乃木坂46流のサマー・チューンが完成!

乃木坂46流のサマー・チューンが完成!

乃木坂46

Part.2「夏のFree&Easy」

発売直前! 夏を感じさせる疾走感が心地よい、ニュー・シングル「夏のFree&Easy」を徹底解剖。まずは、表題曲について松村沙友理、高山一実、堀 未央奈の3名に聞く。

INTERVIEW & TEXT BY 田中 大
PHOTOGRAPHY BY 冨田 望


たぶん……ふんどしだよ!(笑)

──「夏のFree&Easy」は、どんな印象で捉えていますか?

松村沙友理 めっちゃ盛り上がる曲なんですけど、どこか乃木坂46らしい切なさが含まれていると思います。あと、歌詞がいろいろ気になっています。“水着より開放的に…”ってどういうことなのかな? とか。

高山一実 たぶん……ふんどしだよ!(笑)

──斬新過ぎる解釈(笑)。

松村 (笑)。聴いてくださる方々にもいろいろ考えていただける歌詞なのかなと思います。

高山 女性の方々にもぜひ聴いていただきたいですね。“告白できることって 最高だよね”っていうところがありますけど、これを聴いて男の子に告白とかをしてくれたらうれしいです。恋愛ソングを歌うたびに、私はそういうことを思っています。曲を聴いてそういう気持ちになってもらえたら、私たちの任務は完了です!

堀 未央奈 今回は、夏だから積極的に何かをしよう! っていう内容ですけど、恋に限らず、部活や趣味とかにも当てはめて聴いてもらえるのかなと思います。これを聴いて、皆さんそれぞれに青春してほしいです。

R-140703-YS21

夏が似合うアイドルです!!

──たしかに、夏はいろんなことにチャレンジしたくなる季節ですよね。それこそ、乃木坂46の1期生ふたりがオーディションを受けたのは、2011年の夏じゃないですか。

高山 そうでした!

松村 本当! そのことによって人生が変わりました。私も夏だからやっちゃいました(笑)。夏期講習中にオーディションを受けてしまいましたので。

──2期生の堀さんは、元々乃木坂46のファンだったわけですけど、ファン目線からの乃木坂46のサマー・チューンの魅力ってどういうところだと思いますか?

 “ザ・アイドル”っていうところですね。どの曲も爽やかで、私が言うのもなんですけど、みんなかわいい(笑)。観て、聴いて清々しいです。乃木坂46は、夏が似合うアイドルです!!

──きれいな先輩ばかりですし。

 はい!

高山 いやいやいや~(照)。

──今回、堀さんは高山さんの隣のポジションじゃないですか。

 そうなんです。めっちゃ喋ってくれて楽しいです。

高山 私も楽しいです。乃木坂46公演“「16人のプリンシパル」trois”で2期生とすごく話すようになって。堀ちゃんとは最近も一緒にいる機会が多いので、どんどん仲よくなりました。この間も空き時間に一緒にステーキを食べに行ったんですよ。先輩だからおごったらかっこいいと思ったんですけど……なんとお財布に2,000円しか入っておらず(笑)。こんな先輩で申し訳ない!

 いえ、とんでもないです(笑)。

R-140703-YS22


さゆりんごパンチするよ!

──(笑)。松村さんはどんな先輩ですか?

堀 「一緒に写真撮って!」とか、すごく話しかけていただいています。

松村 私、2期生のみんなに最初の頃「りんご姫って呼んでね」って言ったんですよ。

高山 言ってたね。

松村 でも、誰も呼んでくれないんですよ! 最初は呼んでくれる子たちもいたんですけど。

高山 2期生も空気を読み始めたな(笑)。“呼んでね=呼ばなくていい”っていう意味のフリだと思ったんじゃない?

松村 違うよ~。

高山 「絶対呼ばないで!」って言えば、逆に呼んでくれるかもよ。

松村 なるほど。「りんご姫って呼んだら、さゆりんごパンチするよ! どうなっても知らないからねっ」って?

高山 うん(笑)。

松村 ほっちゃん(堀 未央奈)も「松村さん」って呼んでいるじゃない!

 はい。

松村 それが私は不満(笑)。

──今、「めんどくさい先輩だな……」って思いませんでした?

 そんなことないですよ~(笑)。

R-140703-YS23

リリース情報

2014.07.09 ON SALE
SINGLE「夏のFree&Easy」
Sony Music Records

J-140703-YS1

[初回仕様限定盤A/CD+DVD]¥1,528+税
[初回仕様限定盤B/CD+DVD]¥1,528+税
[初回仕様限定盤C/CD+DVD]¥1,528+税
[通常盤/CD]¥972+税

詳細はこちら

ライブ情報

乃木坂46 真夏の全国ツアー2014
詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人