エレファントカシマシ SINGLE「あなたへ」ディスクレビュー

あなたへ

SINGLE

エレファントカシマシ

あなたへ

ユニバーサルシグマ

2013.11.20 release

初回限定盤/写真 <CD+DVD>
通常盤 <CD>


新生エレファントカシマシによる人間賛歌

人は何のために生きているのか? その問いに答えることは難しい。おそらく絶対的な正解などないだろう。だが、「あなたへ」はそのひとつの力強い根源的な回答のようにも響く。ボーカル&ギターの宮本浩次の難聴によって昨年秋からライブ活動を休止していたエレファントカシマシの復活第1弾シングルなのだが、彼らは病気になったことすらも音楽制作の原動力にしているようだ。まず宮本の柔らかくて温かな歌が素晴らしい。かすかにファルセット混じりの歌声で、さりげない抑えたタッチで始まるのだが、最終的には穏やかさの奥から揺るぎない想いが伝わってくる。音楽スタイルとしてではなくて、言葉本来の意味でソウルフル。だから聴き手の胸の奥深くに染み込んでくる。そしてその深みのある歌声とバンドの奏でるサウンドとが絶妙にマッチしている。編曲で亀田誠治も参加。バンド・サウンドを生かしたストリングスも見事。

収録されている3曲はどれも休養中に制作されたとのことだが、特にタイトル曲「あなたへ」は彼らのあらたなる始まりを告げる作品と言えそうだ。耳が聞こえないということはミュージシャンにとって死の宣告にも近いものだろう。死を身近なものとして意識することは生を実感することにも繋がっていく。「あなたへ」から伝わってくるのは生きる喜びであり、他者との繋がりのかけがえのなさである。「すべてはあなたへ」というフレーズが圧倒的な説得力を持っているのは宮本の実感がそのまま素直に表現されているからだろう。他者との繋がりが生きていくうえでの大きな糧となっていく。そしてまたこれは自分の人生の営みが“あなた”の糧でありたいという願いの歌でもありそうだ。

宮本の個人的な想いをバンドの音楽として昇華していけるところにエレカシのエレカシたるところがある。2曲目の「はてさてこの俺は」は歌とアコギとドラムで始まり、2コーラス目からエレキ・ギターとベースが加わり、やがてバンド・サウンドが全開になっていく。「はてさてこの俺は」の“俺”が“俺たち”になっていくかのような瞬間のスリル。バンド・サウンドの醍醐味がここにある。「この円環のなかを」は演奏する気配までもが見えそうな彼ら流のブルース・ロック。デビュー25周年のバンドならではの味わい深さと濃さと、生まれたばかりのような瑞々しさとが共存するシングルだ。

(長谷川誠)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人