SAKANAMON – 前作『INSUROCK』からまた振り切った感のあるミニ・アルバム『ARIKANASHIKA』が発表された。個性際立つソング・ライター藤森元生が登場!

SAKANAMON

SAKANAMONの音楽って、なんてへそ曲がりなのだろうか。いや、これはけなし言葉ではなくて、褒め言葉である。この題材は歌にならないだろうというものをあえて歌にしたり、これを歌ったら、気持ち悪がられるだろうというものをラブ・ソングとして成立させたり。そうした発想、反骨精神が彼らの音楽にユニークな輝きを与えていると思うのだ。彼らの1stミニ・アルバム『ARIKANASHIKA』はそんな彼らの魅力が凝縮された作品となった。現実の社会に対する違和感や異議をエネルギーに変換したようなロックな作品であると同時に、ポップでなおかつ独創的な発想が詰まっている。他愛もない歌のようでありながら、ひょっとしたらとても深い歌なのではないかと思わせてしまう何かがある。作詞・作曲の中心人物、ボーカル&ギターの藤森元生に聞いていく。

INTERVIEW & TEXT BY  長谷川誠


これよりもいいものができるだろうかって心配になるほど、いい作品

──『ARIKANASHIKA』は6曲入りのミニ・アルバムですが、こういう形態で出すことにした経緯は?

最初は何も考えずに、今年の初めくらいから曲作りを始めていて、6曲入りというのはわりとギリギリの段階で決まりました。自分としては出す形態のことは、特に何も考えていなかったんですよ。ただただいい曲を書くことに必死になっていたという感じですね。

──作った曲をまとめていったら、こんな曲数になったという感じなんですか?

そういう感じなのかな。ミニ・アルバムを出そうってことになってから、どの曲を入れようかって、みんなで話し合ったんですが、僕の中ではこの6曲しかないなって思ったんですよ。次のアルバムに向けて作っていた楽曲たちの中の先鋭たち、よりすぐりのナンバー1からナンバー6までを結集したというか、いちばんいいヤツを全部入れたれ! って。

──じゃあ、今の力のすべてを出し切った作品?

そういうことです。なので、いい感じになったんじゃないかなと思ってます。ただ、今はちょっと怖いんですけどね。次のアルバムを作るとしたら、ひとつも曲のストックがない。これよりもいいものができるだろうかって心配になるほど、いい作品が出来た気がします。

──その時々で出し切っていくというのは、潔い作り方なのではないかと思いますが。

2ndフル・アルバム『INSUROCK』を作ったあとも、全然、すっからかんになったんですよ。それで今年になって曲を作り始めたんですが、“大丈夫かな?”“なんかできるのかな?”って思いながら書き始めたら、なぜか今年の初めは調子が良くて(笑)。最初のほうで、すごくいい曲が溜まっていったんですよ。“あっ! オレ、今、キテるな”っていうくらい。思いつきというか、発想力が高まっていて、いい曲がどんどん出来てた……今はもうその調子良さが影も形もなくなったんですけど(笑)。

──ということは、毎回、出し切りながら作っていくのもそんな悪いことではないのかもしれないですね。

そうですね。

──曲の発想って、例えば、どんなことがきっかけになって出てくるものなんですか?

その時々で違うんですが、「幼気な少女」だったら、最近こういうスタンダードなギター・ロックをやってなかったから、そういう曲を作ろうと思って作り始めたりとか。ちょっとリフのテロテロした感じの楽曲を作ろうと思って、「害虫」を作ったり。

物事って、もっと大きな目で見たら、なんでもありじゃないかっていう

──1曲目の「幼気な少女」、2曲目の「アリカナシカ」と、現実の社会に対して、異議を唱えるようなところがあって、歌詞はどこか通じるところもあるのではないかと思ったのですが。

