「カノ嘘」から生まれたシンデレラ・ガール、大原櫻子待望の新曲!

「カノ嘘」から生まれたシンデレラ・ガール、大原櫻子待望の新曲!

大原櫻子(from MUSH&Co.)

映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の全国ヒロイン・オーディションで、5,000人の中から選ばれ、ヒロイン小枝理子役を見事に演じた大原櫻子が待望のリリース! どの世代からも共感出来る歌詞、前向きに「頑張ったっていいんじゃない」と思える新曲の魅力をたっぷりお届け!

INTERVIEW & TEXT BY 武市尚子


まず、“この歌を歌えるようになりたい!”って思ったんです

──大原櫻子が、映画「カノジョは嘘を愛しすぎている」のヒロイン小枝理子として、MUSH&Co.のボーカリストとしてデビューして、もうどれくらいが経った?

大原 もう半年くらいですかね?

──まだそんなもん?

大原 映画が公開されてからだと半年なんですけど、ヒロイン役のオーディションを受けて、撮影をして、MUSH&Co.としてインタビューをしていただいた頃から数えたら、1年半弱くらいになるんですかね? ん〜。早いですね〜! でも、まだまだ慣れないんですよ! どうしようって思うくらい慣れなくて(笑)。どうしましょう?

──あははは。高校は無事卒業したの?

大原 はい! おかげさまで卒業しまして、今、大学生です。大学生になって、最近は自分のやりたいことに時間を使えるようになったし、地方でもライブをやらせてもらったりもしているので、自分の大好きなことを一生懸命やれている感じです。

──ライブはどういう形態で?

大原 今は、MUSH&Co.のメンバーのユウちゃん(吉沢亮)、ソーちゃん(森永悠希)は居ないんですけど、サポートメンバーの方たちと一緒にバンド編成でライブをやったり、“トマコナさん”って呼んでいる私の制作ディレクターさん兼アコースティックバージョン・メンバーと一緒にアコースティック編成のライブをやったりしているんです。

──サウンドストーリー・アルバム『映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」〜MUSIC BOX〜』もすごく評判が良かったんだよね。

大原 ありがとうございます! 映画を見てからアルバムを聴いてくださった方たちが多かったのもあって、すごく歌詞の世界観に共感して下さったんです。MUSH & Co.の「明日も」も、たくさんの方たちに聴いてもらえて、本当にうれしく思っています。このアルバムは、映画の音楽プロデューサーであった亀田誠治さんがプロデュースしてくださったこともあって、とても映画とリンクしていたので、皆さんがより映画の世界観に入り込んで聴けたんじゃないかなと思ってます。

──今回、映画からのスピンオフ・シングルとして「頑張ったっていいんじゃない」をリリースするわけだけど、これは小枝理子ではなく、大原櫻子として歌っている感じ?

大原 そうですね。だんだん、ライブで歌っていくうちに、大原櫻子として歌えるようになってきたように思っているんです。今回のシングルも亀田さんに作詞・作曲・プロデュースしていただいたんですけど、1回聴いただけで耳に残ったくらい素敵な曲で。やっぱり亀田さんすごいなぁ〜って感動したんです。でも、音の高低差がすごく激しくて、最初は“私に歌えるかな?”って思ったんです。すごく素敵な曲だったし、まず、“この歌をうたえるようになりたい!”って思ったんです。頑張らなくちゃ! って。この曲のタイトルも「頑張ったっていいんじゃない」だし。よし、私も頑張ったっていいんじゃない!? と思って(笑)。

“この先、これからどうなるかなんて解らない”っていう不安っていつも心のなかにあるんです

──すごく素直に歌えてたよ。大原櫻子を100%感じたしね。歌詞についてはどう? すごく櫻子ちゃんらしいなって思ったけど。

大原 すごく気に入ってます! 歌詞も亀田さんが書いてくださったんですが、亀田さんは、ずっと私を傍で見ていてくださった方でもあるので、歌詞もすごく私のことを解って書いてくださっていて、“え!? なんでこんなことまで解っちゃうんだろ!?”って思うくらい私っぽい歌詞だったんです。それもあって、すごく素直な気持ちでうたえる歌なんです。きっと、多くの人たちが共感してくれる内容でもあると思うんです。私も常に思うことなんですけど、“この先、これからどうなるかなんて解らない”っていう不安っていつも心のなかにあるんです。だから、“今ここで 出来る事 やってみれば いいんじゃない”っていう歌詞には自分自身がすごく勇気をもらえたんです。ここは、大サビでもあるんですが、私と同世代の人たちももちろん、大人の人達にも共感してもらえるんじゃないかなと思っているんです。MVでも、いろんな頑張ってる人が映し出されているストーリーになっているので、きっと共感してもらえると思います!

──カップリングの「タイミング」は?

大原 女の子らしい可愛さではなくて、ふんわりとした日常をうたった歌なんですが、そこがとってもキュートだったりする1曲なんです。この曲では初めてタンバリンに挑戦したんですけど、難しくて大変でした(笑)。でも、本当にタンバリンの似合う曲なので、一緒に手拍子しながら聴いてほしいですね。

──3曲目には「明日も」のアコースティックバージョンが収録されるんだよね。

大原 はい。これは、“トマコナさん”の伴奏で歌ったアコースティックライブの様子がそのまま収録されていますので、是非、ライブを感じながら聴いていただけたらと思います!

リリース情報

2014.06.25 ON SALE
SINGLE「頑張ったっていいんじゃない」
HEARST RECORDS

C-140617-BA-1129

[写真:初回限定盤/CD+DVD]¥1,500+税
[通常盤/CD]¥1,000+税

「プレミアムお披露目フリーライブ東京編、大阪編、名古屋編決定!
そして6/25発売シングル「頑張ったっていんじゃない」に 会場共通握手会参加券の封入も決定!

詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人