋谷 club asia

詳細はこちら


プロフィール

アメノパレード/福永浩平(vo)、山﨑康介(g)、是永亮祐(b)、大澤実音穂(ds)。インディーズ時代から様々なメディアで展開を組まれ、音楽だけにとどまらず、ファッションなどの分野からも注目を浴びる“五感で感じさせる”バンド。今作でメジャーデビューを果たす。

オフィシャルサイト


リリース情報

2016.03.02 ON SALE
ALBUM『New generation』
スピードスターレコーズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人