特に寄せていこうと思ってはいなかったんですが、自然にこうなりましたね。「アリカナシカ」を書いているときは、自分に対する自信のなさ、自信喪失がきっかけになっていて。「幼気な少女」は世の中でうまくいかない自分たちの音楽に対するグチを歌にしたというか。どっちかと言うと、あきらめに近いところもあったりするんですが……。

──でも「善し悪し決める浮世の基軸は乱暴で内臓煮え繰り返る」というフレーズなど、強い怒りも描かれています。

物事の善し悪しを決めつけすぎな傾向がある気がするんですよね。世の中全体に視野が狭いというか。物事って、もっと大きな目で見たら、なんでもありじゃないかっていう。みんなが「ダメだ」って言っているのは常識の枠の中での話なんじゃないかなって。まあ、常識とはなんだ? っていう話にもなるんですが。

──たしかに、藤森さんの書いている歌を聴いていると、そういう常識を超えていく意志とパワーを感じます。

ありがとうございます。

──勢い溢れるロックな曲で、サビではコール&レスポンスもあって、ライブの光景が目に浮かぶ曲でもありますよね。

かなりイッちゃったって感じですね(笑)。お客さんたちが聴いてて、不快な想いをしないといいなあとは思いますけど。歌詞上ではそういう状況をけなしていると取れるところもあるから。でもそれを逆にやっているところがいいというか、面白いのかなと。

──タイトルにもなっている“幼気な少女”というフレーズはどんなところから出てきたものなんですか?

曲を作るときって、最初は何も考えずに適当に歌って、デモを作るんですよ、まったく意味のない言葉で。そのときにこの“幼気な少女”という言葉が出てきた。これは使いたいな、ちゃんとした歌詞にしたいなと思って、そこから引っ張られて、こういう進行、テーマになっていったという感じですね。

──「花色の美少女」などもそうですが、藤森さんの書く歌詞にはよく“少女”が登場しますが、これはどうしてなんでしょうか?

なんででしょうね。少女とロックの兼ね合いって、すげえかっこいいと思っているからなんじゃないかな。ちょっとしたいやらしさがあったり、青春だったり。

──この曲をバンドで演奏してレコーディングするときはどんな感じでしたか?

僕らはもともと疾走系ロックは得意とするところなんで、ドッシャンガッシャンしながら、楽しく演奏してました(笑)。

ズボンがあれば、べつにパンツ、履かなくてもいいだろうって(笑)

──2曲目の「アリカナシカ」はループ感があって、デジタルの感触もありますが、基本的には生のリズムでやっているところがいいですよね。

生とデジタルの兼ね合いが難しいんですが、いいバランスでできたかなと。

──“ない”という否定する言葉を延々続けていく歌詞はどんなところから?

どうだったんでしょうねえ……。なんとなく考えていたことが言葉になっているんだとは思うんですけど。それだけ自分はダメな人間だと思っていたんじゃないかと思います。かつ、そういう自分を肯定したかったんじゃないかな。自分ではわりと面白い観点で書けた気がしています。

──「時折パンツ履かない」とか、リアルなフレーズも入ってきてます。

この歌の歌詞って、基本、自分のことなんですよ。「頭悪い 空気読めない 話聞かない 反省しない」って。で、パンチのある言葉を入れたいなと思ったときに、パンツって本当に履かなきゃいけないものかなと思ったというか。ズボンがあれば、べつにパンツ、履かなくてもいいだろうって(笑)。捕まったりしないし、履かなきゃいけないという法律があるわけでもないし。まあ、あくまでもひとつの例えなんですが。

──常識に縛られたくないということですよね。

そうですね。パンツを履くのがダメだって言ってるわけじゃなくて。履いてもいいし、履かなくてもいいし。すべてを肯定していきたいなと思ってます(笑)。

──最後の「身分に見合った世界を期待裏切ってご提供」という歌詞もヒネリが効いていますね。

べつにあきらめるわけでもなく、寄り添うわけでもなく、その立ち位置で自分のありのままの姿で突き進んでいくというか。どっちにも寄らないというか。

──この曲からは自信と不安との狭間での揺らぎみたいなものも感じ取れますが、藤森さん自身は?

