テイラー・スウィフト3冠!レディー・ガガ、ボウイを熱唱!『第58回グラミー賞授賞式』本日WOWOWにてOA

本日2月16日(現地時間15日)、アメリカ・ロサンゼルスのステープルズ・センターにて開催された、世界最高峰の音楽の祭典『第58回グラミー賞授賞式』の模様が、本日22時よりWOWOWライブにてオンエアされる(※字幕版)。

テイラー・スウィフトの華麗なパフォーマンスでスタートを飾った今年のグラミー賞授賞式。そのテイラーは、7部門にノミネートされ、見事「年間最優秀アルバム」を含む3部門を受賞。最多となる9部門11ノミネートのケンドリック・ラマーは、「最優秀ラップ・アルバム」など5部門を獲得し、囚人服でのパフォーマンスも観客を魅了した。

そのほか、主要部門である「年間最優秀レコード」にはマーク・ロンソン ft. ブルーノ・マーズ「Uptown Funk」、「年間最優秀楽曲」はエド・シーランが「Thinking Out Loud」で悲願の受賞。「最優秀新人賞」はメーガン・トレイナーが受賞した。マーク・ロンソンは3部門、アラバマ・シェイクスは3部門受賞となった。

そして、ここでしか観られない豪華パフォーマンスも展開。TVで初パフォーマンスとなったアリス・クーパー、ジョニー・デップ、ジョー・ペリー(エアロスミス)らハリウッド・ヴァンパイアーズは、モーターヘッドのレミー・キルミスター追悼に加え新曲を披露。さらに、4年ぶりにグラミー賞に帰ってきたアデルや、ジャスティン・ビーバーなどが観客を酔わせた。

ライオネル・リッチー トリビュートでは、ジョン・レジェンドやメーガン・トレイナーらが登場し、ライオネル本人とも名曲の数々を披露。そして先月急逝したグレン・フライの追悼ではドン・ヘンリーらイーグルスのメンバーが登場し、ヒット曲「Take It Easy」を演奏した。

さらに、新譜発表直後に逝去した デヴィッド・ボウイの追悼パフォーマンスでは、レディー・ガガが、ボウイを彷彿とさせる衣装とメイクで登場。「Let’s Dance」「Heroes」等10曲メドレーを熱唱した。また、WOWOWのスタジオゲストには、なんとジョニー・デップとジョー・ペリーら豪華メンバーが登場した。

一方、日本人ノミニーでは、小澤征爾が指揮したオぺラアルバム『Ravel: L‘Enfant Et Les Sortileges; Sheherazade(ラヴェル:「こどもと魔法」)』が「最優秀オペラ・レコーディング」を見事受賞。小澤征爾は8回ノミネートで、今回80歳にして初受賞となった。
※「Sortileges; Sheherazade」は、1つめの「e」がグレイヴ・アクセント付き、3つめと4つめの「e」がアキュート・アクセント付きが正式表記。

なお、渡辺謙が主演したミュージカル「王様と私」が、最優秀劇場ミュージカルアルバムに、最優秀ミュージックビデオにShin Nishigakiなどがノミネートされていたものの惜しくも受賞を逃した。

PHOTO:(C)Getty Images


番組情報

WOWOWライブ「第58回グラミー賞授賞式」(字幕版)
初回放送:02/16(火)22:00
※放送終了後、WOWOWメンバーズオンデマンドにて見逃し配信
リピート:03/20(日・祝)19:30


WOWOW特設サイト
http://www.wowow.co.jp/music/grammy/


160216-YM-17510003 160216-YM-17510007 160216-YM-17510005 160216-YM-17510001 160216-YM-17510006 160216-YM-17510002 160216-YM-17510000

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人