勇気も愛もないなんて……NICO Touches the Wallsじゃない!?彼らの本質が込められた最新作

NICO Touches the Walls(以下、NICO)から約3年ぶりに届いたアルバム『勇気も愛もないなんて』。タイトルを見て意外だと感じた人も、聴けば彼らの本質を知ることができる内容になっている。彼らの性格が如実に出たという今作についてメンバー全員に語ってもらった。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之


一石を投じるような気持ちでやってる

──約3年ぶりのアルバム『勇気も愛もないなんて』が完成しました!

光村龍哉 3年も空けるつもりは全然なかったんですけどね。その間にベスト(『ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ ベスト』)とアコースティックアルバム(『Howdy!! We are ACO Touches the Walls』)が出て、シングルもずっとリリースし続けていたので。

──多彩な活動を経て、今回のアルバムに対してはどんなテーマがあったのですか?

光村 “自分たちの本質は何だろう?”ということですよね。“とことんそぎ落としたら、そこに何が見えるんだろう?”っていう。そういう気持ちでアルバムのタイトルを先に決めたんです。自分たちが元々持っていて、だけど、なかなか人に伝えられていないもの……。その象徴が“勇気”と“愛”なんですよ。

坂倉心悟 たぶん“似合わない”と思われてるでしょうね(笑)。

光村 一般的な僕らのイメージって、“よくフェスに出ていて、ロックバンドらしくストレートに盛り上げる”という感じだと思うんです。でも、自分たちとしては意外とロックバンドがやっていないことにも勇気を出してチャレンジしているんだけどなっていう。よく他のバンドには「相変わらず器用だね」って言われるんですけど……結構時間をかけて、一石を投じるような気持ちでやってるつもりなんです。

伝えるのが下手なんでしょうね(笑)

──“愛”については?

光村 例えば歌詞にしても、誰かのことを強く思いながら書いていたり。でもそういう部分って、なかなかうまく伝わらないんですよ。

古村大介 伝えるのが下手なんでしょうね(笑)。

光村 メンバー同士でも、本当の気持ちを伝えるのは締め切りギリギリだったりしますからね。「え、今それを言う?」みたいな。でも、このタイミングで自分たちが大事にしていることをはっきりと伝えたいと思って。

NICOがいちばん大事にしているのは、やっぱり歌

──このタイトルに決まったとき、どう思いました?

対馬祥太郎 このアルバムが出来るまでの道のりも共有してますからね。タイトルが出てきたときも「よし、これで行こう」って思いました。

坂倉 そうだね。

光村 一つひとつのシングルにもストーリーがあるから。

古村 うん。アルバム全体のことで言うと「楽しくて明るいアルバムにしたい」っていう話をしてたんですよ。アコースティックアルバムのときもそうだったんですけど、余分なものをどんどん排除して、そこで得た感覚のなかで楽しくアレンジをしていって。このアルバムにも、今の自分たちの雰囲気が出ていると思いますね。

坂倉 この3年間の活動のなかで、さらに歌がしっかり抜けるようになってきて。「ローハイド」の頃から、みっちゃん(光村)が“アコギで曲を作る”というやり方に戻ったんですよね。その辺りから「NICOがいちばん大事にしているのは、やっぱり歌だよね」という認識が4人のなかで強くなって。

対馬 演奏も変わりましたね。“歌を引き立てる”ことにストイックに向かい合ってきたし、そのぶん、曲の芯の部分をさらに強くできたんじゃないかなって。

歌詞が出来てからアレンジが変わった

──なるほど。そうなると当然、歌詞が大事になってきますよね。

光村 そうなんですよ……。アルバムの制作中も、ひとりで黙々と歌詞を書くという作業が結構長くて。早く音を出したいと思いながら、悶々としていましたね。

──でも、アルバムの新曲はすごく解放的ですよね。「エーキューライセンス」も「ブギウギルティ」も明るいムードの楽曲だし。

光村 「エーキューライセンス」は歌詞が出来てからアレンジが変わったんですよ。最初は切ないポップ系だったんだけど、歌詞が明るいから、アレンジもどんどんシンプルになって。“口ずさんだハイウェイスター”という歌詞があるから、ディープ・パープルのオマージュみたいなフレーズを入れたり。

古村 にやりポイントだよね(笑)。

こだわっていきたいですね、これからも

──ただ、タイトル曲の「勇気も愛もないなんて」は少し憂いが入ってますよね。

光村 めちゃくちゃスウィートな気持ちで書いたんですよ、最初は。ダイアナ・ロスみたいなソウルフルな女性シンガーが歌ってるイメージだったんですけど、セッションしているうちにどんどんビターなほうに向かって。

坂倉 どうしてもそっちに行っちゃうんだよね(笑)。

光村 そこはもう諦めて、ビターな曲にしてしまおうと。「勇気も愛もないなんて」っていうタイトルを付けて、それをしっかり伝えていこうって言いながら、こういう曲が出てくるっていうのは……まあ、僕らの性格なんでしょうね(笑)。でも、それを正直に表現できたのは良かったのかなって。

──バンドの本質に向き合うことで、自分たちを解放できたことが、このアルバムのいちばんの成果なのかも。ルーツミュージックをしっかり血肉化している音楽性も、同世代のバンドとは明らかに違いますからね。

光村 そうですね。オーガニックなサウンドが似合っていると思うし、その方向でやりたいこともまだまだあるので。ただ、根本はやっぱり“アコギ1本で演奏しても、良さが伝わる曲”だと思うんです。そこはこだわっていきたいですね、これからも。

★はたしてすべて答えることはできたのか?
一問一答
動画「5秒で答えて」公開中!


ライブ情報

ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ フェスト ’16
03/11(金)神奈川・CLUB CITTA’川崎
共演:フレデリック
03/18(金)愛知・Zepp名古屋
共演:フジファブリック
03/23(水)大阪・なんばHatch
共演:ウルフルズ
04/22(金)東京・Zepp DiverCity(TOKYO)
共演:ドレスコーズ

NICO Touches the Walls TOUR 2016 “勇気も愛もないなんて”

ツアー詳細はこちら


MUSIC ON! TV(エムオン!)

150601-YS204201
音楽チャンネルMUSIC ON! TVのプログラム「サキドリ!~ZOOM UP!~」にNICO Touches the Wallsが登場!

【サキドリ!~ZOOM UP!~】
番組が注目するアーティストを、ZOOM UP!して様々な内容・角度度から魅力をお届けするコーナー!

初回放送:毎週月~金曜 6:00~6:10
リピート:毎週月~金曜 16:50~17:00 / 26:50~27:00

【News & Clips】
最新のリリース・イベント告知など、他にも最新のトピックスやおススメのMusic Videoなど旬な情報をお届け!

【#1】3/14(月)6:00~6:10 / [リピート] 16:50~ / 26:50~
【#2】3/15(火)6:00~6:10 / [リピート] 16:50~ / 26:50~
【#3】3/16(水)6:00~6:10 / [リピート] 16:50~ / 26:50~
【#4】3/17(木)6:00~6:10 / [リピート] 16:50~ / 26:50~
【#5】3/18(金)6:00~6:10 / [リピート] 16:50~ / 26:50~

詳細はこちら


プロフィール

ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ/光村龍哉(vo、g)、古村大介(g)、坂倉心悟(b)、対馬祥太郎(ds)。2007年にミニアルバム『How are you?』でメジャーデビュー。

オフィシャルサイト

M-ON! MUSICさん(@m_on_music)が投稿した写真


リリース情報

2016.03.16 ON SALE
ALBUM『勇気も愛もないなんて』
キューンミュージック

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人