The Shower Club – スペースシャワーTV開局25周年を記念し、サイトウ“JxJx”ジュン、川上洋平、ROYによるスペシャル・ユニットが誕生!

The Shower Club

音楽専門チャンネルのスペースシャワーTV開局25周年を記念するアニバーサリー・ソング「Are We Special?」はもう聴いただろうか? サイトウ“JxJx”ジュン(YOUR SONG IS GOOD)、川上洋平([Alexandros]) 、ROY(THE BAWDIES)の3人による“The Shower Club”が作ったこの曲は、とことんハッピーでダンサブル。フロントマン3人でひとつの曲を作るとは奇跡と言ってもいいコラボレーションだ。どんなふうにこの曲が生まれたのか,3人にたっぷり話してもらった。

INTERVIEW & TEXT BY 今井智子 / PHOTOGRAPHY BY 関 信行(go relax E more)


自分のスタイルを突き通してほしい(サイトウ)

──スペースシャワーでレギュラー番組をお持ちの由縁ある方々ということでオファーを受けたということですが、このユニットを組む前に対バンがあったり、THE BAWDIESのアルバム『Going Back Home』にサイトウ “JxJx” ジュンさんが参加したりで、それぞれ面識はあったんですよね。

サイトウ”J×J×”ジュン そうですね、個々に。それで、スペシャで番組をやってるっていうのもありつつ、たぶん面白いんじゃないかみたいなこともあって、この話が来たと思いますね。

──最初に言われたときは、どう思いました?

サイトウ 最初は、ふたりに話がいく前に、僕のところに話が来たんですよ。こんなメンツで考えてます、って。で、聞いたときは”マジか!?”って(笑)。フロントマン3人ってところで未知数だな、と。光栄だったんですけど、すごいメンバーじゃないですか。ROYも洋平くんも全然方向性が違うボーカリストで、これをどうまとめるのか……。

──当初からサイトウさんに取りまとめ役を、と?

サイトウ まあ僕が最年長ということもあったと思うんですけど。で、一発目のきっかけがほしいということで、まず3人で1回スタジオに入ろうってことにしたんですよ、関係者もなしで、ホントに3人だけで。で、やってみると、僕の心配はまったく関係なかったですね。ねえ?
ROY はい。
川上洋平 ええ、もうそういう感じです。僕は、このお話をいただいたときにイメージがパッと浮かんで、楽しみだったんですよね。JxJxさんがまとめ役というのはわかっていたんで、僕らはとにかく暴れる、暴れて好き放題やらないと逆に失礼なんじゃないかって。だからスタジオでもどんどんアイデア出して、怒られない程度に(笑)。でもスタジオに3人で入ったときに、和気あいあいとできたんで、グルーヴできてるなって思いました。

──サイトウさんがトラックを作って、という感じではなかったんですか?

サイトウ まずは、すごい大まかなのを。
川上 それを元に、何かを作って憩うみたいな感じで。最初は世間話みたいなボーイズ・トークから始まって、だんだんそれに音が乗っかって、メロディこんなのどうですかとか。まずサビがあったんですよね。そこからどんどん紐解いていって、という感じですね。

──ROYさんは、どうでした?

ROY 自分のバンドだと自分が土台を作って、そこにみんなが乗っかってということが多くて、先にあるものに僕が乗っかるってことはあまり経験したことがなかったんで、すごい新鮮でしたね。さらに、僕だけじゃなくて、洋平くんが乗っかって、僕が思ってるのと違うものが出たり、それに僕が返すとか、そういう刺激的なことは今までやったことがなかったので、やってくうちにどんどん、ああこうやっていけばいいのかなとか掴んでくるっていうのがあって、すごい勉強になりましたね。わりと僕、スロースターターなんですよ。エンジンかかるのが遅めなんで。逆に洋平くんは初めからガツーン! と行くから。はじめから猛ダッシュで行くんで(笑)それを見ながら、ああそうかそうかっていくのが楽しかった。

──そんなふたりを取りまとめるサイトウさんは?

