KEYTALK SINGLE「コースター」ディスクレビュー

コースター

SINGLE

KEYTALK

コースター

Getting Better/ビクターエンタテインメント

2013.11.20 release

初回限定盤 <CD+DVD>
通常盤 <CD>


’10年代の新旗手にふさわしい、才能溢れる4人組バンド

2009年の結成以来、着実に活動を続けてきた4人組バンド、KEYTALKのメジャー・デビュー・シングル。キャッチーなメロディ、安定感のあるバンド・サウンドと時折りのぞかせるテクニカルなアレンジ、そして何よりツイン・ボーカルが聴かせる多彩な表情が彼らの持ち味だ。

タイトル曲「コースター」は爽やかなメロディとキレのいいサウンドがまっすぐに伝わる曲で、4つ打ちのダンサブルなリズムによって一瞬にして彼らの世界へと引き込まれる。モヤモヤとした恋愛の痛みをストレートに書いた歌詞も印象的で、“四十五度”の角度の顔が頭から離れない経験は誰にでもあるはず。“言えない”苦しみから“癒えない”気持ちへと、どうしようもないもどかしさを切なく描き出す。

そして、今回収録されているほかの楽曲も、タイプは異なるがバンドが持つ多様な側面をうかがわせる個性派揃い。ライブで盛り上がること必至のアップ・テンポな「スポットライト」は、滑らかなメロディを全面に打ち出しながらも細かい工夫が施されたリズムがアクセントを与えるナンバー。スピーディーな心地よさに溢れている。対照的にしっとりとした「Winter March」は、そのタイトルが物語るように冬の情景に心情をダブらせる美しい曲。夜から朝へと移り変わる間に変化する繊細な気持ちを描く歌詞もじっくりと響いてくる。伸びやかなメロディの「OSAKA SUNTAN」は、バンドの一体感を感じさせながらも様々なアイデアが盛り込まれた曲。夏を描く歌詞と歌がキラキラしたギター・サウンドとともに届けられる。

確実な存在感と未知の可能性。フル・アルバムになるとさらに開花しそうな幅広い音楽性と卓越したテクニック。限りなく大きなポテンシャルを秘めたバンドの今後が楽しみだ。

(岡本明)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人