NUUAMM(青葉市子 / マヒトゥ・ザ・ピーポー) – 青葉市子とGEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーによるユニットの1stアルバム。少しのにごりもない。ただただ、美しい空気のみが流れている。

NUUAMM(青葉市子 マヒトゥ・ザ・ピーポー)

青葉市子、マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)によるユニット“NUUAMM(ぬうあむ)”が1stアルバム『NUUAMM』を発表した。「お互いが持っているもの、ただそこにあったものを縫って、編む」(青葉市子)ように生み出されたという本作は、ふたりの交流のなかで紡がれた言葉と旋律——心地よい懐かしさと“ここではないどこか”、生きることの悲しみと喜びが共存するような——が信じられないほどの純度で描かれている。
このインタビューでは、青葉市子、マヒトゥ・ザ・ピーポーにアルバム『NUUAMM』の制作についてじっくりと語ってもらった。ふたりの奥深い精神性と表現に向かう真摯な姿勢が伝わる、貴重なインタビューになったと思う。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之


お互いが持っているもの、ただそこにあったものを縫って、編んだ

──アルバム『NUUAMM』、音源をいただいてからずっと聴いてるんですが、まったく全体像がつかめなくて。

マヒトゥ・ザ・ピーポー あ、そうですか。

──一つひとつの歌詞、メロディにとても強い印象があって、想像力を刺激されるんだけど、聴き終わるとフッと消えてなくなるような感じもあって。本当に不思議なアルバムだと思います。マヒトさんと市子さんがふたりで音楽を作り始めたのはいつくらいなんですか?

マヒト いつかな? 俺、全然覚えてない……。初めてレコーディングしたのはいつだっけ?

青葉市子 今年の春。「さっぴー」から録ったんだよね。

マヒト そうか、春なんだ。

青葉 その前は、GEZANの自主企画イベントで「春の膝」という曲を一緒にやったりしてたんですよね。あと、GEZANのアルバムにコーラスで参加したり。そのなかで、ふたりで出来ることをやろうっていうことになったのかな。

マヒト うん。NUUAMMはGEZANとは違う感覚というか、完成形をイメージして、それに向かっていくという感じでは作ってないんですよね。さっき言ってた「全体像がつかめない」というのも、それを狙っていたわけではないんです。それより、作ってる過程のなかでいかに遊ぶかという気持ちのほうが大きかったから。いちばん最初に市子と話してたのは、砂場で……。

青葉 日が暮れるまで遊んでいて、誰も迎えに来ないっていう。そういう感覚で作ろうという話はしてたんですよね。

──子供が砂場で遊んでるような感覚?

マヒト そうですね。具体的なことはまったくなく。

青葉 イメージだけを共有して。それが自然な形でレコーディングに繋がっていったんです。

──どんなものを作るかも決めず、時間の制限もない、ということですよね。

マヒト そもそもNUUAMMというユニットをすることもまったく考えてなかったですからね。

青葉 リリースすることすら考えてなかったんですけど(笑)、お互いに曲を聴かせて“この曲、いいね”って一緒に歌ってるうちに形になっていった感じですね。あとから振り返ってみると“お互いが持っているもの、ただそこにあったものを縫って、編んだみたいだな”って思って、NUUAMMという名前になったんですけど。

マヒト 作るまでの速度は速かったけどね。最初に(アルバム収録曲の)半分くらいを作って、3ヵ月後くらいに後半の半分をパッと作って。

──NUUAMMの曲の作り方って、どういうふうに進んでいくんですか?

マヒト 曲の作り方か……どう?

