LUNKHEAD – 昨年結成15周年&メジャー・デビュー10周年を迎え、あらたなフェーズに突入して放たれるアルバム『家』。ソング・ライターの小高芳太朗が語る。

LUNKHEAD

LUNKHEADの10枚目となるフル・アルバム『家』が完成した。全面的に死と対峙し、そのうえでこのバンドの核なるテーマ性である生に対する渇望を描いた前作『メメントモリ』を経て、今作ではタイトルが示しているようにホームメイドな温度が通底している。攻撃的な感情やシニカルな視点によって綴られている楽曲もあるが、「うちにかえろう」にしろ「シンフォニア」にしろ、そういったダーク・サイドを包み込む恵愛を湛えている歌が作品全体の柱となっているのが印象的だ。だからこそ、今のLUNKHEADのリアリズムがニュートラルに投影されている作品になっていると思うし、とても風通しがいい。フロントマンの小高芳太朗に話を聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY 三宅正一

 

LUNKHEADの魅力って実はスローな曲にこそ発揮されるんじゃないの?

──素直なアルバムだなと思った。攻撃的な曲もあるんだけど、全体的には優しい感触に満ちていて。そういう意味でも「うちにかえろう」をシングル(配信)としてリリースできたのは大きいと思うんですけど。

うん、大きかったんだと思います。俺、ずっとバラードを書けない病だったんですけど。でも、「うちにかえろう」はポコッと出来たんですよ。歌詞を書く前からメンバーもスタッフも「すげえいい曲じゃん! これがリード曲じゃない?」って言ってくれたんですけど、俺は「ちょっと待って。まだ歌詞も書けてないよ」と。あと、バラードをリードにするのも怖いなと思ったんですよね。ずっとシングルを切る曲はライブでドカーンと盛り上がる曲がいいなと思ってやってきたから。それがLUNKHEADの代名詞にもなってると思うし。それもあって若い男のお客さんもすげえ増えたんだと思うんですよ。でもね、「うちにかえろう」に関しては歌詞が書けた時点で俺も“これがリードだな”って思えたんですよね。

──それは、ただただいい歌だから多くの人に聴いてもらいたいという気持ちになれたんだと思うんですよね。

そうかもしれないですね。桜井(雄一)さんが言ったんですよ。「速い曲もカッコいいけど、LUNKHEADの魅力って実はスローな曲にこそ発揮されるんじゃないの?」って。その言葉を聞いて思い返したら、今まで自分の中で大事な曲はたしかにスローなものが多いなって。

──それはTwitterでもつぶやいてたよね。

そう。そういう気づきがあって。

──「うちにかえろう」ってソロで歌う必然性もある曲だと思う。でも、この曲をこのタイミングで、バンドで鳴らしてることに大きな意味があるなと思うんですよね。

そうなんですよ。歌詞を書く前はソロ用に取っておこうかなとも思ってたんです。この曲をLUNKHEADで今やるには優しすぎるんじゃないかと思って。でも、ちゃんとメンバーがLUNKHEADの曲にしてくれたんですよね。やっぱりただアレンジするだけじゃなくて、メンバーのみんなの中で曲がちゃんとLUNKHEADのものにならないとダメなんですよね。それでボツになった曲もいっぱいあったし。

──今回の制作でも。

そう。

──その、曲がみんなのものになるラインはどこにあるんですかね。

シンプルに曲のあるべき姿をみんながイメージして共有できるかどうかっていうところですよね。

──それができなかったら容赦なく曲を捨てるし。

捨てちゃいますね。でも、「うちにかえろう」はすぐに共有できて。デモの段階ではもっとロック然とした曲だったんですよ。それが、どんどんシンプルになっていって。

──俺は小さな子供もいるから親子のストーリーとして捉えたんだけど、若いリスナーはシンプルにラブ・ソングとして聴くと思う。リスナーに内容を委ねられる歌詞だなって。曲調はコード感も含めてクリスマス・ソングっぽさもあるし。

