今年は何を願う?素敵な夜を演出する七夕ソング特集

音楽に願いをこめて……

TEXT BY 高野克仁

7月最初の主要イベントといえば七夕! 織姫と彦星は1年に1度、7月7日のこの日だけは天の川を越えて逢うことを許されたという、なんともロマンティックなストーリーですが、今回はそんな七夕にもぴったりのドラマティックな名曲ミュージック・ビデオをセレクト。今年の七夕は、星はもちろん音楽にも願いを込めてはいかがしょうか。

BUMP OF CHICKEN
「天体観測」

このビデオのように、幼い頃は友達と一緒に望遠鏡をかついで天体観測をしたなんて人もいるはず。大人になると夜空を見上げることも少なくなってしまうものですが、今年の七夕はぜひ天体観測してみてはいかがでしょう?


スピッツ
「涙がキラリ☆」

七夕ソングの代名詞ともいうべきこの曲ですが、ビデオでは意外にも(?)星空のシーンなどは使われていません。ちなみにこの曲がリリースされたのは、平成7年7月7日でした。


福耳
「星のかけらを探しに行こう Again」

映像は極めてシンプルなものの、曲はとてもロマンティックでドラマティック。七夕には欠かせない1曲です。


flumpool
「星に願いを」

スピーディーかつドラマティックな映像から好きな人を思う焦燥感が伝わってくる1曲。七夕にもぴったりです。


SEKAI NO OWARI
「スターライトパレード」

彼らのファンタジックな音世界は七夕のようなロマンティックな夜にはぴったり。今年の七夕は天気に恵まれ、スターライトパレードとなるのでしょうか……。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人