青葉 うーん。

──曲を聴くと、言葉というか、詞が先にあるのかなと思ったりもするんですが。

マヒト いや、ほとんどそんなことはないですね。

青葉 うん。私が書いた曲に関しては、詩とメロディがほぼ同時ということが多かったかな。例えば「鬼ヶ島」という曲は、長野県でマヒトと対バン・ライブをやったときに、瓦レコードというレコード屋さんで出来たんですね。2階から女鳥羽川を見ているときに歌詞と曲を作ったんですけど、そのときにちょうどマヒトが散歩から帰ってきて。

マヒト ふーん。

青葉 で、「今書いた曲なんだけど」って聴かせたら、「いいね」って。

マヒト うん、いい曲だった(笑)。

──それがNUUAMMの曲になった、と。

マヒト ふたりとも“これはNUUAMM用(の曲)”とかは考えてないんですよね。ただ、自然とそこに収まった感じはあるんです。ほぼひとりで歌ってる曲もNUUAMMの演奏って感じがするというか。

青葉 うん。

マヒト 俺としては、このアルバムを作るなかで“目的がない”ことを最後まで楽しめたというのがいちばんうれしかったんですよね。これを作って何かをしたいとかもまったくなく、最後まで来れたっていうのが。“砂場”の感覚を守るために、マスタリングのときまで、アルバムを作ってることを誰にも言わなかったんですよ。録ってくれた(ケンタロウくん)、PAをやってるナンシー、NUUAMMだけでやってて。

──4人以外の人に話すと、純度が落ちるとか……?

マヒト 誰かに話すと、期待されたり、いろんな先入観も入ってくると思うんですよ。そういう責任すら負いたくなかったんですよね。ナンシーも(ケンタロウくん)も子供の感覚があるからね。

青葉 砂場で遊ぶ感覚もすぐに理解してくれて。NUUAMMの裏メンバーですね。
マヒト それで最後までいけたのはホントに良かった。

141118_talk_theshowerclub01

いろんなものを濾過して、自分たちが聴きたい音、
キャッチしたい音の世界をちゃんと抽出する

──たしかにこのアルバムって、信じられないほど純度が高いですよね。ホントにスタジオで録ったんだろうか? と思うような雰囲気もあるし。

マヒト うん。ヘンな言い方ですけど、東京で録ったとは思えないような辺境感があるんですよね。

──“ここじゃないどこか”というか。

青葉 完全に“ここ”ではないよね。それは“十三月の甲虫”というレーベルの名前にも関係してるし、“五つめの季節”(「時間の墓場」)という歌詞もそうなんだけど、半分透けているような存在のなかにNUUAMMはあるんだろうなとも思っていて。

マヒト 音を録ってくれたケンタロウくんもそうだし、アー写を撮ってくれた木村和平さん、ジャケットの絵を描いてくれた近藤聡乃さんもそうなんだけど、自分たちが思っているボンヤリしたイメージをそのまま形にしてくれて。マスタリングのKIMKEN(木村健太郎)さんもそうだしね。

青葉 KIMKENさんとは以前から関わりがあったんですけど、瞬間的な輝きをキャッチして、理解してくれる人で。NUUAMMもぜひKIMKENさんにやってもらいたかったんです。

マヒト KIMKENさんのスタジオは、あの駐車場の辺りがいいよね。洞窟感があって。

青葉 ひっそりと隠れてる感じでね。

マヒト 俺は正直、KIMKENさんのことは全然知らなかったんですけど、駐車場を見たときに“いいな。ここでやりたい”って思って。スタジオのなかの空気もそうなんですけど、その人が大事にしていることが出てると思うんですよ。市子が「KIMKENさんにマスタリングしてもらいたい」って言ったときも、何を求めてるのかがすぐにわかったし。

──それは感覚的なものですよね。言葉で説明できないというか。

青葉 においみたいなものかな。居心地がいいところにいると、必然的にそういう人に繋がるんですよ。

マヒト うん。あとね、市子はどうかわからないけど、NUUAMMは“いかに何も歌わないか”という感覚が強いんだよね、俺のなかでは。だけど、どうしても滲んじゃう色があって、それをちゃんと掬い取りたいという気持ちがありますね。

青葉 そうかもしれない。時計の針がカチカチ動いている間はヒッソリとしているというか……。

──まさに「時間の墓場」ですね。音楽は時間の芸術と言われてますけど、NUUAMMの曲を聴いてると時間の感覚が消えていくような感じもあって。その代り、夢のなかに出てくるような強い印象があるんだけど。

マヒト ふーん。

──それもたぶん、さっきの“目的がない”ということに繋がると思うんですよね。マヒトさんはどんな表現に対しても“目的はないほうがいい”と考えているんですか?

