勉強前にはEXILEを聴くと良い?テスト前に聴くと効果がある音楽

2014.07.01

PHOTO:© kim – Fotolia.com

「モーツァルトを聴くと集中力が高まる」という説が一般的だが……

試験や資格の勉強のお供に、音楽を取り入れているという人は少なくないはずだ。もし、その聴いている曲が、集中力を高めることができ、勉強の効率を良くするとしたら、どんなに素晴らしいことだろう。

一般的に知られている音楽の効果として、科学誌『ネイチャー』での実験レポートで実証済みである「モーツァルトを聴くと集中力が高まる」という説が有名だ。モーツァルトの曲の周波数には、小川のせせらぎをはじめとする自然音が発する「1/fのゆらぎ」が含まれており、リラックスして集中できる状態にするα(アルファ)波が発生すると言われる。

心理学者によるおすすめの勉強BGM

だが、「もしクラシックが苦手であれば、勉強の際に無理して聴く必要はない」というのは、心理学の教鞭をふるう大月短期大学の兼任講師・川島洋氏だ。

「確かにモーツアルトの効果は一般論としてその通りです。しかし、その人に合った好きな曲が良いのもまた事実ですし、同様な効果が望めます。というのも、お気に入りの曲を聴くことで、脳内物質のセロトニンが出やすくなり、やる気が増して集中力が高まるからです」(川島氏)

意外にもモーツアルトに限らず、各人が慣れ親しんだ大好きなナンバーで問題ないというから驚きだ。それでは、川島氏にさらに詳しく解説をしてもらった。

◎勉強のスタート期

「アップテンポかつライブで盛り上がる選曲がいいです。曲調でいえば長調。曲を例えるなら、EXILEの「Rising Sun」などテンションがあがる系の曲がベストです」

◎勉強の合間に

「リラックスできる曲をBGMに選択することで気分転換することができるのでおすすめです。病院の手術でもこの方法を取っているところがあり、心が安らぎ集中力を高める効果があります。エンヤとかいいかもしれませんね」

◎数学にはBGMが良い

「公式を用いて計算したり、証明問題で時間がかかるようなプロセスを踏むような科目は、必須。でも暗記科目にはBGMが逆に邪魔になる可能性もあるので注意です」

定番のモーツアルトはもちろん、川島さんの意見を参考に自分だけの勉強専用プレイリスト作るべく、曲のストックを増やしてみてもいいかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人