SPECIAL OTHERS ACOUSTIC ALBUM「LIGHT」ディスクレビュー

LIGHT

ALBUM

SPECIAL OTHERS ACOUSTIC

LIGHT

ビクターエンタテインメント

2014.10.08 release

初回限定盤 <CD+DVD>
通常盤 <CD>


にっこり、ほっこり、アコースティックの豊かな世界

 キーボードをメロディオンとグロッケンシュピールに、エレクトリックギターをアコースティックとマンドリンに持ち替えて、リズムはウッドベースやカホーンを使用。SPECIAL OTHERS ACOUSTIC名義の“デビュー・アルバム”は、ジャム・バンドの濃密なグルーヴをアコースティックに置き換えてリラックス効果を増しただけでなく、メロディ・メイカーとしての豊かな才能を一気に開花させた爽快な作品だ。

 彼らのことだから、きっと何かシャレやジョークや舞台裏の意味があるかもと思い(一連のミュージック・ビデオを見よ!)、ひっかかりを探しながら聴いていたのだが、心地よく始まって心地よく終わってしまった。これは良くない聴き方だったと反省してもう一度聴く。なんと伸びやかな広がりのある音楽だろう。メロディオンののどかな響きと、グロッケンの澄んだ残響音が醸し出すノスタルジーは、ロックやポップスというよりはワールド・ミュージック的。

 「Marvin」「halo」、そして「Mambo No.5」のカバーなどラテンのリズムを持つ曲を中心に、レゲエっぽい「LINE」やハワイアンの香りもする「BEN」のセルフ・カバー、そして「LIGHT」、「Wait for The Sun」のセルフ・カバーなどは原曲のオリエンタルな美しいメロディがさらに強調されてモダンな民謡みたいに聴こえる。ところどころ、三味線か三線みたいな聴こえるのはなんの楽器だろう?

 同じバンドがエレクトリックもアコースティックもやるという意味で、パッと連想するのはBRAHMANとOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDとの関係だが、あちらがケルトやフォーキーな要素を活かした歌もの中心なのに対し、こちらはもっとミクスチャー度が高くて折衷的。いずれにせよ、ミュージシャンの技量が丸わかりになる代わりにより親密なエモーションを伝えることのできるアコースティックというスタイルを、あらたな活動の場とするバンドが増えることはとても喜ばしい。身軽な行動と密接な触れ合いが求められる時代にも合っていると思う。未見だが、初回限定盤付属のドキュメントDVDもきっと楽しそうだ。4人がただそこにいるだけでなぜかにっこりしてしまう、SPECIAL OTHERS ACOUSTICは不思議で楽しいバンドだ。

(宮本英夫)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人