マヒト そこまでは思ってないんですけどね。でも、人の気持ちとか、主張、メッセージみたいなものはちょっと強すぎると思うんですよ。“砂場”の話でいうと、子供の頃は誰に見せるわけでもなく、頑張ってお城を作ったりしていて。俺はひたすら穴を掘って、マグマに辿り着こうとしてたんですけどね。それも目的と言えば目的かもしれないけど(笑)。

──そうかも(笑)。

マヒト 教科書の脇にパラパラ漫画を描いたり、コンビニに行く道の途中で鼻歌を歌ったりするのもそうだけど、表現って何かの目的に向かっていくことじゃなくて、もっと根本的でプリミティブなものなんですよ。そこにいろんなフィルターが入ってくると形が変わってしまうんだけど、NUUAMMではちゃんとため息を吐けた感じがあって。それが自分にとっては、オルタナティブだったんですよね。

青葉 うん。そういう感覚を守り抜いたという実感はすごくありますね。

マヒト 東京に出てきて2年目になるんですけど、東京って音も多いし、気持ちの速度も速いですからね。そういうものからも守った感じはあるかな。

──音とか情報って、街を歩いたり電車に乗ったり、ふつうに生活してるだけでも勝手に入ってくるでしょ? それも表現の邪魔になる?

マヒト ある程度入ってくるのは避けられないですけど、それを絞りながらやりたいという気持ちはあります。

青葉 あと、いろんなものを濾過して、自分たちが聴きたい音、キャッチしたい音の世界をちゃんと抽出することができたかな、と。例えば、夏のセミが鳴いているときの眩しい感じだったり、疲れて屋上に上がって、みんなで近所のおっちゃんが作ったお弁当を食べてるときに吹いていた風だったり。

──曲を聴くと、そういう情景が蘇ってくる?

青葉 曲自体に私たちの実像はあんまり入ってないと思うだけど、さっきから言ってる“砂場の時間”はギュッと詰まってますね。

ふたりで見た夢のドキュメント

──ふたりの出会いについて、もう少し聞かせてください。市子さんはマヒトさんと出会う前、GEZANの音楽についてはどんなふうに感じてました?

青葉 まず、音楽から入ったんじゃないですよ。2012年の終わりくらいに“踊ってばかりの国”の下津光史くんと先に知り合ってたんですね。下津くんは代々木にあったStepwayというスタジオに住み込んでるような状態だったんですけど、リハでスタジオに行ってるうちに仲良くなって、ギターとか弾いて遊んでたんです。で、「おまえに紹介したいヤツがおるねん」って言われて。

──それがマヒトさんだったと。

青葉 Stepwayが入っていたビルが取り壊されることになって、建物のお別れ会みたいなのがあったんですけど、そのときに初めて会って。みんな同世代なんですけど、3人で朝までセッションしたり、公園で走り回って遊んだりしてたんですよ。そのとき私は“GEZANくん”って呼んでたんですけど、そのあと“どんな人なのかな?”と思って、GEZANの音源を聴いたんです。私は弾き語りで、わかりやすく言うと静かな音楽をやっていると思うんですね。GEZANは音が大きいし、情報量も多いんだけど、根底に流れているもの、大事にしていることが近い気がして。あと、マヒトが書く詞とかも、理解できているつもりでいるんですね。詞って言葉だけど、言葉以上のものがちゃんと説明できてるというか、視覚、聴覚以外のものもしっかり捉えて表現してるんだなって。そこからいろんなことを共有していったんです。私サイドからは、そういう感じですね。

──マヒトさんはどうですか? 同じように“根底に流れているものが似ている”という感覚があった?

