或るミイ MINI ALBUM「サマタイム × サマタイム」ディスクレビュー

サマタイム × サマタイム

MINI ALBUM

或るミイ

サマタイム × サマタイム

2014.10.08 release

<CD>


豊かな音楽がもたらす圧倒的な多幸感

 川谷絵音(indigo la End/ゲスの極み乙女。)、佐藤(きのこ帝国)、村松拓(Nothing’s Carved In Stone)らがリコメンド・コメントを寄せている、“或るミイ”の6曲入りミニ・アルバム。昨年、新ボーカリストのタカハシツトムが加入。タカハシと田中裕貴(g、cho)のふたりのソング・ライターを擁するバンドとして再始動した彼らの、これが最初の音源となる。

 まずは1曲目の「JOY」を聴いてほしい。心地よい浮遊感に満ちたシンセ、キラキラとした光を感じさせるギター・フレーズ、ゆっくりと上昇しながら、サビに入った瞬間に大きく広がっていくメロディ。この曲がもたらす穏やかな高揚感は、バンド・シーンにおける次のトレンドを予感させる。

 3曲目の「I’m yours」も印象に残る。初期のヴァンパイア・ウィークエンドを想起させるようなトロピカル&カラフルなアレンジメント、多幸感に溢れたメロディ・ラインがひとつになったこの曲を聴いていると、“バンドというスタイルには、まだまだ可能性があるんだな”と思う。

 新ボーカリスト、タカハシのパフォーマンスも素晴らしい。柔らかく、優しい手触りをたたえた声によって描き出される美しいメロディ、諦念と希望がごちゃ混ぜになったリリック——“何も知らないフリをしているの 紅茶はすでに冷めてしまったよ”(「木星のマリ」)というフレーズに象徴される——は、或るミイの高品質なポップネスの中心にあると言っていいだろう。

 UK・USのインディー・ギター・ロックからの影響を感じさせながら、ダブ、エレクトロ、アンビエントなどのエッセンスを散りばめたバンド・アンサンブル。洗練されたインテリジェンスと生々しいエモーションが絶妙なバランスで溶け合うボーカル。まるで現代詩のような抽象的な言語感覚とリアルな時代性が共存するリリック。質の高い音楽を求めるリスナーにこそ聴いてほしい、豊かな音楽性を備えたバンドだと思う。

(森 朋之)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人