ACIDMAN SINGLE「世界が終わる夜」ディスクレビュー

世界が終わる夜

SINGLE

ACIDMAN

世界が終わる夜

Virgin Music

2014.09.24 release

<CD>


世界が終る、その夜に鳴り響くロック・アンセム

 イントロ一音から、高潔な意志を感じる。何が鳴らされ、何が歌われるのか、その期待に満ちた緊張感はイントロからビンビンに感じることができるだろう。そのイントロに込められたアンビエンスにまで、彼らの美しき意志が宿っている。その強靭さ、ストレートさはACIDMANがデビューから一貫して持ち続けた、ある種の哲学のようなもの。どんな音楽ジャンルさえ持ちえない、ロックならではの叙情性を壮大なバラードで歌い、オーロラのように降り注ぐストリングスとパワフルに溶け合っていく。“変わること”と“変わらないこと”の尊さが、同義語のように語られるロックというスタイルを誇示し続けてきた彼らの高潔な意志が、この最新シングル「世界が終わる夜」には漲っている。世界が終わる夜であっても、また同じ場所で笑い合おう。この切なくも感動的な言葉を、大木伸夫はこの混迷する世界に向けて絶唱し、痛いほど強くギターを掻き鳴らす。それだけで人を涙させるだけの力をロックは持っているのだと、改めて主張してくれた。ロック不遇の時代に鳴らされた、あらたなアンセムと言っても良いのではないだろうか。

 カップリングには、2ndアルバム『LOOP』から「type-A」「波、白く」を大胆にリアレンジしたバージョンも収録。2曲ともセッション性の強い、ACIDMANというバンドの生命力を力強く感じさせる今の音。そしてリマスターされたこの2曲の、凶暴なサウンドもまた改めて痛快だ。ACIDMANの今は、最高に面白い。

(冨田明宏)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人