GLAY、“富山”が舞台のロボットアニメ「クロムクロ」の主題歌担当

2016.02.25

GLAYが4月より放送されるTVアニメ「クロムクロ」の主題歌を担当することになった。HISASHIの書き下ろし楽曲としては初のアニメタイアップとなる。

今回、TVアニメ「クロムクロ」の主題歌となったGLAYの楽曲名は「デストピア」。アニメに登場する重量感あるロボットを彷彿とさせる力強 さが特徴的だが、一方で、GLAYらしいメロディを際立たせるビート感をもあわせ持つ至極の1曲となっている。

TVアニメ「クロムクロ」は、富山県が舞台のロボットアニメ作品。作品内には実在する立山連峰など富山の名所が数多く登場する予定で、作品中のロボットの研究所は黒部ダムのほとりに立地するなど、富山ご当地感満載の作品だ。

監督は数多くのヒットアニメに携わった岡村天斎。アニメ制作を担当するのは、アニメ制作会社として珍しく、関東近郊ではなく、富山に本社を構える制作会社、P.A.WORKSで、同社は北陸地方を題材としたハイクオリティな作品を数多く世に輩出している。本作は同社の創業15周年 を記念する作品となる。

HISASHI コメント
制作に入る前に監督の岡村天斎さんと打ち合わせをし、物語のアウトラインをお聞きしました。曲のBPMと印象的なフレーズが徐々に頭に浮かび方向性は瞬間的に決まりましたね。ダークなギターリフに叙情的なメロディが絡む得意な方向性です。詩は「時を超えても変わらない普遍的な想い」という前向きなメッセージを、希望に乗せて書きました。ただ夢を語るだけではなく時勢を達観し、行動に移す強さを表現しました。あと今回初の試みでギター・ボーカルから始まる曲に決めていました。アコースティックギターを持つ姿は様々な場所で観てきましたが、エレキギターを持って歌うTERUを観るのは初めてのはず。レコーディングもGLAYに新たなグルーヴが生まれるギタープ レイを披露しているのでぜひ聴いてください。

P.A.WORKSプロデューサー・堀川憲司氏 コメント
P.A.WORKSの創業時から、いつかロボットモノのアニメをやりたいと思っていました。この15周年という節目に実現できるのは非常にうれしいことです。


番組情報

TVアニメ「クロムクロ」
2016年4月、TOKYO MX・サンテレビ・KBS京都・BS11他にて放送開始予定
※富山エリアでの放送も予定しています

監督:岡村天斎(「DARKER THAN BLACK -黒の契約者-」「世界征服〜謀略のズヴィズダー〜」)
シリーズ構成:檜垣亮
キャラクターデザイン:石井百合子
ヴィジュアルコンセプト・メカデザイン:岡田有章
音楽:堤博明
オープニングテーマ:GLAY
アニメーション制作:P.A.WORKS


リリース情報

2016.01.27 ON SALE
SINGLE「G4・IV」


GLAY OFFICIAL WEBSITE
http://www.glay.co.jp/


 

150225-TR-090005

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人