長渕 剛、70名限定でトークイベントを開催。「“本物”だけが、自分とファンの間を繋ぐものだ」

2016.02.08

昨年の8月22〜23日、富士山麓での10万人オールナイトライブで話題を集めた長渕 剛。その長渕を総特集した文藝別冊「長渕剛 民衆の怒りと祈りの歌」が、昨年11月末の発売直後から大きな話題を呼び、即重版。現在4刷3万部を突破している。

本書の刊行を記念して、2月7日、青山ブックセンター本店の大教室にて、長渕自身を迎えてのトークイベント&サイン会が開催された。

およそ5,000名の応募の中から抽選で選ばれた70名のファンの熱気と歓喜に包まれた会場では、聞き手の新鋭ライター、武田砂鉄氏により、様々な長渕の“言葉”が引き出される前代未聞の90分となった。

長渕 剛の登場とともに、会場は長渕コールの大歓声が。客席との距離1メートルの会場で始まったトークライブでは、決死の10万人ライブの最中に感じていたファンとの距離、そしてそれを乗り越えた奇跡の瞬間について、愛犬で戦友レオとの出会と死、そこで知ったあらたな死生観、今の音楽業界に対して“本物”がないと叫ぶ真摯なる思い、さらにファンに対しては「これまでも、そしてこれから自分が届ける音楽に、120%の猜疑の目で聴いてほしい。それでもなお、心に残るものがあれば、それは“本物”だ。その“本物”だけが、自分とファンの間を繋ぐものだ」と語った。

トークイベントのあとに開催された初のサイン会では、会場のファン一人ひとりと会話し、最後には熱い握手でファンを送り届けた。


書籍情報

「長渕剛 民衆の怒りと祈りの歌」(KAWADE夢ムック/文藝別冊)
発売日:2015年11/28日
本体価格:1,300円+税
判型:A5版
ページ数:256ページ


リリース情報

2016.02.13 ON SALE
Blu-ray&DVD「富士山麓ALL NIGHT LIVE 2015」


「長渕剛 民衆の怒りと祈りの歌」の詳細はこちら
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309978765/

長渕 剛 OFFICIAL WEBSITE
http://www.nagabuchi.or.jp/


150208-TR-090001150208-TR-090003150208-TR-090004150208-TR-090005150208-TR-090006150208-TR-090007150208-TR-090008150208-TR-090009150208-TR-090011150208-TR-090010

160208-CI-173000

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人