サイトウ どうやら組み合わせが良かったんですね。アイデア満載スタートダッシュ系の洋平くんと、スロースターターながら力強く的確なROYと、いい流れができていった気がします。変にぶつかり合うこともなく、ホントにすぐサビまで辿り着いた気がして。2時間ぐらいで曲の大もとのところが出来上がったんですよね。で、これはいけそうだと。最初の心配は関係なかった。このやり方で間違ってなかったって感じだったから、あとはひたすら作り込んで。普段というか僕は、特に最近はインストばっかり作ってたので、ボーカリストが全体を引っ張っていく歌ものというのがすごく新鮮で。ましてや素晴らしいボーカリストなんでふたりとも。歌のスゴさみたいのを感じながらやってましたね。すごい贅沢だなあって。

──個性的なボーカリストふたりが曲作りからコラボするって珍しいですよね。

サイトウ 僕が最初に言ったのは、自分のスタイルを突き通してほしいというか。さっき暴れたらいいと思ってたって洋平くん言ってましたけど、僕もそのへんはリクエストしちゃってて。まったくスタイルが違う3人が集まるからこそ、そのスタイルを突き通して、それでも着地できる感じが、今回の3人が集まった意味かなと思ったので。

──出来上がったときの手ごたえも大きかったんでしょうね。

サイトウ 着地したときはホントにそうでしたね。こういうアニバーサリーものって、大人数で大仰な方向に持っていくってやり方もあるじゃないですか。そういう良さもあるんですけど、タイトなカッコ良さみたいなのをやれたような気がして。ふたりのボーカルを目一杯に活かした、デュオとしての良さというか。そこがやれてよかったです。

141118_talk_theshowerclub01

自分たちはカッコいいんだって言っていいんだよって、
この3人だったら言える気がした(川上)

──歌詞は洋平さんROYさんが、それぞれ自分が歌うところを書いたそうですが、何かテーマはあったんですか?

ROY スペースシャワーTV25周年ということで曲調も含めて、前向きなというかポジティブな方向というのはざっくり決まっていたんですけど、この言葉を入れろとかそういうものはなかったです。

──”スペシャル=スペシャる”がキーワードなのかなと思いましたが。

川上 “スペシャル”って、個人的にはいいテーマだなと思って。俺たちは特別なのかって。聴いてくれてる人たちに、メッセージじゃないですけど、僕ふだん自分のバンドでは歌詞にメッセージとか全然つけないんで、こういう機会だから何か考えてみたいなと思って。自分なんてって言う人が多い世の中で、自分は特別なんだって、自分たちはカッコいいんだって言っていいんだよって、この3人だったら言える気がしたんで。もっとカッコつけてもいいし、かわいいのよって思ってもいいしって。そこがなんとなく裏テーマっていうか。前向きさを、勘違いでもいいから。この3人が集まった時点で、ペシミスティックなことを書くことは絶対ないと思ったんで(笑)。前向きで、カッコよくいこうぜって。

──それがリフレインの“Gonna be all right”に?

サイトウ そこ、最初に出てきましたね。スタジオに入った時点で(笑)入っていて。
川上 これしかないなって。

──一緒にやってみて互いに発見したことなどありますか?

