超新星、涙と笑顔の握手会でファンに約束。「2年後に必ず今度は6人で」

2016.02.22

超新星が、ニューシングル「またキミと…」(2月24日リリース)の発売記念イベント『ミニトーク&握手会』を、2月15日の福岡・都久志会館を皮切りに開催。メンバーが全国を駆けめぐり、20日に東京・竹芝ニューピアホールで最終日を迎えた。

現在活動中の5人のうち4人(ソンモ・グァンス・ジヒョク・ゴニル)が今春入隊を控えているなかでの握手会は、涙と笑顔が溢れるイベントとなった。

福岡・大阪・名古屋・仙台・東京でおよそ1万5千人のファンと対面。一人ひとりと握手と会話を交わした。

日本デビュー時から“隣にいるお兄ちゃん”がコンセプトの超新星は、日本でCDプロモーションの際に数多くの握手会を実施。メンバーはファンとの距離を縮めることをいつも考えており、そして、これからも変わらないとリーダー・ユナクは語った。

イベントトークでは、メンバー全員が、流暢な日本語で自ら順番にMCを務めるという形式。「この5人でのシングルはこれが最後だし、もうない。なぜなら20枚目のシングルは6人で」とファンへ約束。2年後に必ず今度は6人で握手会もするから待っていてほしい」とユナクが宣言。

一方、軍隊に入隊予定の4人は笑顔で「行ってきます!」「2年後までぜひ僕たちを待っていてほしい」と語った。

また握手会では、ファンから「2年後に会いましょう」「絶対に待ってるよ」と声をかけられ、途中涙を浮かべるメンバーもいた。

「またキミと…」は、デビューシングル含む数多くの楽曲を手がけてきたジョルジョ・カンチェーミとの久々のタッグによるナンバー。ジヒョクは、アカペラで歌って見せるなどして客席を楽しませながら「僕たちと会えない2年間、この曲を聴いて僕たちを思い出してください」と語り、ソンモは、カップリングの「Byebye」をリコメンドし「本当に切ないメロディと歌詞になっていますが、切ない中にも希望がある歌詞です」と曲に対する思いを語った。

いよいよ今週末26・27日には東京・国立代々木競技場第一体育館にて、入隊前最後のイベント、ファンミーティング『超新星 2016 Fan Meeting「Festival」』が開催される。


リリース情報

2016.02.24 ON SALE
SINGLE「またキミと・・・」


イベント情報

超新星 2016 Fan Meeting「Festival」~The Moment~
02/26(金)東京・国立代々木競技場第一体育館
02/27日(土)東京・国立代々木競技場第一体育館


超新星 OFFICIAL WEBSITE
http://www.choshinsei.com/


150222-TR-130000

Print

[初回限定盤A/CD+DVD]

150222-TR-130003

[初回限定盤B/CD+アナザージャケット]

150222-TR-130004

[通常盤/CD]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人