マヒト あまり記憶力が良くないから、断片的にしか覚えてないんだけど……。

青葉 会えば必ずギターを持っていた気がするけどね。「新しい曲が出来た」って弾いて、それに応えるように、また新しい曲を作って。そういうやりとりのなかで、NUUAMMの卵が育っていったというか。

マヒト あ、それはあるかも。正しい!

青葉 (笑)難しいね、言語にするのは。

マヒト さっき市子が「歌詞を理解したつもりでいる」って言ってたけど、それは感じるかな。自分の作る曲って、これはGEZANも含めてですけど、キラキラした遠回りをしたいっていうのがあるんです。さっきの“目的(を持たない)”の話と同じなんですけど、例えば家に帰るときに、いつもの道ではない路地にパッと入って、ネコと目が合う感じとか。

青葉 うん。

マヒト 人はどんどん老いていくし、死に向かっているということでは、ひとつのゴールに向かって進んでいるんだけど、そのなかでどういう遠回りをするかが大事だと思っていて。

──そういう感覚が楽曲にも反映されている?

マヒト そうですね。自分の曲を聴き返してみても、アルバムを全部聴いて、やっとひとつの感覚に辿り着くようなところがあって。要は(聴き手にとっては)難しいと思うんですよ。それを理解してくれる人は貴重ですよね、自分にとって。

──今の社会はいかに効率を上げるかということが重要視されているから、マヒトさんの価値観とは相容れない部分もあるんじゃないですか?

マヒト うん。さっき“夢に出てくる”みたいな話をしてたじゃないですか。夢ってなんのメリットもないし、目的もないけど、すごく大切な時間だと思うんですよね、良くも悪くも。そういう時間を大事にしたいっていうのはあるかな。想像力ひとつで、今のルーティーンな生活も超えていけると思ってるので……。このアルバムのなかで歌ってることも、具体的なことはひとつもないんですよ。ふたりのドキュメントではないけど、ふたりで見た夢のドキュメントではあるかもしれないですね。

青葉 私もこれといった目的とか、目立った目標もなく音楽をやってきたんですけど、Stepwayでマヒトと出会って、彼のビジョンを共有しているうちに“自分のなかにもこういう感覚があるな”って気づけたんですよね。そこで顔を出したのが、NUUAMMの(アルバムのジャケットに描かれている)青い子だったのかもしれないなって。自分のなかにあった感覚を引っ張り出してくれたし、私自身も結構変わったと思います。

──そこまで共鳴できる人って、なかなかいないですよね?

青葉 私は初めて言っていいくらいかな。しかも、それを形にするところまで持っていける人はいなかったから。

マヒト “自分のなかにもこういう感覚がある”っていうのは、俺もそうで。俺の場合は、ジャケットのなかにいる赤い鬼ですね。なんて名前なのか知らないし、自分とイコールではないんだけど、“何を歌うのかな?”って赤い鬼が覗いてるような感じがあるというか。スピリチュアルになっちゃうけどね、言ってることが(笑)。

青葉 そうだね(笑)。

マヒト そういう夢の割合を増やしたいというか、時計の時間以外のところにあるものを感じて、見つけていきたいっていう気持ちもありますね。このアルバムを聴いて“こんなふうに思ってほしい”みたいなことはまったくないんですけど、強いて言うなら、そういう感覚を感じてほしいかな。誰でも歌っていいし、漫画家じゃなくても漫画を描いてもいいんだから、そういうきっかけの点になったらいいですよね。

砂場に作ったお城を壊してくれる夕立を待ってる

140402_live_champagne6

──なるほど。ちなみに市子さんとマヒトさんって、いつもこういう話をしてるんですか?

青葉 どうだろう?

