UVERworld -昨年末、日本武道館での「MONDO PIECE」で起こった合唱から繋がる曲!

UVERworld - 昨年末、日本武道館での「MONDO PIECE」で起こった合唱から繋がる曲!

UVERworld

Part.5「Ø choir」

ニュー・アルバムのタイトルでもある「Ø choir」。“始まりの合唱”という意味を持つ、この曲にTAKUYA∞が込めた想いとは? 曲の誕生秘話とともにお届けします! そして、このアルバムの中にあるアノ写真の謎について、メンバーから語られる!

INTERVIEW & TEXT BY 本間夕子
PHOTOGRAPHY BY 石黒淳二(go relax E more)
HAIR & MAKE BY 渡邉幹太郎(Octbre.)
STYLING BY 上井大輔(demdem inc.)


みんなが合唱して、一人ひとりが想いを染み込ませていく、そんな楽曲

──ラストは表題曲でもある「Ø choir」。

TAKUYA∞ アルバムを象徴するような曲。合唱をイメージしたんです。 

──“CHOIR”には“合唱隊”という意味がありますもんね。

TAKUYA∞ 昨年末に日本武道館で「MONDO PIECE」をやったときにすごい合唱が起きて、それも一体感に繋がってくるんですけど、感動したんですよ。僕らのライブは僕らがそれまでにやってきたことのお披露目じゃないんです。“オマエが主役や”みたいなことを、僕はライブでよく言いますけど、見てくれた人がそこで感じたものを糧に次に繋げてくれたりとか、ホンマそういうものであってほしくて。この曲も、みんなが合唱して、一人ひとりが想いをしっかり染み込ませていく、そんな楽曲になってほしかった。詞の世界も僕のパーソナルな想いでありながら、みんなの“不特定多数の自分”も重ねられるようなものが書けたんです。最初に“『Ø CHOIR』ができたことで次に行ける”って言いましたけど、この曲は“これまで”と“次”のちょうど中間というか、次でパキンと色が変わるんじゃなくて……。

──グラデーションみたいな。

TAKUYA∞ そうそう、いちばんいいバランスで。「Ø choir」=始まりの合唱、という意味でも、これはすべてを象徴していると思ってます。

──本当にいい曲ですよね。素晴らしい。

克哉 ね? “はい、きたーー!”と思いましたもん。

──この作曲も彰さんとTAKUYA∞さん。

 最初にTAKUYA∞くんから「なんかトラックある?」って言われて「まだ途中やけどあります」って聴いてもらったら“あ、ノるな、これは”って。

TAKUYA∞ たぶんこれ、サビとかもなかったよな。前奏とAメロぐらいで「ここからちょっと膨らませようと思っているんです」って言ってた。

 うん。

TAKUYA∞ そういう段階で聴かせてもらうことってあまりないんですけど、聴いた瞬間、“ノる!”って思ったんですよ。すでに浮かんでいるから先に歌いたいって。その日のスタジオ作業が終わってからだったんで、もう信人と彰と俺の3人しか残ってなかったんですけど、20分だけ待っててもらって歌ったんです。そのときに“何もしてあげれなくてゴメン~(中略)~隣に居てくれる人の美しさに気づけない”っていう詞もそのまま出てきて。これはいける、っていうところから始まったんです。

 めっちゃ覚えてますもん、その日のこと。

──なんだかもう鳥肌が立ちそうな。

 帰ってからのビールがおいしかったです。すげぇ朝でしたけど(笑)。でも幸せでした。

C-140628-FY-1958

真太郎でいうドラムが、俺でいう信人(笑)

──現時点、最高傑作と言えるアルバムだと思います。それなのに中ジャケットの最後の写真はなんですか? あれ。

克哉 最後とその前のね。気になるでしょう?(笑) 

──そうそう。真太郎さんが……。

真太郎 僕、肩壊したと思いましたから。よい子は真似しないでください。

──いやいやいや(笑)。

克哉 しかもあれ、俺が使ってる大太鼓ですからね(笑)。

──誰が言い出しっぺだったんです?

克哉 TAKUYA∞が信人を投げたいって。

TAKUYA∞ いや、始めは真太郎のを撮りたかった。コイツ、こんなに面白いのに写真とかを見てると全部普通なんですよ(一同爆笑)。普通の暗い奴に写ってて。それを知ってもらうために、もっと何かないかなぁと思って、コイツがドラムを投げてる姿を撮りたいな、と。コイツでいうドラムが、俺でいう信人(笑)。

誠果 おぉ~。そこ、繋がる?

TAKUYA∞ でもそれってすごくUVERworldを表している気がするんですよね、今のUVERworldのいろんなものを。メンバー間の仲良さやったりとか、ライブでの荒くれ方やったり、あり得へん状況をどんどん作っていたりとか。ホンマ最高です。

──信人さんのあのポーズ、難しそうですよね。

信人 いや、あれは寝ていたら急にTAKUYA∞がバッと投げられて。“寝てたのに!”みたいな(笑)。

──詳しくは見てのお楽しみということで。

克哉 ジャケット撮影やのに、こっちを撮ることに全員が夢中になってましたからね。撮影スタッフもレコード会社の人も。みんながふざけてくれるのがすごくいいんですよ。そういうものを作れたことが幸せですね、本当に。

リリース情報

2014.07.02 ON SALE
ALBUM『Ø CHOIR』
ソニーミュージックレーベルズ 

J-140630-BA-1057

【写真:初回限定盤CD+DVD】¥3,700+税
【通常盤CD】¥3,000+税

詳細はこちら

ライブ情報

UVERworld LIVE TOUR 2014

詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人