UNISON SQUARE GARDEN – 来年には武道館ワンマンも決定! ユニゾンのツアー“Catcher In The Spy”より、思い出の地でもある東京・中野でのファイナル公演をレポート

UNISON SQUARE GARDEN

 ロックのダイナミックなエネルギーがたっぷり詰まった最新アルバム『Catcher In The Spy』をリリースして、その新作の名前がタイトルとなっている“UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2014「Catcher In The Spy」”を全国各地で展開してきた彼らのツアー最終地点(この時点ではまだ追加公演が残っていたのだが)となる中野は彼らがバンドを結成して始めてスタジオに入った始まりの場所でもあった。ここではそのツアー・ファイナルとなる中野サンプラザ2daysの2日目、11月29日の模様をレポートしていく。

TEXT BY 長谷川 誠 / PHOTOGRAPHY BY Yoshika Horita

3つのピースが揃った瞬間に会場内に瑞々しいエネルギーが充満していく

 圧倒的に自由な空間が広がっていた。メンバーが演奏することを思う存分楽しんでいる。そしてその楽しさを観客が共有している。激しく動いているのはプレイする側だけじゃない。観ている側も一緒。頭、腰、肘、膝、手の指などなど、体のあちこちのパーツがバンドの生み出すグルーヴに合わせて、ついつい勝手に動き出してしまう。それくらい躍動感溢れるステージなのだ。バンド・サウンドのかっこよさ、楽しさ、痛快さ、爽快さを満喫した夜だった。

 オープニング・ナンバーは最新アルバム『Catcher In The Spy』のラストに収録されている「黄昏インザスパイ」。この曲からの始まりはバンドがアルバム完成時点からさらに前に進んでいることを示すかのようだ。斎藤宏介(vo、g)の弾き語りでの始まり。伸びやかな歌声がすーっと染みこんでくる。さらに鈴木貴雄(ds)の力強いドラム、田淵智也(b)の存在感のあるベースが加わって、3つのピースが揃った瞬間に、会場内に瑞々しいエネルギーが充満していく。立体的なアンサンブルが見事だ。黄昏を思わせるオレンジの照明も印象的だった。

まさにCIDER ROADを駆け抜けていくようなスリリングな感覚

「ようこそ」という斎藤の言葉に続いて、「サイレンインザスパイ」へ。バンドが一丸となって疾走していく。伸びやかでありながらもタフさを備わった歌声が気持ちいい。田淵と鈴木のハモりも交えつつ。田淵は激しくステップを踏みながらのプレイ。鈴木はスティックを回しながら叩く場面もある。なぜか彼らのステージを観ていると、楽器ができないにも関わらず、つい手首を振ってドラムを叩く真似をしたり、指を動かしてギターやベースを弾く真似をしたくなる。一緒に演奏に参加している気分を味わいたくなるステージなのだ。さらに「オリオンをなぞる」へ。彼らの生み出すグルーヴに身を任せるのはなんて気持ちいいんだろう。

_ww_tokusyu_jibunbakari_5_08

「今日、その場所を好きに使っていいから、最後まで自由に楽しみましょう」と斎藤。客席も自由ならば、ステージの上も自由。バンドの絶妙なアンサンブルを堪能したのは「流れ星を撃ち落せ」だ。しなやかなギターリフ、ドライブするベース、自在なドラム。「箱庭ロック・ショー」では鈴木が立ち上がって、キックを踏みながら、観客を煽る場面もあった。間奏での斎藤のアグレッシブなギターも印象的だった。「to the CIDER ROAD」ではまさにCIDER ROADを駆け抜けていくようなスリリングな感覚を味わった。切ない歌声、瑞々しいギター、歌うようなベース、繊細なドラムによって、バンドの豊かな表現力を堪能したのは「君が大人になってしまう前に」だ。自在なバンドのアンサンブルとハーモニーが魅力的だったのは「メカトル時空探検隊」。

ロックな部分が全面に出てくるエネルギッシュでアグレッシブなステージ

 1曲ごとに世界観がガラッと変わっていく。その切り替えの瞬間も気持ちいい。「何かが変わりそう」では斎藤の力強い歌声が深く強く届いてきた。歌に確かな意志が宿っている。彼は今春、ポリープの手術をしているのだが、活動休止期間すらもバネにして、ボーカリストとしてひと回りもふた回りも大きく成長していると感じた。こんなにもスリリングなステージを体験した夜はまさに“何かが変わりそう”だ。彼らはこれまでもライブという場で、ロック・バンドとしての本領を発揮してきたのだが、最新アルバム『Catcher In The Spy』という強力な武器を手にすることによって、さらにロックな部分が全面に出てくるエネルギッシュでアグレッシブなステージを展開していた。と同時に、ポイントで配置されている既存のナンバーもさらに威力を増しているという印象を受けた。前作『CIDER ROAD』のラストを飾っていた「シャンデリア・ワルツ」もそうしたナンバーのひとつ。田淵はジャンプしたり、走り回ったり、歌ったりと、フル回転のパフォーマンスを披露。一緒に歌う観客の姿も目立っていた。この「シャンデリア・ワルツ」が終わったところでちょっとしたハプニングがあった。鈴木が立ち上がると、そのままステージから姿を消したのだ。トイレ・タイムかと思いきや、どうやらイヤーモニターのトラブルがあったらしく、スタッフと打ち合わせをしていたようだ。

