一部オオカミがスノーボーディングも披露! MAN WITH A MISSION、“スキー場”でフリーライブを敢行

2月10日にニューアルバム『The World’s On Fire』をリリースしたMAN WITH A MISSION。11日に、道頓堀川でフリーライブをゲリラ的に決行したことが記憶に新しいが、28日に、今度は自身初となるスキー場でのフリーライブを敢行した。

このライブは、星野リゾートアルツ磐梯スキー場にて行われた『CHANNEL SQUARE冬祭り Supported by 星野リゾートアルツ磐梯』の一環として開催されたもの。MAN WITH A MISSIONは、ライブアクトとして出演した。

震災後、福島の子供たちを応援しているCHANNEL SQUAREと、福島のスノースポーツシーンを応援するアルツ磐梯がタッグを組んだこのイベントにMAN WITH A MISSIONが賛同し、世界初のオオカミによるゲレンデライブが実現した。

日本全国から約8,000人のファンが駆けつけ、晴天のゲレンデ野外特設ステージで、15時よりMAN WITH A MISSIONのライブがスタート。SEが流れ、ステージ袖からメンバーが現れると思いきや、なんとメンバー5匹スノーモービルに乗って登場。大歓声に包まれステージにあがる。

冒頭から人気楽曲「FLY AGAIN」を披露し、極寒の雪原が一気にライブハウス化。最新アルバムからの新曲も多数披露されたが、MAN WITH A MISSIONのメンバーがスノーボードで雪原を駆け巡るミュージックビデオでおなじみの「TAKE ME HOME」や、“JR SKISKI”のCMソングとして、今冬のウインターシーズンの象徴的な楽曲にもなった「Memories」など、雪原でのライブにふさわしい、スペシャルなセットリストが印象的なライブとなった。

またライブ以外にも、ボーカルのTOKYO TANAKAがサプライズでスノーボーディングを披露。集まった人の目線を釘付けにする、さすが究極の生命体と言える腕前だった。

MAN WITH A MISSIONは今後、3月15日のZepp Tokyo公演を皮切りに、日本全国のライブハウスでのリリースツアー『The World’s On Fire TOUR 2016』がスタートさせる。

<セットリスト>
M1. FLY AGAIN
M2. Dive
M3. Give it Away
M4. TAKE ME HOME
M5. Raise your flag
M6. Memories
M7. Get Off of My Way
En1. Emotions

PHOTO BY Daisuke Sakai(FYD inc.)


リリース情報

2016.02.10 ON SALE
ALBUM『The World’s On Fire


ライブ情報

The World’s On Fire TOUR 2016
03/15(火)東京・Zepp Tokyo
03/17(木)神奈川・CLUB CITTA’ 川崎
03/20(日)京都・KYOTO MUSE
03/22(火)愛知・Zepp Nagoya
03/24(木)静岡・Live House 浜松 窓枠
03/27(日)茨城・つくば SOUND SPACE PARKDINER
03/30(水)宮城・仙台PIT
04/01(金)秋田・Akita Club SWINDLE
04/03(日)北海道・Zepp Sapporo
04/05(火)北海道・旭川CASINO DRIVE
04/08(金)香川・綾歌総合文化会館 アイレックス
04/10(日)愛媛・松山市総合コミュニティセンター・キャメリアホール
04/13(水)広島・BLUE LIVE 広島
04/15(金)山口・周南RISING HALL
04/17(日)鳥取・米子コンベンションセンター BiG SHiP
04/20(水)福岡・Zepp Fukuoka
04/22(金)熊本・熊本B.9 V1
04/24(日)鹿児島・鹿児島 CAPARVO HALL
04/28(木)新潟・新潟LOTS
05/03(火・祝)大阪・なんばHatch
05/05(木・祝)富山・南砺市福野文化創造センター ヘリオス
05/09(月)長野・キッセイ文化ホール 中ホール (長野県松本文化会館)
05/11(水)福井・福井県県民ホール
05/17(火)東京・新木場STUDIO COAST
05/18(水)東京・新木場STUDIO COAST


MAN WITH A MISSION OFFICIAL WEBSITE
http://www.mwamjapan.info/


150229-TR-130020150229-TR-130010

150229-TR-130012 150229-TR-130013 150229-TR-130014

150229-TR-130016

150229-TR-130017

150229-TR-130018

150229-TR-130019

160213_ST_221002

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人