そうですね。俺もラブ・ソングを書きたいなと思って書いたから。でもね、自分がラブ・ソングを書くときにこういう曲調でストレートな歌詞にすると安っぽくなると思って、1週間くらい一文字も書けなかったんですよ。どうしたらいいかなって思ったときにふと“シチュー”っていうワードが浮かんで。そのとき外にいたんですけど、そこから頭の中でバーッとストーリーが出来上がって、帰宅するまでにほぼ全体像が描けてましたね。だから“早く家に帰りてぇ“と思って。その日ちょうどリハがあったんですけど、メンバーに聴かせたらすごく反応が良くて。なんかね、今作は全体的にわかりやすく言い切った曲が多いなと自分で思っていて。

──たしかに。抽象性は低いかも。

「金色のナイフ」とかはわりと抽象的だけど、ひとつ基準としてあったのは、合田(悟)にもちゃんと伝わるかどうかが自分の中で基準だった気がしますね。悟でも理解できる感じというか(笑)。あいつはあまり歌詞を読み込んだりするタイプではないので。

──リスナーを選ばずシンプルに伝わる言葉を綴ろうと意識したと。

うん、そうですね。

──なんでそういうふうに思ったの?

今作の中で最初に出来た曲が「シンフォニア」と「スターマイン」と「神様なんていない」だったんですね。「シンフォニア」が出来たときに自分でもすごく手ごたえがあって。“これはいい歌詞が書けた!”って。で、悟にもすごく伝わったんですよ。それがうれしくて。

──あはははは。「スターマイン」もそうだし、開けたモードだったんでしょうね。

そうなんですよ。最初は開けた状態で曲を作ってましたね。去年の4月、5月は。前作の『メメントモリ』がある種荘厳で、神聖なムードが強くあったから、その反動だと思うんですよね。

「うちにかえろう」が自分の中でまた大きな意味を持つ曲になった

──『メメントモリ』はそもそものテーマとして死が横たわってるしね。

そう、死がテーマだったから。毎回、前作の反動が次のアルバムに影響するんですけど、それで今作は重くないアルバムにしたいという思いがスタートにあって。もうひとつはどれだけ温かい作品にできるかということを意識してました。「スターマイン」と「シンフォニア」も結構歌詞に苦しんで、レコーディングに間に合わないかもしれないってなったんですけど、その2曲が書けたら「神様なんていない」はスルッと書けて。

──この曲の筆致もシンプルですね。

やっぱり俺はこういう曲が好きだわって思いました。この曲は(The)SALOVERSのライブを観て、彼らのように衒いのないストレートな曲を作りたいと思ったんです。彼らのライブを観たときに自分でもよくわからないんだけど、世界に向けて訴えたいことがあるという感じがすごく伝わってきて感動したんです。だから、SALOVERSが活動休止しちゃうのは寂しい。

──そうですね。

「神様なんていない」はいちばん4人でひとつのアンサンブルを共有してる感じが強く出た曲になったなと思います。個人的にもアルバムの中でいちばん好きな曲かもしれない。『メメントモリ』は3ヵ月くらいの間にコンパクトに作ったんですけど、今回は5月、11月、12月ってセクションを分けてレコーディングしたので。その間に季節も変わるし、その時々でギアも変わっていって。

──必然的にモードは変わりますよね。

そう。事故(ツアー中だった昨年11月25日に単独の交通事故に遭い合田が負傷)もあったし。

──とにかく無事で良かった。

うん。あのあとに書いた曲が「僕たちには時間がない」で。ツアーとレコーディングを並行して進めなきゃいけなくて、ただでさえ時間がなかったのに事故でまた時間をロスして。ホントに“ヤバい、時間がない、時間がない”って思いながら書いた曲なんですよね。