そうですね。自信を持ったり、不安を感じたりというのはしょっちゅうですね。音楽って、正解がないから、人によって、「いい」って言われたり、「悪い」って言われたりすることもあるし。人と考え方が違うのはべつに当たり前のことだし、それって、宇宙みたいな話でもありますね(笑)。

──自分がいいと思ったことを貫いていくのか、それとも人の意見にも耳を傾けていくのか、藤森さんはどんな感じですか?

両方ありますよね。自分のほうが正しいと思うときもあるし、自分で何が正しいのかわからないこともあるし。自分がやりたいことがあって、それが正しいのか、正しくないのか、いろんな視点で考えていくことが必要なんじゃないかとは思っていますね。みんながいいということをやってれば、間違いないのかもしれないですけど、そうじゃなくて、少数派の中での正しさを見出していけたらいいんですけど。

──アルバム・ジャケット、アリがモチーフとなっているのは単純に「アリカナシカ」のアリというゴロの響きからなんですか?

単純にシャレですね。ただ、世の中の大衆に対するイメージとして考えても、働き蟻って言ったりもするので、重なってくるところもあるかなと。アリが社会にもまれている人間を象徴するもの、みたいに捉えてもらっても結構です(笑)。

“おかあさんあるある”みたいなものはいつか書いてやろうと思っていて

──1曲目、2曲目はシリアスなところもある歌ですが、3曲目の「マザーラインナップ」はどこかコミカルで、しかも身近な日々の生活とも重なってくる曲ですよね。冷蔵庫の中の話って、自分にも当てはまるなと思いました。賞味期限が切れた納豆を無理して食べたり。

そうなんですよ! それで納豆がそんなに好きなのかと思われて、また買ってこられちゃうっていう(笑)。

──こういう歌詞をこういう洗練されたサウンドで展開していくところがいいですね。

はい。そこは狙ってました。曲先行で、“ちょっとオシャレな曲を作ってやれ”ってとこで曲を作っていきました。歌詞に関しては、こういう「マザーラインナップ」系のテーマ、“おかあさんあるある”みたいなものはいつか書いてやろうと思っていて。

──ということは藤森さんの実体験を書いた曲?

というところも、ありつつ。納豆のくだりとか、そうですね。

──テンポが変わっていったり、どんどん展開していったり、ミュージカル的なところもあって、構成もかなり凝っています。

ついつい展開させたくなっちゃうというか。パッと聴いて、一回ですべてを理解できる楽曲であってほしくないんですよ。最後まで通して聴いたときに完結する曲、何度聴いても楽しめる曲作りを心がけているつもりなので、なるべく飽きさせないような展開を考えました。Bメロで展開したあと、一曲中に一回しか出てこない展開がふたつ入っていたり。単純にこういうノリの曲をちょっとやってみたかったということですね。

──最後の「切ないラインナップ」というフレーズのところでのギターとベースのアンサンブルも切ないムードが漂っていますね。

その切ない内容が“マザーラインナップ”だったりするので、そのミスマッチを楽しんでいただければ。

──「歳を取った所為かな」っていうフレーズで“酒の肴”をほのめかしているところはSAKANAMONっぽいですよね。

どこかで酒ネタは入れていこうと思っています、今後も(笑)。そこはチラチラと見せていって、SAKANAMONといえば、酒ってことを植え付けていきたいですね。

いつからこんな関係になってしまったんだろうって

──「AGEINST」はベースの森野(光晴)さんの曲ですが、ライブの空気が伝わってきます。

ワンマンでドラムのキムさん(木村浩大)がMCするときに、お客さんとコール&レスポンスするんですが、それを元ネタに森野さんが作った曲です。AとEとGのコードだけで、アゲアゲな曲を作ろうということで、延々とやってます。森野さんが作ってきてくれて、最初はボーナス・トラック的なものにしようかと思っていたんですが、かっこよく仕上がったので、ちゃんとトラックの中に入れてあげました(笑)。

──「害虫」はゴキブリがモチーフの曲ですが、どうしてこのテーマでいこうと?

