CNBLUEの最新ツアーから、大阪城ホール公演の模様がWOWOWにて独占OA

CNBLUEが、オリコンチャート1位を獲得したアルバム『colors』(2015年9月30日リリース)を引っ提げて実施した全国ツアー『CNBLUE 2015 ARENA TOUR ~Be a Supernova~』から、11月26日に開催された大阪城ホール公演の模様が、WOWOWにて2月11日に放送される。

SEのメロディと相まって幻想的に揺れるブルーのペンライト、期待感に満ちた大歓声とクラップ。それらをギュッと包み込んだようなヨンファ(vo&g)の「Be a Supernova」のひと声をきっかけに、「Supernova」からライブが幕開け。続けて「WHITE」を頼もしくオーディエンスに届けると、あっという間に会場の一体感が高まっていった。

「大阪、たくさん来てくれてありがとうございます。最後までよろしくね〜、めちゃ好きやねん」「ホンマにありがとう」「まいどまいど!」など、関西弁満載のMCは、もちろん大阪ファンのハートをガッチリ鷲掴み。ステージを駆けまわり、オーディエンスとたっぷりコミュニケーションを取るヨンファは、自ら「今日は日本語うまいね。ライブでちゃんと日本語ができる日がありますが、今日がそれ! みなさん、ラッキーですね」と笑顔で煽る一面もあった。

ニューアルバム収録曲はもちろん、ダンスロックナンバー「HEART song」、アッパーチューン「In My Head」など新旧織り交ぜたセットリストは、バンドの音楽性の幅広さ、多彩さを確信させる。ミンヒョク(ds)の強靭なリズムと、それに絶妙に絡むジョンシン(b)のベース。鋭く走りながらきらめきを放つジョンヒョン(g)のギターと、そこにしっかりと寄り添うように真っ直ぐ届くヨンファの歌声。デビュー以来、真摯に音楽に向き合い、揺るぎない強さと実力をつけてきた今のCNBLUEのすごみが、バンドアンサンブルから伝わってきた。

「Lady」の演奏後、「正直、そろそろ(終わりそう)」と全力を出し切った様子を見せたのもつかの間、「今まではウォーミングアップ。これからが本番!」とさらに会場を奮い立たせる。そして、「このツアーの中でも、大好きなパート」と、「Daisy」「IRONY」などのロックバラードを立て続けに光らせれば、タフでありながら優しさをはらむヨンファの歌声が、会場にかけがえのない景色を生み出していった。

終盤にかけては、「holiday」「Catch Me」とエネルギッシュにたたみかけ、客席を圧倒。ときにお茶目に、ときにカッコよく挑発的に煽るメンバーの姿も印象的だった。

アメリカ大陸ツアーを敢行するなど、アジアを代表するバンドのひとつに成長したCNBLUEの人気の秘密を、この番組でたくさんの人に体感してもらいたい。


番組情報

WOWOWライブ「CNBLUE 2015 ARENA TOUR ~Be a Supernova~」
02/11(木・祝)20:00~
<放送予定楽曲>
Supernova
WHITE
HEART song
LOVE
Where you are
In My Head
Lady
Daisy
IRONY
realize
holiday
Catch Me
Cinderella
Radio
Try again, Smile again
ほか

【関連番組】
WOWOWライブ「FTISLAND 5th Anniversary Autumn Tour 2015 “Where’s my PUPPY?”」
02/11(木・祝)18:15~


WOWOW番組サイト
http://www.wowow.co.jp/music/cn/

CNBLUE OFFICIAL WEBSITE
http://cnblue-official.jp/


 

150208-TR-140005 150208-TR-140006

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人