indigo la End SINGLE「瞳に映らない」ディスクレビュー

瞳に映らない

SINGLE

indigo la End

瞳に映らない

unBORDE

2014.09.24 release

<CD>


歌詞の中の“あなた”は“きみ”や“ぼく”のことなのかも

 祝・彼らのメジャー1stシングル「瞳に映らない」。川谷の曲作りはフックの効かせどころに長けていて、今回の場合は“あなたあなたあなた”と連呼するところ。そしてこの“あなた”が聴いてるうちに目の前の“きみ”や“ぼく”のことにも思えてくる。そうなったらもう、この楽曲に“身につまされてる”証拠。しかしこのバンド、ちょっと聴いただけで“あ、indigo la End だ!”とわかる音の特色がある。サスティーン系って言うの? 澄んで伸びるツリュンツリュンしたギターの音。でもこれ、同じエフェクター装着すればほかの人にも出せるハズ。それなのに“あ!”ってわかるのは、実に効果的に自分たちのモノにしてるからだろう。こうしてバンドとしての音のアイデンティティをすでに確立してることは財産だろう。ここから様々な応用も可能だからだ。 ボーカルの川谷の歌声のこともよく言われるが、どの音域も張りがあり力強い。ときに嘆願調だったりする歌詞を、この声が効果的にトレースしていく。さらに聴き手が勝手に仮想した“ここらだろう……”というトップ・ノ-ト(高いところの限界)からさらに“ひと伸び”して歌唱してみせるあたり、聴いてて胸がすく想いなのだ。 ほかの曲に関しても以下に……。

「ハ-トの大きさ」は、絶望にうちひしがれながらも、それでも心のさらなる余白を探すかのような歌詞のテーマが冴えてる。本作よりベースの後鳥が正式メンバーになったそうだが、この曲の彼のベースはハンパなく轟きまくってる。「シベリアの女の子」はタイトルからも伝わるけど、甘酸っぱい恋の記憶を歌っている。バンドの音のパステル画寄り。川谷の中に潜む少年性のようなものも魅力だ。ラストの「幸せな街路樹」は、バンドの演奏に歌が“カタカタ”とオノマトペで応えたり、途中、モノローグで語りかける部分もあり、表現者としての自由度が高い。が、決して破綻はしてない。メジャー・デビューの次は、大メジャーなバンドへと駆け抜けていってほしい。

(小貫信昭)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人