月刊 レジーのMステ定点観測 〜第2回 6月放送分〜【前編】

月刊 レジーのMステ定点観測 〜第2回 6月放送分〜【前編】

M-20140701-MK-1942

レジー(音楽ブロガー)


先月から始まった『ミュージックステーション』がテーマの当連載、今月は前編・後編に分けて公開します。小話の対象となるのは6月に放送された4回分のMステ。ワールドカップで寝不足の皆様も、ぜひ最後までお付き合いください。あるいはハーフタイムの時間つぶしにどうぞ。

ワールドカップが開幕し、サッカー・ソングが百花繚乱!!

大きなスポーツイベントが行われる際には、「テーマソング」として大物アーティストの新曲が使われるのが昨今のお約束。例えばNHKにおけるワールドカップのテーマソングに限っても、2010年の南アフリカ大会ではSuperfly「タマシイレボリューション」、2006年のドイツ大会ではORANGE RANGE「チャンピオーネ」、2002年の日韓大会ではポルノグラフィティ「MUGEN」と豪華な顔ぶれが並びます。この手の曲で個人的に好きだったのは、TBSが放送したサッカー欧州選手権UEFA EURO 2008のテーマソングだったDragon Ash「Velvet Touch」。軽快な曲調が華麗なパス回しと鮮やかなゴール・シーンにリンクして、眠い目をこすりながら中継を見る深夜の気分を盛り上げてくれました。

現在開催されているワールドカップ ブラジル大会でも、いろいろなアーティストが「テーマソング」をリリースしています。Mステもその流れに乗らないわけにはいかないということで、6月20日の放送回では“サッカー応援ソングSPメドレー”と題して関連する楽曲が3曲まとめて披露されました。

椎名林檎「泣いちゃいました、悔しくて」

椎名林檎「NIPPON」(NHKワールドカップ中継のテーマ曲)は、日本代表へのエールが歌詞に詰め込まれたストレートなロック・チューン。様々なタイプの曲を作れる彼女ですが、僕としてはこういう「疾走感100%!」にメーターを振り切った作品がいちばん好きです。制作に関して「今まで味わったことのないプレッシャーを覚えた」とのコメントを自身のサイトに寄せていましたが、NHK側から力の入ったオーダーがあったのでしょうか。日本代表のメンバー発表と同時にこの曲が公開されたとき僕のテンションは最高潮に達していましたが、まさかこんな形でザックジャパンの4年間が終わってしまうとは……放送日当日の朝には日本vsギリシャ戦がありましたが、林檎さんも「泣いちゃいました、悔しくて」と話していました。

歌詞に全出場国が入ったNEWSの驚愕曲

日本代表にフォーカスした椎名林檎に対して、NEWS「ONE -for the win-」(日本テレビワールドカップ中継のテーマ曲)は歌詞に出場32ヵ国の国名が全て入っているという驚愕の1曲。企画概要だけ聞くと「!?」という気がしますが、なかなかどうしてカッコいいダンス・ナンバーになっているのが日本の歌謡曲文化を支えてきたジャニーズの懐の深さとでもいうのでしょうか。“Côte d’Ivoire Ecuador and Uruguay Argentina we go”の展開が気持ち良いです。

NEWS手越とサッカー仲間でもあるナオト・インティライミも

番組内でNEWSの手越祐也とは「サッカー仲間」で前回のワールドカップも一緒に観戦したというエピソードを語っていたナオト・インティライミは、「ブラジル」らしくサンバ風の打楽器をフィーチャーした「The World is ours!」(コカ・コーラ「2014FIFA ワールドカップキャンペーン」テーマ曲)を披露。「前向きで感謝しがち」な作風(という偏見)がネット上では揶揄の対象になりがちですが、お祭りなんだからこのくらい楽しくいきたいところです。

ウカスカジーで出演した桜井和寿のコメントにも注目

ブレイク前のナオト・インティライミがMr.Childrenのツアーにコーラスで参加していたのは知られた話ですが、かのバンドのフロントマンである桜井和寿がGAKU-MCと組んだユニット、ウカスカジーも6月13日の放送回に出演していました。演奏された「勝利の笑みを 君と」は“日本代表公式応援ソング”だけあってまさにサッカー・チームの応援歌のようなサビが印象的ですが、「歌詞」ではなく「叫び」で合唱を煽るようなこの曲についての「誰の人生とも誰の恋愛ともリンクしなくても、サッカーを応援したい気持ちだけは上がるような、そういう曲です」という桜井さんのコメントに何とも言えない感情を覚えてしまいました。そこまでミスチルとの違いを強調しなくても……この日は日本代表のユニフォームを着た観客を前にしてのパフォーマンスでしたが、あの格好の若者が集まって盛り上がっているとどうにも「渋谷のスクランブル交差点」感が出てしまいますね。

前編はサッカーに関するネタに絞ってお届けしましたが、いかがだったでしょうか。後編ではCOLDPLAY、きゃりーぱみゅぱみゅ、NMB48、AKB48について取り上げます。更新予定日は7月2日(水)です。お楽しみに!

【6月6日放送分】
きゃりーぱみゅぱみゅ「きらきらキラー」
木村カエラ「Butterfly」「OLE!OH!」
KAT-TUN「In Fact」
平井 堅「いとしのエリー」
松本孝弘「New Horizon」「#1090 千夢一夜」

【6月13日放送分】
キング・クリームソーダ「ゲラゲラポーのうた」
絢香「にじいろ」
Hey! Say! JUMP「Come On A My House」「Ready Go」
ウカスカジー「勝利の笑みを 君と」
COLDPLAY「Viva La Vida」「A Sky Full Of Stars」

【6月20日放送分】
NMB48「イビサガール」
ナオト・インティライミ「The World is ours!」
NEWS「ONE -for the win-」
椎名林檎「NIPPON」
ももいろクローバーZ「泣いてもいいんだよ」
アリアナ・グランデ「Baby I」「Problem」

【6月27放送分(2時間SP 有名人も選んだ私の応援ソングランキング)】
舞祭組「てぃーてぃーてぃーてれって てれてぃてぃてぃ ~だれのケツ~」
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」
miwa「君に出会えたから」
TOKIO「宙船(そらふね)」「AMBITIOUS JAPAN!」「LOVE YOU ONLY」
いきものがかり「ラブソングはとまらないよ」「YELL」
AKB48「ラブラドール・レトリバー」「フライングゲット」

<<第1回 第2回前編 第2回後編>>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人