曲が出来てみたら、かっこいいポスト・ロック風の曲になったので、この感じにはあえてゴキブリを組み合わせてやろうと(笑)。このネタもいつか書こうと思っていました。誰も書いてないなと思っていたので。

──実話的なところもあるんですか?

多少ありますね。バルサンも焚いたことがあるし。僕が東京に初めて出てきたとき、男4人でルーム・シェアしていたんですけど、誰も掃除しないので、ホントに汚くて。ゴミ袋が並んでる状態だったんですよ(笑)。僕の部屋は台所の隣で、ドアを開けると、ゴキブリが見えて。隠れようとするんですが、隠れそびれて、普通に壁にとまっていたりして、“いいから、いいから、殺したりしないから、見えないところに行ってくれ”って思ったし、トイレに入っても、目の前にゴキブリがいたりする。そんな生活をしていて、キリがないなと思って、バルサンを焚くにいたったという感じなんですが、だからゴキブリを見つけて、「キャーッ!」と言って、すぐ殺すということではないんですよ。僕は実際にゴキブリに迷惑をかけられたことがないわけで、それなのになんでそんなゴキブリを殺すんだろうって思ったことがきっかけで、出来た曲ですね。でも大虐殺しちゃうというオチなんですが(笑)。

──ゴキブリじゃなくて、人間同士とか、置き換えていくと、実はかなり深いテーマが隠された歌なのではないかという気がしてきました。

そうですね。いろいろ捉えてもらってもいいんじゃないかと。子供の頃はなんとも思ってなかったのに、いつからこんな関係になってしまったんだろうって、結構大きなテーマにもなるかもしれない。

「ヘンタイ!」って言われることを楽しんでいる感はありますね(笑)

──というゴキブリの歌のあとに、ラブ・ソング「君の○○を××したい」がくるという構成です。これはスペースシャワーTVスペシャルドラマ館「スリーピース〜とあるクソバンドが自然消滅するまで〜」の主題歌でもありますが、歌詞はドラマがきっかけで書いたんですか?

そうです。僕が演じている役がバンドでデビューして、好きな女の子に自分が書いたポエムを曲にして歌うっていうエンディングなんですが、それを完全に意識して作りました。監督さんが書いたドラム中に出てくるポエムを応用しながら、ドラマの中の僕の役が書いたようなイメージで作っていったので、僕とドラマの僕の役との共作のような感覚ですね。

──不器用な男の純粋なラブ・ソングでもありますが、思い込みが強すぎて、アブナいところもあります。

アブナい感じをガンガン出していこうかなと思っていました。普通のラブ・ソングは書きたくないんですよ。

──それはどうして?

いろんな人たちが素晴らしいラブ・ソングをたくさん書いてきているので、僕が今さらそれをなぞる必要はないかなと。なので、ラブ・ソングを書くときは毎回、僕らなりのラブ・ソングを書いてやろうと思ってます。でも、この曲の歌詞を最初に書いたときはわりと小綺麗だったんですよ。あまり気持ち悪くなくて、「SAKANAMONらしさが足りないんじゃないか?」とみんなから指摘を受けまして。“えっ? 逆に?”って(笑)。“じゃあ、気持ち悪くさせていただきます!”ってことで、こうなりました(笑)。気持ち悪いシリーズは昔からあったんですけど、以前は「やり過ぎだから、ちょっと直せ」ってことが多かったんですが、今回は逆だったんです(笑)。

──それだけSAKANAMONの音楽が認知されてきたからなんじゃないですか。

たぶん、これくらいなら、僕らのイメージが壊れるものではないと、認定されたんだと思います。

──ある種、ひたむきな想いが描かれた歌でもありますが。

そうですね。童貞感があって、いいんじゃないですか。スレてない感じがあって。

──ラブ・ソングを作る面白さというと?

