iKON、武道館ライブ大盛況!追加公演は花道設置の“接近ライブ”に

1月13日にリリースした日本デビューアルバム『WELCOME BACK』が1月12日付オリコンデイリーCDアルバムランキングで初登場1位を獲得し、華々しいデビューを飾ったiKON。デビューとなった1月13日の深夜0時にはTwitterでデビューお祝いコメントが多数投稿され、トレンド入り、HOTワード1位を獲得するなど注目度の高さを証明した。

そのiKONが、全国アリーナツアー『iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN JAPAN』において、海外アーティスト史上“日本デビューから最速”となる武道館ライブを行った。

開演時間直前の会場内は、記念すべきライブを楽しみにしてきた1万3千人のファンの、今か今かという熱気が充満。

会場が暗転し、オープニング映像が流れメンバー7人が登場すると、ファンの大歓声に迎えられ、いよいよライブスタート。1月13日にリリースされたジャパンデビューアルバム『WELCOME BACK』収録の「RHYTHM TA」「MY TYPE」「AIRPLANE」「APOLOGY」といった最新の楽曲はもちろん、3月30日にリリースされるニューアルバム『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』に収録される楽曲も披露され、さらに彼らのデビュー前の代表曲である「SINOSIJAK」「WAIT FOR ME」なども余すことなく披露された。

日本武道館のステージに立てたことについて、メンバーはそれぞれ「ファンのみなさんのおかげで、こんなに早く武道館のステージに立てて感謝しています」「歴史を感じる会場で、ライブができることが大変うれしいです」とそれぞれ初の武道館のステージの感想を語った。

さらにメンバーから、追加公演となる3月12・13日の幕張メッセイベントホール、3月15日の大阪城ホールの2会場は、よりメンバーが観客の近くに行けるよう、追加でアリーナ席を囲む外周に花道を設置するスペシャルなステージになるという発表があった。

メンバーの「来てくれているファンのみなさんと、もっと近くでライブを一緒に楽しみたい!」という熱望から、このステージの採用が決定したとのこと。どの席にいてもメンバーを近くに観ることができるステージとなり、追加公演はさらに盛り上がることは間違いないだろう。

新人とは思えない圧巻のステージングで、会場はオープニングからアンコールまで興奮のピークが切れることなく続き、初の武道館ライブの初日は歴史的な盛り上がりを見せ終了した。

初の日本ツアー『iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN JAPAN』は、このあと、全国5都市14公演で開催。デビュー直後となる海外アーティストの初ツアーとしては異例の、146,000人の総動員数となる予定だ。

3月30日リリースの『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』は、日本デビューアルバム『WELCOME BACK』の収録楽曲に加え、あらたに「DUMB & DUMBER」「WHAT’S WRONG」「I MISS YOU SO BAD」「RHYTHM TA REMIX(ROCK Ver.)」を日本語バージョンとして収録。また、日本オリジナルとして「ANTHEM / B.I&BOBBY」も、あらたにREMIX Verとなり収録される予定となっている。また、ボーナストラックとして韓国でも未発表の日本エクスクルーシブ新曲も追加される予定もあり、豪華な収録内容となりそうだ。

今回、映像に関しては、DVD商品に加え待望のBlu-ray商品も追加。各シングル曲のミュージックビデオ、メイキング映像と、日本で行われたプロモーション活動、リリースイベントに密着したドキュメント映像も収録予定と充実の内容となる。まさしく、iKONの“今”をすべて詰め込んだ作品と言えそうだ。

日本では、オフィシャルファンクラブ「iKONIC JAPAN」が1月に設立。ますますの人気の加速に期待がかかる。


リリース情報

2016.03.30 ON SALE
ALBUM『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』


ライブ情報

iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN JAPAN
02/20(土)兵庫・神戸ワールド記念ホール
02/21(日)兵庫・神戸ワールド記念ホール
03/12(土)千葉・幕張メッセイベントホール
03/13(日)千葉・幕張メッセイベントホール
03/15(火)大阪・大阪城ホール
※日程により1日2回公演あり。


iKON OFFICIAL WEBSITE
http://ygex.jp/ikon/


150216-TR-090001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人