赤い公園 ALBUM「猛烈リトミック」ディスクレビュー

猛烈リトミック

ALBUM

赤い公園

猛烈リトミック

Virgin Music

2014.09.24 release

初回限定盤 <CD+DVD>
通常盤 <CD>


プロデューサーとアーティストの関係の可能性

 こういう作品が届くとは思ってもみなかった。そもそも彼女たち、わけてもメイン・ソング・ライターの津野米咲はプロデューサーとしての感覚を作品ごとに発揮してきたし、楽曲提供の機会も多い。今回、彼女が他アーティストに書いてきた曲を今一度あらいざらい聴いてみたが、ひとつとして同じスタイルのものはなく、裾野の広いコンポーザーであることに改めて気づかされたし、そのバックグラウンドにある豊かな音楽性の中に入れないものなど何ひとつないと思えるほど吸収力は恐ろしく高いことがわかる。言ってみれば、津野の中にはこれまでの様々な大衆音楽、いや、クラシックや現代音楽も含むあらゆる時代の音楽の欠片が、おそらく本人も収拾つかぬ状態で転がっており、それを作り手という立場、演奏者という立場、プロデュースする立場などを適宜切り替えながら制作しているということなのだろう。

 しかし、この2作目では、曲そのものは津野が作詞作曲をしているものの(8曲目のみラップで参加しているKREVAとの共作)、亀田誠治、蔦谷好位置、蓮沼執太(さらには雅-MIYAVI-の制作担当である嶋津 央も)をサウンド・プロデューサーに迎えている。もちろん全曲ではない。津野自身がプロデュースする曲も4曲あるし、蓮沼は1曲に留まっていたりと、曲によって方向性を定めた末の割り振りだったことがわかる。だが、それぞれにアクの強い人物が、ひとりで制作までできてしまうであろう津野の作品と邂逅したときに、エゴとエゴの衝突をどう昇華させていくのだろうか、という事前の不安をよそに、もうエゴとエゴがぶつかったらぶつかったままとにかく仕上げてしまえ! といった思いきりの良さがスレスレのところでカタチになっているのが面白い。収録された15曲は結構バラバラで分裂症的でさえある。メロディの上下左右の動きが活発なことが津野の曲の特徴のひとつだが、亀田は例えば2曲目「絶対的な関係」でその個性を激しい演奏を強調させることで生かし、蔦谷による7曲目「ドライフラワー」は構成そのものに大きな展開を与えてこれでもかとばかりに表現の感情を増幅させていく。一方で、蓮沼が手がけた13曲目「お留守番」はひんやりとしたエレクトロニクスと、感情を抑えた佐藤千明のボーカルとの組み合わせがあらたな魅力を引き出す結果となった。クドいと思える瞬間もあるし、音と音との衝突が耳に突き刺さることもある。だが、それを適当に収めることをしていない。

 プロデューサー陣は曲の交通整理をするつもりでいて、実際は対決をしていたのかもしれない。津野のコンポジションをサポートしながらも、プロデューサーとしての本音を隠さずに創作の中に落としこんでいく作業。そういう意味では、本作はプロデューサーとアーティストの関係の可能性を提示したような1枚とも言えるだろう。

(岡村詩野)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人