遊びの達人・遊助が仲間とともに作り上げたコラボベスト『遊情BEST』

遊助

遊助の2016年第1弾作品は、これまでジャンルに縛られることなく様々なアーティストと制作してきた“遊turing”楽曲をひとつにまとめたコラボベスト。ずっと温めてきたという言葉“遊情”をタイトルに掲げた意欲作だ。

INTERVIEW & TEXT BY 松浦靖恵


この文字(遊情)のタイトルでアルバムを作りたい

──“遊助”としてデビューしてから、もうすぐ丸7年。これまでにいろんなアーティストの方たちと遊turing(コラボレーション)した楽曲と新曲を収録したアルバム『遊情BEST』が完成しました。

遊助 この7年間でベストが出せるくらい、自分はいろんな人たちとコラボ楽曲を作ってきたんだなぁって改めて思いました。

──デビュー当初から遊助さんは積極的にコラボしてましたもんね。

遊助 1stアルバム『あの・・こんなんできましたケド。』を作ったときから、“コラボはずっと続けよう”と思ったし、何年か経ったらコラボ曲が溜まるだろうから、そのときにはこの文字(遊情)のタイトルでアルバムを作りたいと思っていて。やっと出せました!

──コラボを積極的にやっていこうと思った、元々の理由は?

遊助 遊助として音楽活動を始めた当初は、自分なりの作り方しか知らなかったから、他にはどんなやり方があるんだろう? って興味があって。人によっていろんな作り方があるからコラボの現場は勉強になるし、刺激にもなると思って、いろんなチャレンジをしてみようと。

考えてること自体がすごく楽しいんだよね

──誰かと組むことで、それまで自分が知らなかった才能に気づけたり、開けたことのない引き出しを開けることができたと?

遊助 まさにその面白さに魅了されちゃったんだと思う。誰かと一緒にやることで、自分が思いつかなかった世界観が出てくることもあれば、自分の歌い方も変わってくる。一緒にやらなければ生まれなかったものがたくさあるから、コラボは毎回ワクワクしちゃうんだよね。コラボはおもちゃみたいなものかな。

──おもちゃ?

遊助 うん。例えば、ひとりだと遊ぶためにおもちゃの設計図から作らなきゃいけないけど、誰かと一緒だと、相手が持っているおもちゃで遊べたり、自分のおもちゃと相手のおもちゃを合わせて使うとまた違う遊びができて“楽しいね~”っていう感覚になるじゃない? ひとりで黙々とプラモデルを作るのも面白いけど、誰かと一緒に遊ぶ空気感が楽しいし、この人とならどの遊び方がいちばん楽しいだろうって考えてること自体がすごく楽しいんだよね。

実はずいぶん前から接点があったんだねぇって(笑)

──コラボ相手は遊助さん自身がいつもオファーしているんですか?

遊助 基本的にそう。湘南乃風や餓鬼レンジャーは昔から付き合いがあったけど、童子-TくんからMammy-Dくんを紹介されて繋がることもあるし、羞恥心の頃に歌番組で一緒になったJAY’EDくんは、声がすごく好きで一緒にやりたくて。あと、ランニングしていたときにシャッフルで聞いていた曲の中に、この声良いなって気になった声の主がいて。で、(スタッフに)調べてもらったら柴田知美さんだったの。

──それぞれいろんな出会いがあるんですね。新曲「君ドリーム」でコラボしたGReeeeNは?

遊助 GReeeeNはたまたま飲んで友達になったんだよね。

──えっ、GReeeeNのメンバーの顔を知ってたんですか!?

遊助 いや、最初はGReeeeNだって知らずに飲んでた(笑)。で、僕たちも音楽をやってるんですけど〜って話から、実はGReeeeNだってわかった。初対面なのに意気投合しちゃったから、会ったその日にそのまま家に呼んだら、「キセキ」を弾き語りで歌ってくれて。ドラマの「ルーキーズ」に出演してたのもあって、実はずいぶん前から接点があったんだねぇって(笑)。

もうね、それしか思い浮かばなかった(笑)

──まさに奇跡! ところで、「君ドリーム」というタイトルは、遊助さんは黄色が好きで、GReeeeNは緑だから?

遊助 黄色と緑で“黄緑”。もうね、それしか思い浮かばなかった(笑)。で、夢の話を歌詞にしようって決めて、タイトルを“黄緑”から“君ドリーム”にしました。

──川畑 要さんとコラボした新曲「What I’m feeling now」は?

遊助 要とはある番組で一緒になってから仲良くなって、以前からいつか一緒にやろうねって約束をしていて。とにかく要は歌がうまいし、レコーディングが早い! こういうのはどうかな? って詞の世界観を深く話し合えたし、自分ひとりでは描けなかった世界が出せたと思います。

──USK World Crewとして、様々な国の人たちといろんな国の言葉で歌った「Stand up for yourself」は?

遊助 世界にあるいろんな言語で歌ってみたかったので、各国の方々をオーディションしてUSK World Crewは選びました。今回は英語、フランス語、ルーマニア語、ポルトガル語、日本語で歌っているけど、いつかまた今回とは違う国の言語で歌ってみたいな。

「まだそんなことやってるの!?」って言われちゃうような大人になりたい

──いろんなアーティストたちと一緒にコラボしたからこそ、遊助の変わらない部分も浮上してきたのでは?

遊助 若い頃は“〇〇といったら上地雄輔だよね”という役者になろうと必死だったけど、ヤンキーになるし、医者にもなるし……気づいたらいろんな役をやってきていて。役の統一性はないけど、“自由に遊んでいいよ”って振り幅を監督や演出家から託されたんだなって思うんですよ。で、それは音楽でも同じことが言えるというか。コラボした方たちは、俺に“自由に遊んでいいよ”と振り幅を与えてくれる監督、演出家、台詞や共演者だったりするから、そのなかでどうやって遊助節を出そうかワクワクしている感じが、どの曲にもあるんじゃないかな。

──では、最後に。2016年はどんな年にしたいですか?

遊助 はちゃめちゃな一年にしたい。活動も行動も発言もね。“遊”という漢字を使っている人間が、落ち着いちゃいけないでしょ?(笑) やっぱり自分自身も周りで応援してくれてる人も“遊助”のそこを楽しんできたんでしょ? って思うんですよ。なので、良い意味で、この歳になっても「まだそんなことやってるの!?」って言われちゃうような大人になって、やんちゃな道を歩いていきたいな。


プロフィール

ユウスケ/上地雄輔のソロプロジェクト。リスナーの遊び心をお手伝いしたいという想いを込めて“遊助”と命名。2009年3月にシングル「ひまわり」でメジャーデビューを果たす。

オフィシャルサイト


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人