サム・スミス、奇跡の歌声を披露した来日公演がWOWOWで独占OA

2016.02.06

第57回グラミー賞にて4冠受賞の天才シンガーソングライター、サム・スミスが昨年11月に国立代々木競技場第一体育館で開催した来日公演の模様が、WOWOWにて2月14日に独占放送される。

シックな黒の衣装に身を包んだサム・スミスがステージに登場するや、オールスタンディングで出迎えた会場からは大きな歓声が湧き起こった。

2015年第57回グラミー賞授賞式で最優秀新人賞をはじめ、主要3部門を含む最多4冠を獲得したイギリス出身のシンガーソングライター、サム・スミスの来日公演。当初は5月に予定されていた公演が、喉の不調によりキャンセルになっていたサムが、当初の予定より大きな会場となる国立代々木競技場第一体育館についにカムバックした。

ステージに現れるや悲鳴にも似た歓声がサムを迎え入れると、ライブは「Life Support」からスタート。厳かなムードさえ漂うなか、前半は大ヒットアルバム『IN THE LONLY HOUR』に収録のバラード曲を中心に届けられた。

繊細なギターの調べにのせた「Leave Your Lover」から、ダークでグルーヴィーな演奏が味わい深かった「Nirvana」へ。甘く優しいだけではなく、鋭さやセクシーなニュアンスも覗かせたサムの様々な歌声に、会場が酔いしれていく。

曲の合間には、サムが真摯な表情で「トーキョー! アリガトウ!」と感謝の言葉を伝えると、客席からは大きな歓声が湧き起こった。軽やかなビートが弾む「Restart」では、コーラス隊と共にステップを踏むサムの楽しげな姿に会場の雰囲気も和んでいく。

中盤はバンドメンバーによるセッションを経て、グランドピアノとチェロによる美しい演奏にのせた「Not In That Way」が、エルヴィス・プレスリーのカバー「Can’t Help Falling Love」へと繋がるスリリングな展開がすばらしかった。まるで祈るように歌を紡ぐサムの歌声は、単に“歌が上手い”という領域では語れない、心の奥にある何かを揺り動かすパワーがある。

そして、ライブは圧巻のフィナーレへと向かった。コミカルに弾むサウンドとは裏腹にシニカルなメッセージを孕んだノーティ・ボーイとのコラボ曲「LaLaLa」から、サビの、日本人の耳には“マニオママイ”と聴こえるフレーズが印象的な「Money On My Mind」へと、会場に集まった全員が共に歌い踊る一体感のなかライブは終了した。

本編を終えたあと、観客のスマホの光が会場を埋めつくす、美しい景色を作り上げたアンコールでは、再びステージに現れたサムが「Oh my god!」と喜びの声をあげていた。そのまま、そのライトを左右に振り、幻想的な雰囲気に包まれてバラード曲「Latch」を歌いあげると、ラストソングは誰もが待ちに待った「Stay With Me」だった。会場いっぱいに光が満ち溢れ、サムの美しい歌声に重厚感のあるコーラス、壮大に広がるバンドサウンドと9,000人の歌声が重なり合うピースフルな光景は、まさに至福。世界にたったひとつ、奇跡の歌声を持つアーティスト、サム・スミスは溢れんばかりの喝采のなかステージをあとにした。

なお、このライブのダイジェスト映像が、WOWOWの番組特設サイトにて、期間限定で公開中。2月14日、21時までの公開となっているので、チェックしてみよう。


番組情報

WOWOWライブ「サム・スミス “IN THE LONELY HOUR JAPAN TOUR”」
02/14(日)19:30〜
<放送予定楽曲>
・Stay With Me
・I’m Not The Only One
・Restart ほか
※放送予定楽曲は、変更の場合があります。

【関連番組】
WOWOWライブ『洋楽主義「サム・スミス」』
02/14(日)18:30〜


番組特設サイト
http://www.wowow.co.jp/music/sam/

WOWOW洋楽番組サイト
http://www.wowow.co.jp/music/yogaku/

サム・スミス 日本OFFICIAL WEBSITE
http://www.universal-music.co.jp/sam-smith


12647612_940141672733845_1691396011_n

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人