川上 僕は発見だらけですね。ROYくんはすごいなと思いました。貫き加減というか。自分のスタイルをすごく持ってて。アタマいいですよね。どうしたら自分が出るのかというのをわかってる人だから、すごいフロントマン向きだと思う。失礼な言い方だけど、逆に言えばフロントマンにしかなれない。俺はこういう人って、あんまり日本人にいないと思うんですよね。邦楽でロックやってて、第一線でやってる人の中で、頼もしい人なんですよ。前から思ってたんですけど、一緒に曲作って改めて思った。僕もどっちかというと自分を出しちゃって、嫌われるほうなんですけど。
サイトウ わははは。
川上 (笑)こういう人となかなか巡り会えないんで、頼もしいなと思って。JxJxさんはそのふたりをまとめあげて(笑)懐深い。でも自分の味を出せるしたたかさも持ってて。昔はヤンチャだったんだろうなって(笑)。だから絶対、今の僕が到達できないところにいるんで、懐の深さっていう部分はすごい学びましたね。
ROY 洋平くんは、初めてスタジオに入ったときからそうなんですけど、すごいんですよ、アイデアがすごい勢いで沸いてくるんで。その沸いてきたものも、例えば僕だったら、そこまで沸かないんですけど、沸いたとしても冷静にふるいにかけてどれにしようか、じゃあこれ、っていうところを、彼は出てきたもの全部出してきて(笑)。全部出してくるからついていけなくて(笑)。そんなに出すかと。それがすごいですね。それもずっと考えてきたものじゃなくてその場で瞬時に感じ取ったもの、これが必要なんじゃないかというものをどんどん出していくから、すごい器用な人なんだなと思いましたね。レコーディングのときも、自分のスタイルがもちろんあるんだけど、今度こういうのやってみたいから、こういうのどうかな、とか。ボーカル録りの最中でも。僕はかっちり決め込んでいくタイプ。それに比べると洋平くんはすごい柔軟だから。すごい柔らかい人なんだなって。柔軟にいろんなことができる人なんだなって。すごい勉強になりましたね。JxJxさんは、以前から僕は思ってましたけど、センス、それがもうすさまじいんですよね、この人は。人柄もそうなんですけど、僕らふたりに好きにやらせてくれる。遠慮しないで引き出させる。リーダーシップがすごいんだと思うんですけど、出させたら僕も洋平くんも、自分なりに大きなものがドーンと出るので、それをしっかり処理できるセンスというか。それは普通じゃできないと思うんです。改めて本当に、日本でナンバーワンのセンスを持った人だなと思います。

──若者の信頼を勝ち取ってますね(笑)。

サイトウ ありがたい話です(笑)。いつもそう言ってくれるので、もはやこれがなくなったら、ものすごい寂しい(笑)。言われなくなったらと思うと、怖い(笑)。
川上 東京でいちばんぐらいになったり(笑)。

──(笑)そういうサイトウさんは?

サイトウ ふたりとも面白かったですねえ、僕はそういう意味では、自由にやってほしいというのがあったので、若干俯瞰して、見させてもらってたところもあるんですけど。このスタイルの違うふたりの共通点は、実は僕もそうだったりするんですけど、天然というか。直感と言ってもいいんですけど、音楽に対して直感的なアプローチをする人たちが集まったんだなと。いや、自己紹介の時点で、そんな話はしないじゃないですか、俺天然だからよろしく、みたいなのは(笑)。で、いっせーのーせでスタジオ入ったときに、目指してる音楽性は異なるかもしれないけど、音楽をクリエイトする方法論という意味で、同じだなと思って。その発見が大きかったし、面白かったですね。最初の未知数なところから、グッと3人の距離が縮まったというか。で、そうですね、洋平くんもROYも、楽曲を自分の側へ引き寄せる感覚みたいなところの、勘というか、が、鋭いなと。

──自分のものにしていく?

サイトウ 自分の提案したコード感に対して、繰り出して来るそれぞれのメロディ・ラインの感覚とか、結構興奮しながら受け止めてましたね。いや、面白い人たちと音楽を作ってるなって。スピード感もすごかったですよ。洋平くんがホントに湯水の如くアイデアを出して、ROYがまた的確に返してくる。それを、自分がバシっとまとめる気持ち良さというか。何回も言いますが、やっぱりこの3人の組み合わせがよかったんですよね。やればやるほど、どんどんハマっていく感じがありました。あと、ふたりともすごいカッコいいのに、お茶目ということろが良かったですね、人間として。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人