「貴雄はただいま席を外しております。堂々たる席のはずしっぷりで。僕らも大きくなったってことなんじゃないですかね」と斎藤。しばしトイレ話(ツアー移動中にトイレに行けず危うく……という場面が何度かあったそうだ)で会場内の笑いを誘いつつ、場を繋いでいく。突然の中断があっても、斎藤の絶妙のMCがあることによって、そしてまた一気に歌の世界観の中に引きずり込んでいく強力な演奏があることによって、ライブの流れは途切れない。つまり鈴木が堂々と退場できるのはバンドに対する信頼、メンバーに対する信頼があるからなのだろう。

_ww_tokusyu_jibunbakari_5_08

 演奏が始まれば、すぐにあの圧倒的に気持ちいい空間が広がっていく。ソリッドなアンサンブルと強烈なグルーヴに体が揺れる「蒙昧termination」、ヘビネスと叙情性とが両立している歌と演奏が見事な「WINDOW開ける」など、研ぎ覚まされたアンサンブルからは3人のプレイヤーとしての技量とセンスの高さも見えてくる。さらに「シューゲイザースピーカー」へ。斎藤の気合いの入った歌声がガンガン届いてくる。3人が自在に演奏しながらも、一体となって疾走していく。この曲が終わったところで、また鈴木が退場した。まだイヤーモニターの調子が良くないようだ。

「彼は音作りへの意識が高いから。鈴木貴雄、“意識高お”だなって」と斎藤。会場が笑いに包まれる。ここでツアー中のハプニングの話になった。青森で機材トラブルがあって、アンコールの曲が入れ替えになったことなどなど。

「いろいろあったけど、楽しかったです。肩の力が抜けてきたし、やるべきことができた。やりたいことをやりたいようにやったら、すごくかっこいいロック・アルバムが出来た。ライブでも自分が楽しいということを目指していて。好き勝手に楽しんでもらえたら。優しい言葉をかけられないから、冷たいバンドだと思うかもしれないけれど、実は逆で。音楽の中に大事な思いを詰め込んでいます」

_ww_tokusyu_jibunbakari_5_08

ただただそのグルーヴ、そのサウンドに身を委ねるのみ

 確かに、彼らの思いは音楽そのものの中にしっかり詰まっている。「harmonized finale」ではバンドも観客もさらなる高みへと向かって行く。ライブのフィナーレへと突入していくようなスケールの大きな歌と演奏が気持ちいい。だが、ライブはまだまだ続いていく。鈴木のドラム・ソロが始まって、斎藤と田淵がステージからいったん退場。ここで鈴木は2度の中断を倍返しするような見事なドラム・ソロを披露した。聴かせる、見せる、魅せるということが一体となったプレイなのだ。音頭のリズムを交えたり、背後の照明を組んだ金属の枠を叩いたり、スティックを宙に投げて、キャッチして叩いたり、シャウトしたり。音楽に向かう姿勢はストイックそのものなのだが、ステージ上ではエンターテイナーぶりも見事に発揮していく。斎藤と田淵がステージに戻ってきて、ギター、ベースが加わって、「天国と地獄」へと突入していく流れも鮮やかだった。田淵はキックするように激しく足を上げながらの演奏。ここからラストまではノンストップで一気にたたみかけていく展開となり、田淵の行動半径も広がり、動きもさらに大胆かつ自在になっていく。「カラクリカルカレ」ではお立ち台の上に乗る場面もあった。ハンドクラップで参加する観客の姿が目立ったのは「桜のあと (all quartets lead to the?)」だ。タイトルどおり、ぶっちぎれたクレイジーな演奏でたたみかけていったのは「crazy birthday」。斎藤も下手のお立ち台に乗ったり、田淵のポジションにあるマイク・スタンドで歌ったり。観客も一緒に歌っている。気が付くと本編ラストの「場違いハミングバード」へ突入。客席が激しく揺れている。もはやただただそのグルーヴ、そのサウンドに身を委ねるのみ。最後は鈴木はスタンディング・ドラムでフィニッシュ。バンドは少々のアクシデントに動じない強さを獲得していた。

