心理学者に聞く、音楽で彼氏の浮気を防止する方法とは?

2014.07.05

PHOTO:© Piotr Marcinski – Fotolia.com

アナタの彼氏で試してみる? 音楽を使った浮気防止の方法

信用はしているけれど、ついつい彼氏の浮気や移り気を心配してしまうのが女性というもの。だからといって何も対策を打たないのもまた不安になり、負のスパイラルに陥りかねないほど浮気はデリケートな問題だ。

そもそも男性を浮気に走らせる心理とは何なのだろうか。心理学の教鞭を振るう大月短期大学の兼任講師・川島洋氏に話を伺った。

「男性が浮気する理由は、一度捕まえたものには興味がなくなってくる心理からです。男性はすっかり“彼女は自分のものになった”と安心してしまうんですよ。だから“自分はまだ捕まっているわけではないよ”というメッセージを彼に伝える必要がある」(川島氏)

そこで有効となるのが、「浮気したら……○○だからね」という警告とともに、彼氏に浮気後の末路を歌う曲を聴かせるという二段構えだというわけだ。川島氏監修のもとで選曲を行った。

平松愛理「部屋とYシャツと私」

全体的に結婚を意識した女性の歌という印象で一見、幸せそうな雰囲気が漂う。だが、以下のフレーズで状況は一変するので、ぜひカラオケの際には強調してみてほしい。
“あなた浮気したら うちでの食事に気をつけて 私は知恵をしぼって 毒入りスープで一緒にいこう”

中島みゆき「うらみ・ます」

私のもとを去っていく男性に“うらみます うらみます あんたのこと死ぬまで”の歌詞が印象的な一曲。さすがに歌うことは厳しいかもしれないが、「浮気したら恨みます」という決意を込めて何気なく彼のいる時に流してみてもいいかもしれない。

Cocco「カウントダウン」

浮気された女性が彼氏のことを恨み、最終的に謝罪させて撃ち殺すというショッキングな内容。“まだ間に合うわ今なら。まだ戻れるわ急いで。あの女にはできない。この想いには勝てない。さぁ早くして撃ち殺されたいの?”。彼が浮気をしているかもと核心を持てたのなら、セレクトしてみてはいかがだろう。

「わざと不倫の曲を歌ったり、浮気したら○○といった曲を彼の前で聴かせることで、彼に不安を与え、自由に行動している状態を制限します。これを心理学では「心理的リヤスタンス」言います。それまで当たり前にいた彼女が“あたりまえじゃないんだ”と思わすことができるのです」(川島氏)

付き合い始めた頃より、彼の態度が変わってきたなら、それは安心しきって浮気心が出てきた証拠。そんな彼に浮気防止ソングで釘を打ち、浮気に恐怖心を植え付けてみてはいかが?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人