ツイッター会長が“唯一”フォローする日本人姉妹のアーティスト

TEXT BY フジジュン

ツイッター会長がフォローしているのは、無名の日本人アーティスト

 「イギリスの超金持ちセレブに演奏依頼を受け渡英」というトンデモ・エピソードを先日お伝えした、チャラン・ポ・ランタン。奇妙なユニット名を持つそのアーティストを知らない人がほとんどであろうが、それもそのはず、7月9日にメジャー・デビューする、まだ“知る人ぞ知る”存在。ボーカル・ももとアコーディオン・小春の実の姉妹による2人組ユニットは、ファンタジーと鮮やかな毒が同居する独創的な音楽世界を展開し、“中毒者”を増やし続けている。

 そんな彼女らは「あのツイッターの創設者であり、現在ツイッター社の会長を務める、ジャック・ドーシー氏が唯一フォローしている日本人アーティスト」であるという情報も入手! なぜツイッター社の会長がメジャー・デビュー前の日本人アーティストをフォローしているのか? その真相を確かめるべく、チャラン・ポ・ランタンに直接取材を試みた。

メガネを舐めまわしたりして、結構めちゃくちゃやってきました(笑)

 2006年、エヴァン・ウィリアムズ氏と共にツイッター社を創業したジャック・ドーシー氏。ツイッターを世界的ツールに成長させた後、2009年にiPhoneなどのスマートフォンをクレジットカード決済端末にする“Square”というサービスを開始。その“Square”の日本上陸パーティーにゲストとして呼ばれたのが、チャラン・ポ・ランタンだった。
「“日本でサーカスっぽいアーティストはいるか?”って、私たちが呼ばれて。万国旗が飾ってあるパーティー会場で、ライブしてきました。最後の方は“フォロー・ミー!”って叫びまくって(笑)」(小春)

 パーティーでは、「愛の讃歌」を歌いながらお客さんに絡むという、普段のライブでもお馴染みのパフォーマンスを見せるが、この日絡んだ相手はジャック・ドーシー氏!
「ジャック・ドーシーさんに絡みまくって、メガネを舐めまわしたりして、結構めちゃくちゃやってきました(笑)」(もも)
「なんか喜んでたみたいだったよね? その後にジャック・ドーシーさんにフォローされたんですけど、ライブ中も6秒の動画を撮って、呟いてくれてたみたいです」(小春)

誰かがネットのまとめにして載せてくれました

 という経緯があって、全世界に230万人のフォロアーを持つ、ジャック・ドーシー氏にフォローされたチャラン・ポ・ランタン。230万人のフォロアーからの反応や反響もさぞあっただろうと思いきや……。
「う~ん、よくわからないけどとてつもなくフォロアーの多い外国人さん数人にフォローされたくらいですかね?(笑)」(小春)
「あとはネットのまとめで“Jack Dorseyがフォローする謎の日本人歌手「チャラン・ポ・ランタン」の正体”って誰かが載せてくれて。それはありがたかったですね」(もも)
 と、本人たちはジャック・ドーシー氏にフォローされるということの重大さに、さほどピンと来ていないご様子(笑)。
「ツイッター上でよく絡んでくれる外国の方とかいて。ありがたいんですけど、英語だから何言ってるのか、よくわかんないんです(笑)。逆に私たちの呟きは日本語だから、ジャック・ドーシーさんも私たちをフォローしたところで、何言ってるかわからないと思うんですどねぇ……(笑)」(小春)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人