plenty – 新ドラマーが加入しあらあたな一歩を踏み出した。『空から降る一億の星』のリリースを迎えた3人が語る、plentyの今とこれから。

plenty

“バンドになりたい”——2014年初頭に行ったインタビューで江沼はそう言った。前任ドラマーが脱退してからずっと欠けていたままのピースを、plentyは求めていた。そして、ついにそのピースを埋める存在が現れた。そのドラマーの名は、中村一太。彼が加入してplentyのサウンドがどれほどフレッシュになったか、江沼の歌がよりシンプルな力を宿してながら解放されているかは、このニュー・ミニ・アルバム『空から降る一億の星』を聴けばありありとわかる。plentyの取材でこんなに笑いが絶えなかったのも初めてだった。今、バンドが絶好の状態にあることが伝わるインタビューになっていると思う。

INTERVIEW & TEXT BY 三宅正一


 バンドをやれてる

──年頭に江沼くんにインタビューさせてもらったときに“今年の目標はバンドになること”と言っていて。

江沼郁弥 はいはいはい。

──その宣言どおりになったわけですが。

江沼 そうですね。

──率直に中村くんをメンバーに迎えるにあたって最大の決め手はなんだったんですか?

江沼 決め手はセッションしたときの感触ですね。ちょっとうまく説明できないんですけど、メンバー探しのためにいろんなドラマーとセッションする機会があって。そのなかでもやっぱり合う、合わないという感覚があって。でも、彼だけは合ったんです。感触の具合が。

──難しいと思うけど、もうちょっと具体的に話せますか?

江沼 技術的にうまいとかうまくないとかそういうことじゃない感覚の——こう、息を一緒に吸って同じタイミングで吐ける感じというか。そこで流れているものが一緒っていう。で、とにかく居心地がいい。

──スッと一緒に音を鳴らせる。

江沼 そう、スッと。やってもらってる感もあんまりなくて、ただただ自然に一緒に音を鳴らせて。“この人ならガチッとハマるんじゃないか”って思えたんですよね。

──結構いろんなドラマーとセッションしたんですよね?

江沼 うん、やりました。うまいけど“う〜ん”っていう人もいっぱいいて。

──中村くんとセッションしたのは時期的にいつくらいだったんですか?

江沼 1年前くらい?
中村一太 そうだね。ちょうど1年前くらいだね。

──以前から面識があって?

江沼 なかったんですよ、それが。

──僕は中村くんが前に所属していたthe cabsのライブでプレイを観たことがあったんですけど、plentyというのは意外だったんですよね。手数の多いプレイヤーという印象が強かったし。

中村 ああ、そうですね。
江沼 “爆撃機”って呼ばれたしね(笑)。
中村 (笑)。でも、そこは全然気にしてなくて。前のバンドでやっていたことに固執してないし。ただいい音楽を鳴らしたいというだけなんで。僕がplentyで叩きたいなと思ったのは、江沼の音楽に対する姿勢が大きくて。共通の知人を介してメシを食って音楽の話をしたときに“俺は音楽しかできないです”っていうタイプの人だということがわかって。俺もずっとそういう人とバンドをやりたいと思ってたから。

──中村くんも居場所を探していたし。

中村 そうですね。模索しながら探してました。

──セッションする前にplentyに抱いていたイメージというのは?

中村 いい音楽といい歌を鳴らしてるバンド、というイメージですね。ライブにもチケットを買ってお客さんとして何回か行ったことがあって。plentyの存在は大学に入ったくらいのときに同い年ですごいバンドがいるっていうことで知ってたんです。で、共通の知人から“plentyがドラムを探してる”という話を聞いて。でも、最初は江島(啓一/サカナクション)さんや中畑(大樹/syrup16g)さんがサポートに入りながら、うまく活動しているという印象があったので。ドラムを探してるようには見えなかったんですよね。それで江沼と実際に会って話をしたときにすぐにやりたいと思って。

──偶然、江沼くんや新田くんと同い年だったという。

中村 そうですね。

──それもかなり大きなポイントなんじゃないかと思うんですけど。

江沼 でも、それはあとになって気づいたことで。別に同い年にこだわってメンバーを探してたわけではなかったので。もしかしたらちょっと年上の人のほうが合うのかなって思ってた時期もあったし。

──でも、個人的な実感として同い年ってそれだけで初対面でもコミュニケーションの壁を何枚も一気に飛び越えられることがあるなって思うんですよね。

江沼 うんうん。そういう意味では結果オーライだったなって思います。

──新田くんが中村くんと最初にセッションした感覚はどうだったんですか?

新田紀彰 僕はthe cabsのライブを観たことがあって。プレイがすごかったじゃないですか。そのイメージがずっとあったから、最初はどうなんだろうと思ってたんですよね。でも、スタジオに入ったら全然違和感がなくて。すんなりいい感じだなと思えました。

──新田くんもずっとリズム隊の正式な相棒がほしいと思ってただろうし。

新田 思ってましたね、はい。メンバーだとレコーディングのときも“ここはこうしたほうがいいよ”ってどんどん提案してくれるので。一太が入ったことでそういう時間が増えたから。それは面白いですよね。
中村 練習やレコーディング中に一緒にああだこうだ言い合うのは直接ライブにもつながりますし。

──最初にセッションしてその場で即決みたいな感じだったんですか?