「次は2015年7月24日に日本武道館でやります。また遊ぼう!」

 アンコールの拍手と歓声に迎えられて、登場してきた3人。まずは斎藤のMCから。
「2days、縁のある中野でやれてうれしいです。11年前に結成して初めて入ったスタジオが中野で、それから1000往復くらいしてます」とのこと。アンコールの1曲目は「instant EGOIST」。ラテンの軽快なビートによって、会場内にハッピーな空気が漂っていく。観客も一緒に歌い、踊っている。“ストップモーション”という歌詞にちなんで、演奏途中でピタッと静止すると、客席から大歓声。こうしたブレイクからも3人の音楽の反射神経の鋭さが見えてくる。続いてはまだ音源化されていないにも関わらず、すでにライブでの必殺のナンバーとなっている「徹頭徹尾夜な夜なドライブ」。田淵がハイキックしながら白熱のプレイを披露していく。斎藤の歌声もダイナミックかつドラマチックだ。鈴木のドラムも炸裂しまくり。最後のナンバーは「23:25」。推進力を備えたリズムと広がりのあるアンサンブル、凛とした歌声と3人のハーモニーに胸が熱くなる。“あるもの全部をつかんで行く”というフレーズが未来を切り拓いていく魔法の呪文のようにも響いてくる。田淵がベースを宙へと投げて、見事にキャッチしている。鈴木がスティックを投げて、キャッチする場面もあったし、ツアー・タイトルではなけれど、このバンド、“Catcher”だらけだ。だが彼らは今回のツアーでもっと大きなものをキャッチして握りしめ、未来へと突き進んでいるのは間違いないだろう。終演後、斎藤は去り際にこう言った。

「東京、最高でした。どうもありがとう。次は2015年7月24日に日本武道館でやります。また遊ぼう!」

 その言葉に会場内から大きな歓声と拍手が起こった。このとてつもなく自由な音楽空間はさらに拡大していくことになるだろう。

_ww_tokusyu_jibunbakari_5_08

SETLIST

01. 黄昏インザスパイ
02. サイレンインザスパイ
03. オリオンをなぞる
04. 流れ星を撃ち落せ
05. 箱庭ロック・ショー
06. to the CIDER ROAD
07. 君が大人になってしまう前に
08. メカトル時空探検隊
09. 何かが変わりそう
10. シャンデリア・ワルツ
11. 蒙昧termination
12. WINDOW開ける
13. シューゲイザースピーカー
14. harmonized finale
15. 天国と地獄
16. カラクリカルカレ
17. 桜のあと
18. crazy birthday
19. 場違いハミングバード
<ENCORE>
20. instant EGOIST
21. 徹頭徹尾夜な夜なドライブ
22. 23:25

PROFILE

ユニゾンスクエアガーデン/斎藤宏介(vo、g)、田淵智也(b)、鈴木貴雄(ds)による3ピース・ロック・バンド。’04年に結成。’06年8月に初のミニ・アルバム『新世界ノート』をリリースし、’08年7月にシングル「センチメンタルピリオド」でメジャー・デビュー。現在までにミニ盤合わせアルバム6枚、シングル9枚、DVD2枚をリリースしており、アニメ「ソウルイーター」や「TIGER & BUNNY」に楽曲が使用されるなど幅広く活動を行っている。2015年7月24日、メンバーが初めてスタジオに入ったという記念すべき日に日本武道館にてワンマン・ライブ<UNISON SQUARE GARDEN LIVE SPECIAL “fun time 724”>を開催することも決定している。

LIVE INFORMATION

■ワンマン■
UNISON SQUARE GARDEN LIVE SPECIAL “fun time 724”
2015年7月24日(金)東京都 日本武道館
※オフィシャルサイトにてチケット先行予約を12月18日(木)23:59まで受付中!
受付期間:11月29日(土)21:00~12月18日(木)23:59
詳細は『UNISON SQUARE GARDEN LIVE SPECIAL ”fun time 724″』特設サイトをチェック

■イベントほか■
Que20th記念 2days series [OPERATION HATACHI]
2014年12月17日(水)下北沢 CLUB Que

Que20th記念 2days series [OPERATION HATACHI] Premium LIVE in TOKYO
2014年12月18日(木)下北沢 CLUB Que

MERRY ROCK PARADE 2014
2014年12月21日(日)ポートメッセなごや1号館〜3号館

RockDaze! 2014 X’mas Special
2014年12月25日(木)Zepp Fukuoka

FM802 25th Anniversary 802GO! ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY
2014年12月27日(土)インテックス大阪

rockin’on presents COUNTDOWN JAPAN 14/15
2014年12月30日(火)幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール

LIVE DI:GA JUDGEMENT 2014
2014年12月31日(水)渋谷CLUB QUATTRO、TAKE OFF 7

SMA 40th presents「堂島孝平 活動20周年記念公演 オールスター大感謝祭!」
2015年2月22日(日)中野サンプラザ

関連リンク

UNISON SQUARE GARDEN OFFICIAL WEBSITE
Twitter
YouTube
UNISON SQUARE GARDEN | TOY’S FACTORY

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人