fula ALBUM「The King」ディスクレビュー

The King

ALBUM

fula

The King

FunLandRyCreation

2014.09.24 release

<CD>


悦楽のジャムポップ・バンド、fulaの1stアルバム

 全体を包み込むのは、心地よくリラックスした雰囲気。いろんなジャンルの音楽を自然体で乗りこなしながら、ゆったりとしたメロディと言葉を紡ぎ、リスナーの心と身体を揺さぶる。この気持ち良さは、ちょっとクセになりそうだ。

 字引佑麿(vo、g)、石川ユウイチ(g、cho)、安本佑治(b、cho)、高木健(ds、cho)による4人組バンド、fula。サッカー・チームで出会い意気投合、バンド結成に至ったという彼らのキャッチコピーは“夏草や スケベしようや ジャムポップ”。“スケベしようや”についての考察は別の機会に譲るとして、ここではバンドの軸となる“ジャムポップ”な部分について書いてみたい——と言っても話はすごくシンプルで、要はジャム・セッション的なテイストとポップスとしての魅力が共存しているということなのだが、このふたつの要素をこんなにもナチュラルに混ぜているバンドはかなりレアであり、その特性は1stフル・アルバム『The King』にもストレートに反映されている。

 まず印象的なのは、世界中のビートを取り入れたオーガニックなグルーヴ。サーフロック風のビートを軸にした「mayonakabeach」、ジャズ〜ファンクを自由に行き来する有機的なジャムセッションが楽しめる「night adventure」、パーカッシブなアフロビートを取り入れた「african daimyo」、しなやかなファンク・ビートとともに賑やかなパーティ感を演出する「maillot jaune」。小難しいところ、作為的なところは一切なく、“みんなで音を出しているうちにこうなった”みたいな自然発生的なムードも本当に気持ちいい。

 また、“遅めの夏休み”をモチーフにした歌詞も、ゆったりと解放的なバイブレーションを放っている。無理にテンションを上げることもなく、真剣になり過ぎることもなく、それぞれが持っているはずの快適さ、心地よさを求めるような彼らの歌を聴いていると、(そんなことは一言も歌われていないが)“あなたはあなたのままでいい”と言われているような気がしてくる。

 ソーシャルメディアが急激に浸透した結果、全員が全員を監視しているような息苦しさをどうしても感じてしまう現在において、fulaの音楽がもたらす、夏休みがずっと続いていくかのような感覚は本当に貴重。これを聴いていれば、ほとんどの人がスマフォを凝視している電車でもユルリと過ごせそうだ。
 

(森 朋之)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人