──生きていきて良かったというエネルギーがそのまま曲に込められてるよね。

うん。悟は大ケガしたから余計にそう感じるらしいんですけど、「この歌詞はすごく響く」って言ってますね。“生きてるだけでなんでもできるじゃん!”って曲だから。2番にある「胸が痛い今も胸が痛いそれはこの体が生きようとするから」って部分も、あのときホントに事故の影響で胸部が痛くて。でも、“生きてるんだから痛いんだよな”って思ったし。事故を経験していつ死ぬかわからないんだってことをリアルに体感したし、“生きてるうちに生き急がなきゃダメだ!”って思った。バーンって事故が起こって、自分が“あ、生きてる”って感じることができても、その隣で悟が死ぬこともあるんだなってすげえリアルにイメージしたし。そうならなかったからホントに良かったけど、それを想像するだけで今でもゾッとするんですよ。それもあって「うちにかえろう」が自分の中でまた大きな意味を持つ曲になったんです。守りたい人がいて、その人を守れなかったときの怖さを感じたから。この曲は何気ない毎日があることのありがたさを歌いたかったんですけど、自分が死んだら守りたい人も守れないんだなと思って。守りたい人を喪うこともすごく怖いけど、自分が死んでもその人を喪うことになるんだなと思って。

──うん。「僕たちには時間がない」という曲があるからこそ、「うちにかえろう」という歌の強度が増すというところはありますよね。「シンフォニア」だってそうだと思うし。

うん、そうですね。だから、このアルバムは曲的にはバラバラなんですけど、タイトルも含めて不思議とリンクしてるところがあるなって思います。

自分の尻を叩いてる感じがあるんだなって思います

──ずっとLUNKHEADの歌を求めてくれているファンに対する感謝ともっと外に打って出たいという気持ちがバランスよく同居してるアルバムだなとも思う。

うん。結成15周年、デビュー10周年、今回で10枚目のアルバムを作って思うのは……デビューするときは当然のように“俺らすぐに売れちゃうぞ”って思っていて。でも、思い描いたようには売れなくて。最近、“売れるってなんだろう?”って考えたときに要はひとつのファッションになることなんだなって思ったんですね。例えば学校のクラスではやってるから聴くみたいなことってあるじゃないですか? そういう意味では俺たちはファッションになれなかったと思うんですよ。なれなかったけど、それでもずっと聴いてくれる人たちと一定の新しいリスナーが入ってきてくれて、SHIBUYA-AXやSTUDIO COAST、今年は日比谷野音でワンマンができると思うと、俺らとファンの絆って、ファッションで売れたバンドにはない強いものが絶対にあるんだって思えるから。それは間違いなく俺らの財産だし。そういう思いで「シンフォニア」という曲が出来て。「シンフォニア」はアルバムを作るうえで精神的な核になりましたね。重たい曲も明るい曲も全部この人たち(ファン)に歌いたいなって思って作ったから。その子たちを引き連れてマジョリティになりたいとも思ってるし。メンバーやスタッフの中でそれに値する曲が「うちにかえろう」だったのかなって思うんですよね。

──ああ、なるほどね。普遍的な歌うという意味でも。

でも、自分たちがやってることに対する評価が低いという悔しさはいつも持ってるから。いつ多くの人に聴かれてもいい曲を作ってる自負もあるし。

──そのうえでやっぱりこれからも小高は頑なまでに生きるってことを歌うと思うんですよね。

そうですね。自分の尻を叩いてる感じがあるんだなって思います。自分から死に向かわないけど、基本的には生きていてもそんなに楽しいことも起きないし、生きるモチベーションが上がらないときも多くて。要は、生きることがめんどくさいとつねにどこかで思ってる。ゴミを出さなきゃいけないし、掃除機をかけなきゃいけないし。そういう自分に対して尻を叩く感覚。だからこそ、俺は生きるってことを歌いたがるんだなって思うんですよね。そこだけが俺の変わらないところだと思う。『メメントモリ』ではその感覚が周りの人に向かっていたと思うんです。自分の大事な人(所属事務所の前社長)が死んじゃったから。生き残った周りの人たちにポジティブに生きていくことを捉えてほしいなという感覚が強くあって。生き残った人たちに向けて歌いたいと思った。その反動で、今作は自分に向かってるのかなっていう感じがしますね。