「ヘンタイ!」って言われるような歌詞を書いて、案の定、「ヘンタイ!」って言われることを楽しんでいる感はありますね(笑)。ラブ・ソングに関しては、今のところ、気持ち悪い方向でしか、書けてない気はしますね。

──最後の「僕と墓に入れ」もすごいですね。

いろいろ考えて、最もインパクトの強い言葉を入れていこうと。究極かなと。やったかなと思いました。“墓”という言葉をJロック界で使っている人はあまりいないと思うので、そういう歌をいっぱい作っていきたいですね。

──そのドラマで共演しているKEYTALKの小野武正さんがギターで参加していますが、これは?

ドラマの撮影中にこの曲を作っていたので、そのときに、「弾いてよ!」って。

──間奏のギター・ソロとか、かなり振り切ったすごい演奏になってます。

もっと綺麗なギター・ソロ・バージョンもあったんですが、人には言えないような気持ち、悶々とした気持ちを表してほしいということで、ギリギリのヤツにしました。せっかくだから、KEYTALKでもやってなさそうなフレーズをやってもらおうと。

──ここでギターが入ってくるのは、歌詞でも前フリがあるので、見せ場ですよね。

ドラマ中では武正くんの役って、ギターがめっちゃヘタクソという設定なんですよ。実はめっちゃ弾けるっていうギャップがあっていいかなと。

──ドラマに出たことが音楽作りのプラスになっているところはありますか?

ドラマの撮影中にこの曲を作っていたので、ちゃんと情景を考えられたというか。この曲がドラマのエンディングで、今までの回想シーンと一緒にフルで流れるという話だったので、いろんなシーンを撮っているときもこのシーンも使われるのかなとか考えながら作れたので、いい効果が出ているんじゃないかなと思います。結果的に哀愁的な要素を強く出せました。曲作りにおいて、そういう刺激はないよりも、あったほうがいいですよね。

──強力な6曲が入ったミニ・アルバムとなりましたが、今の時点ではここからどんな感じでやっていこうと思っていますか?

今は曲もすべて出し切った状態なんですが、次もこのミニ・アルバムに劣らないくらい、いい作品を作りたいですね。頑張ります。また『INSUROCK』みたいなヘンテコなのができるような気もするし、そこは僕にもわからないんですが、何ができるやら、自分でも乞うご期待という感じですね(笑)。

──この作品で世に打って出るという感覚は?

毎回、世に打って出るという気持ちはあるんですが、不安もありますよね。ただ、確実にいいものが出来た手ごたえはあるので、大丈夫じゃないかなと(笑)。

──SAKANAMONの魚類に加えて、アリとかゴキブリとか昆虫類も加わった作品ということになります。

そうですね。ぜひ相乗効果で(笑)。

DISC INFORMATION

MINI ALBUM 2014.10.1 release
『ARIKANASHIKA』
Getting Better Records/ビクターエンタテインメント
初回生産限定盤
通常盤

141001_sakanamon

LIVE INFORMATION

“SAKANAMONのアリが対バンツアー2014”
11月4日(火)仙台 MACANA
11月6日(木)札幌 Sound Lab mole
11月10日(月)広島 CAVE-BE
11月11日(火)福岡 DRUM SUN
11月13日(木)高松 DIME
11月18日(火)大阪 JANUS
11月19日(水)名古屋 UPSET
12月1日(月)恵比寿LIQUID ROOM

PROFILE

藤森元生(vo、g)、森野光晴(b)、木村浩大(ds)の3ピース編成で2009年より活動開始。2011年にミニ・アルバム『浮遊ギミック』、2012年にミニ・アルバム『泡沫ノンフィクション』を発表。2012年5月にフル・アルバム『na』でメジャー・デビュー。2014年は、2月にアルバム『INSUROCK』 を発表。

関連リンク

・ SAKANAMON OFFICIAL WEBSITE
・ YouTube Channel
・ Twitter
・ facebook

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人