マヒト そこまで話してないかな。

青葉 そうだよね。そのかわりに音楽をやってるから。

マヒト Stepawayで最初に会ったときも、音楽が真ん中にあって、そこでコミュニケーションを取れることが新鮮だったんですよね。そこで全部確認できるから、わざわざ言葉でしゃべらなくてもいいっていう。それは今も変わらずにあるんじゃないかな。

青葉 あまり約束とかもしないんですよ。感覚的なことを伝えるためにときどきメールを飛ばすこともあるけど、時間を決めて会うこともほとんどないし。こういう(インタビュー)ときは別ですけどね。普段はそんなに連絡を取らないし、遊ぶ約束とかもいっさいしないんですけど、いるべき場所にはちゃんといるんですよね。“あそこに行ったほうがいい気がする”と思って行くと、マヒトのボロボロの自転車がドーンと置いてあったり。

マヒト あ、そういうことは多いね。

青葉 何ヵ月も会わないことだってあるけど、何かが途切れることはないし。そういうことができる人ってなかなかいないから、大切にしたいですね。

──この先も必然があれば、NUUAMMの新しいアルバムが出来るかもしれないですね。

青葉 そうですね。絶対に作るとは言えないですけど、また遊びたくなったらできるだろうし。今は砂場に作ったお城を壊してくれる夕立を待ってるのかも。

マヒト うん。「“夜を縫う、朝を編む”って、どう?」という話からNUUAMMになったんですけど、アルバムのなかにも朝の曲と夜の曲があるし、対比みたいになってるんですよね。“お城を壊してくれる夕立”もそうだけど、“始まって、終わって”というのが続いていくんだなって。作ったものを守りたいという気持ちはないんですよ。更地になれば、また作るだろうし。

青葉 ずっと始まりっていう感じもあるしね。

マヒト そうだね。でも、読んでる人はわかるかな、こんな話(笑)。

青葉 結構ディープなこと言っちゃってるかも。でも、文字になるといいかもよ。普段は言い出せないことも、NUUAMMを通すことで話せてる気がするので、ちゃんと文字にしてほしいです。

──頑張ります。ふたりの関係性って、ホントに興味深いですね。市子さんの「いきのこり○ぼくら」の歌詞が引用されている、よしもとばななさんの小説「鳥たち」に出てくる“嵯峨”と“まこ”みたい。

青葉 あ、そうだ、もうちょっと話していいですか。それがきっかけでばななさんと親密にさせてもらってるんですけど、NUUAMMの曲も聴いてくれて、「歌詞がとてもいい」って共感してくれて、コメントをいただいたんです。そこ(よしもとばなな、朝吹真理子、小山田圭吾らがコメントを寄せているNUUAMMの公式サイト)に掲載しているのは全部、そういう繋がりのなかで送ってもらった言葉なんですよね。そのことを言いたいと思ってたから、良かった(笑)。

DISC INFORMATION

ALBUM 2014.12.10 release
「NUUAMM」
十三月の甲虫

141210_interview_nuuamm_j

■収録内容■
01. さっぴー
02. もうみどり
03. 時間の墓場
04. なつばくだんふゆだるま
05. 冷光のまゆ
06. れい
07. 鬼ヶ島
08. 深海の人
09. 真夜中のテレビ

PROFILE

ヌウアム(アオバイチコ / マヒトゥ・ザ・ピーポー)/“夜をぬう 朝をあむ”——ライブで共演するなど以前から親交のあったソロ・シンガーの青葉市子とGEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーによるユニット。一つひとつ言葉を拾い、縫い編み完成させた今作『NUUAMM』でデビュー。

LIVE INFORMATION

リリースライブ
2014年12月13日(土)原宿 VACANT
2014年12月18日(木)梅田 Shangri-La
2014年12月19日(金)京都 UrBANGUILD

関連リンク

OFFICIAL WEBSITE
青葉市子 OFFICIAL WEBSITE
青葉市子 Twitter
GEZAN OFFICIAL WEBSITE
GEZAN Twitter
十三月の甲虫 OFFICIAL WEBSITE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人