Mr.Children SINGLE「足音 ~Be Strong」ディスクレビュー

足音 ~Be Strong

SINGLE

Mr.Children

足音 ~Be Strong

トイズファクトリー

2014.11.19 release

<CD>


未踏の場所へと向かっていく決意が感じられる。

 なんとなくは想ってたけど、まだ言葉に変換できてなかった感情が、メロディとともに聴こえてきたとき、僕はその歌に感動する。でも、そもそも良い歌というのはそういうものだ。Mr.Childrenの新曲「足音 〜Be Strong」を聴いてたら、ふと、そんなことを思った。

 1番のAメロの歌い出しが実に印象的だ。これは“新しい靴を履いた日”の話。新しい靴底は、それまでと違う音を立てる。その響きが主人公に与えた希望と勇気は実に大きい。彼はありふれた日常にあらたな可能性を見出す。そして、ひとりの人間があらたに踏み出し響いた足音を、どこかで“聞いてる 誰か”の存在を信じる……。

 靴、というのは実際の形ある靴でもいいし、なにかのメタファーだと理解してもいい。例えば友だちの何気ない一言、とかでも。一方、彼らの現在の心境を反映したものとしてさらにメタファーを探すこともできる。“舗装された道”は“もうやめたいんだ”といった表現がそうだろう。この歌はバンドのあらたな出発に際してリリースされた。そのことを踏まえて聴くと、これからの活動が、未踏の場所へと向かっていくことへの決意が伝わってくる。

 人生というのはちょっとしたキッカケでどんなふうにでも好転していく。そもそも人生は、そう信じてみるだけの価値があるものなのだ、というメッセージでもある。カップリングの「放たれる」はすでにお馴染みだろう。改めて聴いてみて、“今そっと放たれる”という歌詞の最後の一行へと至る心の道筋を、とてもていねいにトレースしていく作品であると感じた。さらにもうひとつの新曲が「Melody」だ。“心躍る”“バラ色”といった言葉も歌詞に登場するが、曲全体の雰囲気も、これらの言葉を浮わつかせないほどにキラキラとしている。曲のタイトルは「Melody」だが、音楽の効能について書かれている作品とも言える。ふと口ずさんだ、楽しげなメロディ……。でもその瞬間、いやなことを忘れてる。そんな音楽の偉大な力。ほかの芸術にはない力……。これからの季節にぴったりの雰囲気だ。エバーグリーンな名曲がまた一曲増えたことを喜ぼう。

(小貫信昭)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人