──今、描きたいことをしっかり描いてるんだけど、出し切ったという感じでもなくて。ナチュラルに次のアルバムへと繋がっていくような、そういうアルバムだと思います。

ああ、それは俺も思います。いい意味でアルバムっぽくないというか。なんかね、1stアルバムっぽいんですよね。

──ホントにそうですね。

そういう意味でも1曲目の「『地図→家』」は1stアルバム(『地図』)から続いてる感じを意識して作ったし、10枚目のアルバムということでまた一周した感じはありますね。だからこそ、このアルバムはメジャー(徳間ジャパン)から出したいという思いも強かったし。

これからのLUNKHEADがちゃんと見えるアルバムになった

──5月から始まるツアー、そして9月22日の初の日比谷野音ワンマンに向けて風通しのいいアルバムだと思う。新しいリスナーがこのアルバムでLUNKHEADと出会ってもいいよね。

うん、これを最初に聴いてもらえたらいいと思う。昔からのファンも楽しんでもらえると思うし。これからのLUNKHEADがちゃんと見えるアルバムになったなって。最後の「玄関」という曲は『家』からまた外に出ていくということを意識したから。ツアーにも野音にも多くの人に来てもらいたいですね。『家』から「玄関」を出て、ツアー、そして野音でいい景色を見たいし、みんなに見せたいです。絶対いいライブができると確信してるので、LUNKHEADの歴史の目撃者になってもらいたいです。

DISC INFORMATION

ALBUM 2015.04.01 release
『家』
徳間ジャパンコミュニケーションズ

20150401_lunkhead

【CD】①『地図→家』②MAGIC SPELL③僕たちには時間がない④シンフォニア⑤うちにかえろう⑥金色のナイフ⑦神様なんていない⑧モリ⑨誰か教えて⑩懺悔室⑪スターマイン⑫玄関

「うちにかえろう」Music Video

「シンフォニア」Music Video

「スターマイン」Music Video

LIVE INFORMATION

『LUNKHEAD TOUR 2015 君の街でYeah!〜日比谷野外大音楽堂のチケットを売りに行くツアー〜』
5月7日(木) 代官山UNIT
5月15日(金) 名古屋ellFITS.ALL
5月23日(土) 奈良NEVER LAND
5月24日(日) 神戸VARIT.
5月31日(日) 札幌DUCE
6月2日(火) 仙台MACANA
6月12日(金) 大阪JANUS
6月14日(日) 福岡DRUM SON
6月16日(火) 広島NAMIKI JUNCTION
6月20日(土) 横浜club Lizard
6月27日(土) 松本ALECX
6月28日(日) 金沢VANVAN V4
7月3日(金) 千葉LOOK
7月5日(日) 浜松窓枠
7月9日(木) 米子AZTic laughs
7月11日(土) 新居浜JEANDORE

『LUNKHEAD TOUR 2015 FINAL 野音でYeah!!!!〜日比谷野外大音楽堂〜』
9月22日(火・祝) 日比谷野外大音楽堂

PROFILE

小高芳太朗(vo、g)、合田悟(b)、桜井雄一(ds)、山下壮(g)。1999年に地元・愛媛にて結成。2004年にシングル「白い声」でメジャー・デビュー。2014年に結成15周年&メジャー・デビュー10周年を迎え、6年ぶりに大型フェスにも出演、7月には10周年記念シングルとして「スターマイン」を配信リリース。2015年にレコード会社を移籍、第1弾作としてアルバム『家』をリリース。5月から全国ツアーを開催、9月にはツアー・ファイナルとして初の日比谷野外大音楽堂公演も実現。

関連リンク

・ Official Website
・ YouTube
・ Twitter
・ facebook
・ Official Blog

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人