androp SINGLE「Missing」ディスクレビュー

Missing

SINGLE

androp

Missing

ワーナーミュージック・ジャパン

2013.11.27 release

初回限定盤 <CD+GOODS>
通常盤 <CD>


傷つきながら大人になっていく過程で描かれた喪失感

なんてピュアなバラードなんだろう──と、まずは感じた。しかもストレートで、聴きごたえとしてはかなりシンプル。前作シングル「Voice」は躍動感溢れるポップ・チューンだったが、歌がまっすぐに入ってくるという点では、この「Missing」も同じく。最近のandropはボーカルをメインにした、ダイレクトなサウンドという方向性に寄っている感を抱く。そして楽曲では、過去の恋愛が主人公の心のキズとして残っていて、そのことを思い出すように痛みを感じる様が描かれている。タイトルどおり、喪失感が照射されているわけだ。

それにしても、こんなにまで純粋な歌がどうして今出てきたのか? と思いきや、この曲自体はバンドの初期の頃からあった楽曲だという。なるほど、デビュー以降、つねに進化と変遷を重ね、道中では複雑なプロダクショニングもモノにしてきたandropだが、これは彼らがハイ・レベルな次元を通過していくよりもはるか以前に生まれていたわけだ。つまりこれは若さゆえの衝動が大きく作用している歌なのだろう。

最も、ストレートでシンプルな印象を受けたとはいえ、今のandropがなんの含みもない簡素さに回帰しているわけではない。サビでファルセットに転換する内澤崇仁の唱法や、1コーラス目と2コーラス目でコントラストを変えてみせるアレンジなどは、多くの経験を積んだ今だからこそ実現できるスキルに違いない。

ところで僕は、内澤の歌には少年から大人になっていく過程での混沌とした感情が横たわっていて、それはその声質にも表れていると考えている。そしてこれらはandropというバンドの個性の一端でもあると思うのだ。この“大人になること”という命題は、日本のポップ・ミュージックがずっと歌ってきた大きなテーマのひとつなのだが(それは例えば“恋愛”“孤独感”“夢”といったモチーフと同等に重要な事項である)、この曲には、まさにそれを言及したフレーズがある。そう、先ほどのファルセットになるサビの「傷ついて傷ついて 人は皆大人になると言う」の箇所だ。だからここが高いキー……青さを強く感じさせる声で歌われることには、実に大きなニュアンスを感じる次第である。

さて、もはやアリーナ級の会場でライブをやるようにまでなった彼らだが、初期段階で書いたこのピュアな曲を今歌ったことで、過去の自分たちの若さや青くささを思い返した瞬間があったのではないだろうか。当時より、少なくとも年齢や経験値は着実に大人になっていることを、現在の彼らはどう感じ、どう思っているのか? また逆に、どんなところが変わり、どんなものを得て、はたまた何か失ったものもあったりはしないだろうか? そんなところまで想像しながら聴くと、思いをより深く巡らせることができる曲ではないかと思う。

(青木優)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人