斬新且つ個性的!溢れるアイデアの宝庫。リリックビデオ特集

ミュージック・ビデオの新たな手法!

TEXT BY 高野克仁

今や音楽はダウンロードしてスマホやパソコンで聴く! そんなスタイルが主流となり、CDで歌詞カードをじっくり……という人は少数派になってきてしまったようです(少し淋しい気もしますが……)。そんな中、ミュージック・ビデオの分野では、歌詞の意味や世界観をより強く深く伝えるために、通常のミュージック・ビデオとは別に歌詞を題材にした“リリック・ビデオ”というものが、ポピュラーになってきました。このリリック・ビデオにはシンプルながらも、歌詞を活かした斬新なアイデアがたっぷりと表現されたものが多く発表されています。ということで、今回はユニークなリリック・ビデオをセレクト。オリジナル・ビデオとの見比べもしてみてはいかがでしょうか。

Perfume
「Hold Your Hand [Lyric Video](short ver.)」

斬新なアイデアながらも、どこか手作り感のあるところもリリック・ビデオのいいところ! それにしても、このカット数の多さはすごい!


JUJU
「守ってあげたい リリックビデオ」

静止画と文字によるシンプルな構成ながらも、逆にそれが強烈なインパクトを生み出しています。写真のみんなも良い顔していますね。

オリジナル版


Scott & Rivers
「HOMELY GIRL」

ウィーザーとアリスターという世界を代表するロック・バンドに在籍するふたりが、日本語で歌うだけでなく、書くことにも挑戦。「間違いがあるかもしれませんが許してね」なんて言っていますが、かなり上手にかけていますよ。

オリジナル版


UVERworld
「7日目の決意”Silent lyric Video”」

ホワイトバックの映像に文字だけで音声は一切なし! 歌詞を噛み締めることができる、まさにシンプル・イズ・ベストな作品。これぞリリック・ビデオの究極の形!?

「7日目の決意 vol.02」演奏シーン付きのバーションです。


安藤祐子
「世界をかえるつもりはない リリックビデオ」

本人による手書きの歌詞とイラストで構成された作品。細めの書体が、曲や歌声が持つ繊細な雰囲気を見事に表現しています。

オリジナル版

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人