江沼 あれ、どんな感じだったっけ?(笑)。
中村 いや、スタジオに入って“あなたで決定です”みたいなそういう感じではなかった(笑)。
江沼 たぶんいまだに印鑑は押してない感じだよね(笑)。なんとなく“次のスタジオはいついつで”っていう感じでそのまま進んで今に至るので。
中村 “あれ? 決まったの?”みたいな(笑)。
新田 まあ、そういう感じだよね(笑)。

──でも、こうして話していてもバンドのムードがすごく明るくなりましたよね。

江沼 あはははは。明るくなりましたね。それはデカいですね。

──江沼くんは前に“もっとバンドならではのめんどくささを求めたい”とも言っていて。

江沼 はい、そうでしたね。

──そのめんどくささは今回の制作から現在進行形でおおいに感じられたと思うんですけど。

江沼 もう、だいぶ感じてますよ。めんどくさいなあと思いますけど、やっぱり絶対に必要なことだなあとも思うし。そのめんどくささが楽しいなって。

──“ああ、バンドってこういうことだよな”って思えてる。

江沼 うん。すごくバンドをやれてる感じがあって。ラクをせずに一歩一歩。気づいたら曲が完成してるということになってない感じが楽しいですね。なので、このアルバムを完成させたときの達成感はすごくありました。

“俺はどんな覚悟で歌うんだ?”っていう

──曲ができる流れも大きく変わっただろうし。

江沼 そう。メンバーが俺と新田のふたりになってからは、ずっと俺がひとりでデモを作ってたから。

──最初から緻密に作り上げて。

江沼 そう。そのデモをいい音で録った音源みたいな感覚が3人になってから抜けたので。俺個人で予想する以上のものができていくんですよね。それでまたさらに音楽を好きになれた。もっと高いテンションで音楽に臨めるなって。もちろん、今もデモの段階ではひとりでパソコンを使ってやる作業もありますけど、作り込まなくなったので。デモを投げるときにざっくり“こういうイメージで、こういう音色がいいと思う”みたいなことだけふたりに投げて。“あとはよろしくでーす”みたいな感じで。で、ちょっと固まってきたなっていうときにリズム隊の作業に俺が顔を出して“ここはこうしよう”とか細かく詰めていくという。

──そういう作業の一つひとつが懐かしかった。

江沼 懐かしかった。でも、前のドラムとやっていたときはもっとムダな時間があったような気がするけど、そういう感じが今はなくて。休憩時間が長いとかね(笑)。で、途中でただのケンカになるみたいな。それが、今は中心に音楽があってそこでケンカするっていう感じが強いから。楽しいですよ。

──ただ空気が悪くなるとかではなく。

江沼 そうそう。あくまで音楽のために空気が悪くなってることがわかるから。

──その緊張感が心地よくもあるし。

江沼 そうですね。そういう緊張感がありますね。前はもっと変に殺伐としていたから。

──新田くんも、江沼くんとのコミュニケーションや距離感において中村くんが入ったことで変わってこともあると思うんですけど。

新田 そうですね。一太がいてくれることで——。
江沼 俺が新田にガーッというところを一太がフィルターになってくれるので(笑)。
一同 (笑)。
江沼 一太が美しい言葉に変換して、新田に届くっていう。
新田 そうだね(笑)。

──刺を抜いてくれたり。

江沼 刺を抜いたり、ヤスリをかけてシュッとさせてくれたり。
新田 それはデカいですね(笑)。
江沼 よかった。助かったよ(笑)。
中村 うん、よかった(笑)。

──曲はどんどん出来ていったんですか?

江沼 そうですね。どんどん作ってましたね。

──おそらくこのアルバムに収録されてない新曲も結構あるんじゃないかと。

江沼 ああ、ありますね。溢れてますね、はい(笑)。

──うん、そういうことが伝わってくる作品でもあって。江沼くんのなかではどういう全体像を描いていたんですか?

江沼 やっぱりそこは新人バンドの衝動感というか。

──ホントにフレッシュだよね、音が。

江沼 そう、フレッシュ! もう、フレッシュ! そこ! だからふたりには“あんまり練習しないで”って言ったんですよ。楽しくなくなるから。

──“個人練とかやめてください”みたいな?

江沼 うん。いや、練習してもいいんだけど、慣れないでほしいなと思って。あくまで本番のレコーディングのときに“ウオーッ!”って埋めてほしいなって。もちろんいいテイクを録りたいんだけども、3回録ったら3回ともいいテイクが録れたらつまんないなと思って。

──でもふたりは練習したんでしょ?

新田 しちゃったんですよ(笑)。
中村 しちゃったんですよねえ(笑)。
江沼 で、レコーディング中に俺が怒るっていう。“おまえら練習するなって言っただろ!”って(笑)。
一同 (笑)。

──いやあ、plentyの取材でこんなに笑うの初めてだな(笑)。

江沼 あはははは。そうですか? それはそれでちょっとショックだな(笑)。
一同 (笑)。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人