「俺、キスがしたーい!」。THE HOOPERS、“新感覚・空間ミュージカル”でファンを魅了

THE HOOPERSが2月28日、東京・ニコファーレにて2016年初のワンマンライブを行った。

2015年12月16日にリリースした4thシングル「情熱は枯葉のように」が、12月28日付のオリコンウィークリーランキングで6位を獲得。デビューしてわずか9ヵ月で、オリコンウィークリーランキングTOP10入りを果たし、2月27日に発表された「第30回日本ゴールドディスク大賞」において、対象期間中にデビューした邦楽アーティストで、作品・楽曲の正味売上金額合計の上位5組に贈られる「ベスト5ニュー・アーティスト」を受賞したTHE HOOPERS。

ワンマンライブは、2部構成。1部は、MCをはさまず一気にライブパフォーマンスを魅せるNON STOP MIX! 昨年末にリリースした「情熱は枯葉のように」からスタートし、楽曲と連動した映像が流れる、ステージを囲む360°LED パネルで、幻想的な空間を演出した。

Vol.2から始まったソロコーナーの第1弾では、メンバーのつばさが登場。THE HOOPERSのメンバーを紹介するオリジナルラップを披露。難度の高いbpm94上での倍速ラップを披露すると観客から大歓声が上がり、サビの“WE ARE THE HOOPERS!  WE ARE THE HOOPERS!”のフレーズでは、観客全員が頭の上で丸を作るコール&レスポンスを披露し、最高の一体感をみせた。

その後、「イトシコイシ君恋シ」「虎視眈々」「NEW WORLD」「GO!GO!ダンスが止まらナイ」を立て続けに披露すると、会場のボルテージは最高潮に。最後はいちばんの盛り上がり曲「未完成な地図」で会場をさらに盛り上げ、熱気が絶えないまま1部は終了した。

2部はTHE HOOPERSのデビューシングル「イトシコイシ君恋シ」をテーマとした、メンバー初挑戦の、360°LEDパネルが連動した“新感覚・空間ミュージカル”。主人公は観客一人ひとりの設定。メンバーが観客に向かって愛のセリフを伝えるオトメゲームの中にいるような新感覚のミュージカルとなった。星波(セナ)が「俺、キスがしたーい!」と叫ぶと、観客からは、自分が言われている設定ゆえに「キャー!!」という歓声が。これまでにない新機軸の演出で客席を終始驚かせた。

2部のソロコーナーは、佑妃(ユウヒ)がピアノで弾き語りを披露。THE HOOPERS、唯一のバラード曲「離さないよ」を演奏し、佑妃の暖かく深みのある歌声がゆっくりと会場を満たしていった。

アンコールでは会場に集まった超満員のファンへの感謝の気持ちを込めて、全員で肩を組み「Mr.Music」を熱唱。会場が感動の渦に包まれ、THE  HOOPERSの2016年初ワンマンライブは終了した。

ワンマンライブのアンコールでは、5月11日にリリースが決定した5枚目のシングル「ラブハンター」の新ビジュアルが公開。英国の騎士をイメージした、今までのTHE HOOPERSのシックなイメージとは正反対の真っ赤な衣装は要注目だ。

なお、THE HOOPERSは、今後も3月27日、5月5日、6月12日にニコファーレにてワンマンライブを開催する。

<セットリスト>
★1部
M1 情熱は枯葉のように
M2 Mr.Music
M3 Fire◎Flower
M4 雨を追いかけて
M5 からくりピエロ
M6 THE HOOPERSラップ(つばさ・ソロコーナー)
M7 イトシコイシ君恋シ
M8 虎視眈々
M9 NEW WORLD
M10 GO!GO!ダンスが止まらナイ
M11 未完成な地図
EN DIAMOND

★2部:360°LEDパネル連動“新感覚・空間ミュージカル”
M1 Fire◎Flower
M2 雨を追いかけて
M3 情熱は枯葉のように
M4 離さないよ(佑妃・ソロコーナー)
M5 イトシコイシ君恋シ
M6 虎視眈々
M7 未完成な地図
M8 GO!GO!ダンスが止まらナイ
M9 NEW WORLD
EN Mr.Music


リリース情報

2015.12.16 ON SALE
SINGLE「情熱は枯葉のように」

2016.05.11 ON SALE
SINGLE「ラブハンター」


THE HOOPERS OFFICIAL WEBSITE
http://thehoopers.jp/


 

150229-TR-130021

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人