きのこ帝国 ALBUM「フェイクワールドワンダーランド」ディスクレビュー

フェイクワールドワンダーランド

ALBUM

きのこ帝国

フェイクワールドワンダーランド

DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECT

2014.10.29 release

<CD>


バンドの表現容量の向上と、すべてを包む佐藤の歌声

 誰もが具象と抽象の狭間でもがいている。そして目の前が具象だらけだと息苦しくなり、抽象に逃げたくなる。しかし本来抽象的であるはずの遠くの空に浮かぶ雲……。その雲は時として、クリームパンの形に見えもする。つまりヒトは、具象から逃げ続けることなどできない。

 前作では聴き手との出会い頭の衝動も重視し、ライブ・パフォーマンスの臨場感をも音源にパッケージすることに成功していた。それに較べて今回は楽曲主義というか、一曲一曲を考え得る理想の形にして、繰り返し聴いても飽きないものを目指した雰囲気だ。

 リ-ド・シングル「東京」が発表されたとき、それは予告されていたのかもしれない。東京を歌うというのは数多の先輩ア-ティストがトライしてきたことであり、ソング・ライタ-としての腕試し、とも言えた。腕は確かだった。あの歌は、切なさに永遠のリバーブが掛けられたかのような名曲だった。

 僕はこの時点で、きのこ帝国は抽象に具象を浮かび上がらせる立場から、その逆にシフトチェンジしたのかな、と、推測した。こういう内的変化を“ポップになった”と、まるでアーティストが変質したかのように決めつける人もいるが、そんな単純なことではない。改めて「東京」を聴いてみると、これまでのこのバンドのオルタナ~ポスト・ロック(←実に不思議な言葉だ)的資質も充分にぶち込まれていた。むしろ効果的にその要素が“立った”とも言えた。これ、バンド全体としての表現容量の向上にほかならない。

 やがて本作の全11曲が届く。僕の2014年心のベストテン、上位入賞確実の名作だった。特に「クロノスタシス」。この歌の喋り言葉の歌詞化の精度はとびきり高い。午前零時という、まだまだ眠らないかもしれないけど確実に昨日という名の1分前とは違う夜の街の空気感が、ヘッドフォンから三半規管へと染み渡っていく。「You outside my window」のボーカル・佐藤の声 は、今年聴いたすべての女性ボーカルのなかでもとびきり魅惑的だ。Aメロの体言止めによる歌詞が特に効果的。柔らかなメロディのタイトル曲は、この歌の作者が一瞬のなかに永遠を感じつつ日々を過ごしていることを想像させる。ワンダーランドはフェイワールドだと看破する歌ではない。時にフェイクなこともあるが、それでもそこはれっきとしたワンダーランドなんだという、希望の歌なのだ。そして「ラストデイ」を聴いていたらはっぴいえんどの「春よ来い」を思いだした。時節柄? いや理由は、なんだかよくわからないんだけど……。

(小貫信昭)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人