WHITE JAMのSHIROSE、病院に緊急搬送。リリイベではファンがSHIROSEパートを大合唱

新曲「咲かないで」が女子中高生の間で新しい卒業ソングとして話題の
WHITE JAMのメンバー、SHIROSEが、原因不明の高熱により病院に緊急搬送された。

本日2月21日、ららぽーと新三郷で予定されていたリリース記念イベントには、残るメンバーのGASHIMAとNIKKIの2人で登場。ステージ冒頭に、リリースのお祝いに駆けつけたファンにSHIROSEの急病を報告し、イベント欠席を謝罪した。

その後、急遽SHIROSE抜きで新曲「咲かないで」を披露することになると、最後には集まったファン全員でSHIROSEのパートを大合唱するという感動的なシーンも。歌い終わったあと、GASHIMAからファンへの感謝とともに、卒業までの残された時間を大切に過ごしてくださいというメッセージが伝えられると、会場では涙ぐむファンの姿も見受けられた。

さらに終演後には、いま女子高生の2人に1人は登録していると言われている人気の音楽コミュニティアプリ「nana」スタッフから、昨年より「咲かないで」の“10,000人の合唱”企画を同アプリ上で開催し、目標としていた1万人歌唱が見事達成したことを賞して表彰状が2人に贈られ、「咲かないで」のヒットのきっかけともなった本企画に参加したファンととともに目標達成を祝った。


リリース情報

2016.02.24 ON SALE
SINGLE「咲かないで」


WHITE JAM OFFICIAL WEBSITE
http://www.whitejam.net/


1602021-CI-161001

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人