OK Goが、人類史上初の“無重力空間で作られた芸術作品”を発表

2014年、日本が誇るトップクリエイターたちとのコラボレーションで驚くべきスケールのミュージックビデオを発表し、音楽ファンのみならずお茶の間の話題をもさらった米ロックバンド、OK Goの、前作から1年4か月ぶりの新作ミュージックビデオ「アップサイド・ダウン&インサイド・アウト」が、グループのFacebookページ上で公開された。

ドローンを駆使し“史上最大のワンカット映像”として世界を驚かせた、前作ミュージックビデオとはまったく違うベクトルでスケールの大きさを見せつける今作。この画期的なミュージックビデオは、ロシアのROSCOSMOS(アメリカのNASAのような組織)とガガーリン宇宙飛行士訓練センター、そしてロシア国内最大の航空会社S7(エス・セヴン)航空の全面協力を受けて制作された、人類史上初の“無重力空間で作られた芸術作品”となった。

ROSCOSMOSが提供した宇宙飛行士訓練用の特別機が、空中に放物線を描いて飛行する際に機内に発生する無重力状態を利用して、誰も見たことのないまったく新しい映像芸術を、OK Goならではの洗練されたポップさで表現。

そしてもちろん、これまでのOK Goのミュージックビデオに共通する美学「ワンカメラ・ワンショット」は今回の超異次元空間でも見事に貫かれている。一回の無重力飛行で生じる無重力空間はわずか27秒。1度のフライトの間に無重力飛行を何度も繰り返し、8回連続してカメラを回すことで8回×27秒=トータル216秒の無重力状態を発生させ、その無重力状態の時間内の映像だけを集めて1曲分のミュージックビデオを完成させたという。

これまでの数々の傑作ミュージックビデオと同様に、今作でも監督を務めたOK Goのメンバー、ダミアン・クラッシュは、この“無重力ミュージックビデオ”のアイデアが生まれたきっかけについて「民間企業による商業宇宙旅行が話題になりだしたのが10年くらい前で、当時ヴァージン・ギャラクティック社やスペースX社が進めている計画を聞いたとき、人類が宇宙空間でアートを制作するようになる日もそう遠くないんだな、って僕には思えたんだ」と語っている。

ずらりと並んだトレッドミル(ランニング・マシーン)と、自ら振り付けしたダンスビデオで世界を驚嘆させ、インターネット動画時代の幕開けを飾ったのが同じく10年前の2006年。その変わらぬクリエイティビティと才気ほとばしるアイデア、最先端のテクノロジーを取り込みながら進化を続ける骨太なアーティスト魂が今回のミュージックビデオにも満ち溢れている。

「アップサイド・ダウン&インサイド・アウト」はOK Goが2014年に発表した最新アルバム『ハングリー・ゴースト』の1曲目に収録されている。

 


リリース情報

2014.10.22 ON SALE
ALBUM『ハングリー・ゴースト』


「アップサイド・ダウン&インサイド・アウト」MVはこちら(Facebook動画)
https://www.facebook.com/okgo/videos/10153210535420683/

OK Go OFFICIAL Facebook
http://www.facebook.com/okgo


 

150212-TR-090003 150212-TR-090004 150212-TR-090005 150212-TR-090006

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人