鬱陶しい梅雨でも爽やかな気分にさせてくれる『Tounch the Style』

鬱陶しい梅雨でも爽やかな気分にさせてくれる『Tounch the Style』

早いもので6月ももう終わり。春アニメもそろそろ最終回を迎えようとしている頃ですが、読者の皆さんは今期お気に入りの作品に出会えましたか?

さて今回はいつもとは視点を変え、1stミニ・アルバムをリリースしたばかりの声優アーティスト、小野賢章をピック・アップ!

現在放送中のアニメ『遊☆戯☆王ARC-V』の榊遊矢役や大人気アニメ『黒子のバスケ』の黒子テツヤ役で注目を集めている彼。小さい頃から子役としても活動していて、大ヒット映画『ハリー・ポッター』シリーズで主人公のハリー役の日本語吹き替えを担当しているので、その声を耳にしている人も多いのではないだろうか。

今年の2月に『黒子のバスケ』のEDテーマ「FANTASTIC TUNE」でアーティスト・デビューした小野賢章が、それから4ヵ月という短いスパンでリリースしたのが、今回ご紹介するミニ・アルバム『Touch the Style』だ。

「FANTASTIC TUNE」を手掛けたR・O・Nによる疾走感溢れるロック・チューン「TOUCH」で幕を開ける本作は、エッジのきいたギター・リフと「限界を打ち壊せ」という力強い歌詞が印象的な「NEEDLESS TO SAY」、学生時代の淡い恋を回想する切ないナンバー「Phase」、これからの季節にぴったりなサマー・チューン「Blue horizon」、“縛るのは靴紐だけ それ以外は全部棄てて旅に出よう”と、気持ちいいくらいポジティブに歌う「ON THE ROAD」、“君がいるから 前に進むよ”“会えないときも感じていよう”とファンへのメッセージ・ソングにも取れる「One Of Pieces」と、いろんな表情の小野賢章に出会える全6曲を収録している。

一枚通して聴けば、梅雨の鬱陶しさを吹き飛ばし、爽やかな気分になれること請け合いの『Touch the Style』。来たる夏に向け、そして8月に開催が決定した待望のワンマン・ライブに備え、女性ファンだけでなく男子諸君にも聴いてもらいたい一枚だ。

TEXT BY 星野康直(リスアニ!)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人