GENERATIOMS from EXILE TRIBEが表紙巻頭を飾る「ワッツイン」3月号が本日発売

2015年、初の単独ホールツアーを成功させ、「Evergreen」「Hard Knock Days」「ALL FOR YOU」というそれぞれカラーの異なるシングルをリリースしたことで、音楽や表現の幅を広げ、躍進したGENERATIONS from EXILE TRIBE。2016年第1弾シングルの「AGEHA」では、今までありそうでなかったパーティチューンを放ち、3月2日に約1年ぶりとなる3rdアルバム『SPEEDSTER』を発売する彼らが、全員揃った形で「ワッツイン」3月号の表紙巻頭を飾る。

巻頭では、片寄涼太、数原龍友、白濱亜嵐、小森 隼の4人と佐野玲於、中務裕太、関口メンディーの3人に分かれて、アルバムについて語るロングインタビューを敢行! インタビューでは、EXILE TRIBEとして活動していくなかで片寄涼太が抱いていた“夢”がこのアルバム制作で実現できたことや、数原龍友が初の作詞を手がけるなかで、本当に届けたかった想いについても語っている。すさまじい勢いで駆け上がっている彼らの“現在”を存分に堪能できる内容になっている。

また、メンバーが今にも走り出しそうな疾走感溢れるカットや、カッコよく男らしさ全開のもの、そして素に近い柔らかい印象のものまで、様々な表情が垣間見える撮り下ろし写真も満載だ。

デビュー7年目のflumpoolは、約3年半ぶりにリリースされるオリジナル・アルバム『EGG』について語る。メンバー全員が30代を迎えた今、感じることは「変わらないといけない部分が見えたのも大きいと思うし、やれることが増えた」。その理由のひとつとして、今作の制作時に“先生”の存在があったことで、「今は自分たちのやりたいことができるようになった」と、以前とは状況が大きく変わったことを話している。果たしてその“先生”の正体とは!?

BIGBANGの弟分にあたり、すでにドームクラスのステージも経験済み。華々しく日本デビューを飾ったiKONは、「発売されて、今、すごくときめいています」とデビューアルバム『WELCOME BACK』の話を中心に今の心境についてたっぷりと語っている。さらに、「かわいい弟」「男らしい魅力があって、すごくモテます!」など、個々のキャラクターをメンバー同士で話すかわいらしい一面や、将来の目標について聞かれたときは熱い言葉を口にするシーンも。「日本のファンの皆さんが熱くて、日本でのライブはとくに楽しいです!」と日本が大好きだと公言する彼ら。ブレイク必至の実力派若手ボーイズグループを見逃すな。

シングル「中途半端なスター」をリリースするファンキー加藤。つねに全力で、熱くまっすぐに進んできた印象が強い彼だからこそ、このタイトルのインパクトは大きい。しかし、彼自身は「自分の今の心境そのままに書いたんです」と語る。その真相はいかに? また、今までは曲作りの際に、FUNKY MONKEY BABYS時代からの10年間にいろんな映画や本からインプットした、応援歌の歌詞のアイデアをまとめたネタ帳があったそうなのだが、なんとそのストックがなくなり「ヤバイ、応援する言葉がなくなった!(笑)」という大事件も暴露!! ニューシングルを堪能できるインタビューになっている。

そのほか、KANA-BOON、Silent Siren、ソナーポケット、家入レオのインタビュー記事、BUMP OF CHICKENのミュージックビデオ撮影密着、安室奈美恵のライブレポートなど、ボリューム満載の内容でお届け!


「ワッツイン」3月号 商品情報はこちら(M-ON! BOOKS)
http://www.m-on-books.jp/magazine/whatsin/id201603


160212-CI-221001 160212-CI-221002 160212-CI-221003 160212-CI-221004

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人